「Galaxy Fold」は多くの人を失望させる存在に。だけど「スマートフォン」に新しい未来を提供してくれる存在に。

少なくとも「アメリカ」では「4月26日」より発売を開始することが判明しており、さらに「ヨーロッパ」においては「4月26日」より「予約」を開始し、「5月3日」より発売を開始することが判明していた「Galaxy Fold」ですが、その本体価格からも、市場の動向が全く見えない状況の中、「4月12日」より「予約」を開始した「アメリカ」市場で、あまりにの予約の人気からも「予約開始」僅か「1日」で中止になるなど、その入荷数は判然としないながらも、少なくとも「Samsung」の想定を大きく上回っていたことが判明しています。

詳細は「「4月26日」は予約者限定の発売に?「Galaxy Fold」の正式発売は「5月」2週目以降にずれ込むかも。」と「本体価格に関係なく絶大的な支持を。「Galaxy Fold」は僅か1日で完売に。」をご参照下さい。

一方で「韓国」においては、「アメリカ」から少し遅れて「5月2週目」に発売を開始する可能性が高いことが判明しており、予約をしていたユーザーに対して「4月下旬」より出荷を開始することが判明していました。さらに「韓国」では「Galaxy Fold」の「5G」モデルの製品ページが公開されており、さらに「世界」共通として「snapdragon855」が採用されている可能性が高いことが判明しています。詳細は「やはり「snapdragon855」搭載モデルしか存在しないかも。さらに「Galaxy Fold」の「5G」モデルが登場に。」をご参照下さい。

一方で発売日が近づいたことからも、「大手メディアサイト」など、一部関係者に対して、「Galaxy Fold」の配布が始まっていますが、「ディスプレイ」の破損が多発していることが判明しており、特に「ディスプレイ」表面に装着されているシートを剥がすことによって、「ディスプレイ」が損傷する場合と、「ヒンジ」の故障が原因となった「ディスプレイ」が破損するなど、大きく2つの故障原因が判明しています。

これに対しては「Samsung」は「十分な品質を提供することができないと」判断した上で、「中国」などの「イベント」を延期し、さらに「アメリカ」を含めた「Galaxy Fold」の発売を正式に延期することを発表しています。詳細は「「DoCoMo」と「au」の発売にも支障が。「Galaxy Fold」は「ディスプレイ」の不具合多発で発売が完全に延期に。」をご参照下さい。

さて今回GSM Arenaが「Galaxy Fold」の詳細なレビュー記事を公開しており、「Galaxy Fold」は多くの人を失望させる結果となるが、これからの「スマートフォン」において必要不可欠な存在であることに間違いないと評価していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



必要不可欠な存在に。

さて今回同サイトは以下のように「Galaxy Fold」を評価しています。

Anyway, it’s one of the most unique devices around and that alone is the key selling point of the Fold. We are sure that most of the people who get it will do it for the opportunity to experience history in the making rather than the sum of its internals.

But there will be enough users to pay really close attention to the Galaxy Fold details – the people that value those $2000 and expect the Moon, the stars, and more. And a lot of them may be disappointed in the end, because the Galaxy Fold is not only far from perfection, but it’s not even close to today’s flagship standards.

さて今回の投稿によると、直近のスマートフォンは「ハード」はもちろん進化しているが、それ以上に「ソフト」の進化が著しいとしています。つまり「ハイエンドモデル」が成熟期に入っている以上仕方ないのかもしれませんが、「ハード」の進化を実感することは難しいとしています。一方で「Galaxy Fold」に関しては、「ソフト」ではなく、「ハード」の進化を体験するには最高の機種になっているとしています。

ただ「ハード」としての完成度はかなり低く、それこそ、約「20万円」とかなり高価な価格に対して、慎重な姿勢になる人が多いと思うが、そのようなユーザーを満足させられるような出来ではないとしています。ただ「Galaxy Fold」の存在自体は必要不可欠な存在だと評価しています。

それこそiFixitがすでに「Galaxy Fold」の分解レポートを公開しており、その内部構造はかなりお粗末であると評価しており、冒頭でも記述したように、「故障」が原因で発売延期になるのは仕方ないと評価しています。何より「Galaxy Fold」の中枢にあたる「ディスプレイ」と「ヒンジ」の耐久性はかなり低く、簡単に故障するとしており、どちらかが故障することで、もう片方に支障を与えるとしています。

少なくとも「Galaxy Fold」は「防水・防塵」には対応しておらず、さらに、「ヒンジ」には「ほこり」などへの対策が一切施されていないとしています。それこそポケットに入れて、ホコリでも入れば、簡単に壊れると想定することができ、そのホコリが原因で、ディスプレイの隙間に入り込み、その結果「ディスプレイ」が故障するとしています。

あくまでも「Galaxy Fold」は折り畳み式としては1世代目となっており、まだまだこれからのものとなっています。それ以上に、今Samsungがどのような改良を加えているのかも非常に気になります。先日の情報からも「Galalxy Fold」は「6月13日」より発売を開始することが判明しています。詳細は「発売延期の代償は大きい。Samsung「Galaxy Fold」の発売日は「6月13日」に決定かも。」をご参照下さい。

少なくとも何かしらの改良が施された後であれば、同サイト含めて、「Galaxy Fold」に関する評価は変わるのかもしれませんね。続報に期待しましょう。



最新情報をチェックしよう!