日本での発売は確実に。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」が技適を通過に。

  1. Huawei

「3月26日」に正式発表された「Huawei P30 Pro」と「Huawei P30」ですが、特に「Huawei P30 Pro」に関しては、「光学式5倍ズーム」で「デジタル50倍ズーム」。さらに「ISO40万」に対応など、「Huawei P20 Pro」で頂点を極めた「カメラ」をさらに進化させていますが、その一方で、「カメラ」に極端にスペックがよっており、「モノラルスピーカー」に「FHD」の「表示解像度」など、「Xperia 1」や「Galaxy S10+」と比較すると、そのスペックはかなりバランスが悪いことを確認することができます。

詳細は「2019年上半期の最高の2機種。「Galaxy S10+」と「Huawei P30 Pro」どっちがおすすめかまとめてみた。」と「「Xperia 1」を待たずして購入すべきか。「Huawei P30 Pro」とどっちがおすすめかまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「香港」を拠点とした「Etoren」において「Huawei P30 Lite」から「Huawei P30 Pro」の発売が開始しており、特に「Huawei P30 Pro」に関しては、「128GB」モデルから「512GB」モデルまで、全色全容量を扱うなど、かなり気合が入った状態で、販売されていることを確認することができます。詳細は「2019年最高の「カメラ」を携えて。「Huawei P30 Pro」がいよいよ「Etoren」で発売開始に。」と「最大で「6万円」近くの割引に。「Etoren」で「Huawei P30 Pro」のラインナップが大幅に拡充された。」をご参照下さい。

一方で自分自身も「Huawei P30 Pro」を購入しましたが、「デザイン」という面では確かに前モデルである「Huawei P20 Pro」とそこまで大きな変化はありません。ただスペックに関しては物足りなさを感じますが、「電池持ち」に関しては、「iPhone XS Max」や「Galaxy S10+」そして「Galaxy S10 5G」と比較しても圧倒的であることを確認することができます。

詳細は「[レビュー]「電池持ち」はまさに最高クラス。「Huawei P30 Pro」を数日使ってみて感じたこと。」と「[レビュー]デザインの新鮮さはないかも。「Huawei P30 Pro」を購入したので開封してみた。」をご参照下さい。

さて今回Blog of Mobileによると、「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」が国内の技適の認証を通過したことが判明したと報告しているので、簡単にまとめたいと思います。



技適を通過に。

先日の「認証」情報からも、「Huawei P30」は「SIMフリー」モデルとして。そして「Huawei P30 Pro」は「キャリアモデル」として発売される可能性が高いと予測されていました。詳細は「「Huawei P30」は「SIMフリー」として。「Huawei P30 Pro」は「DoCoMo」から「キャリアモデル」として発売かも。」をご参照下さい。

その上で今回の情報によると、「3月30日」で「技適」の認証が通過していることが判明したとしています。ちなみに今回判明した「モデル番号」は「ELE-L09」「ELE-L29」の2つとなっており、「ELE-L09」は「グローバルモデル」の「シングルSIMモデルとなっており、「 ELE-L29」は「グローバルモデル」の「デュアルSIM」モデルであることが判明しています。

そして今回の「モデル番号」からも「Huawei P30」であることが確定したとしています。ちなみに「対応バンド」は以下のようになります。

LTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/900(B8)/ 800(B18/B19/B26)/700(B28) MHz,

LTE (TDD) 2500(B41) MHz,

W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHz

となっていることが確認されています。「DoCoMo」にしろ「au」にしろ「SoftBank」にしろ問題なく使用することが可能となっています。また「グローバル」向けの「モデル番号」で認証を通過していることからも、「SIMフリーモデル」として「発売」される可能性が高いと予測されています。

一方で「3月26日付」で「Huawei」の機種が「技適」を通過していることが判明したとしています。こちらは「モデル番号」ではなく、「Thursday」と「コードネーム」で認証を通過していることが判明しています。ちなみに「SIMフリー」モデルとして発売する場合は、「グローバルモデル」の「モデル番号」で認証を通過させますが、今回は「コードネーム」で認証を通過されていることからも、「キャリア」モデルになるとされています。

さらに「Thursday」は「Huawei P30 Pro」の「コードネーム」であることからも、今回技適を通過したことが判明した機種は「Huawei P30 Pro」であると判断することができます。さらに今回の「認証情報」に基づいて判明した「対応バンド」は以下のようになります。

LTE (FDD) 2100(B1)/1800(B3)/1500(B21)/ 900(B8)/800(B18/B19/B26)/700(B28) MHz,

LTE (TDD) 3500(B42)/2500(B41) MHz,

W-CDMA 2100(I)/900(VIII)/800(VI/XIX) MHz

少なくとも世界で「DoCoMo」のみが使用している「B21」に対応していることからも、「DoCoMo」向けの「キャリアモデル」である可能性が高いとしています。つまり「Huawei P20 Pro」に引き続き、「Huawei P30 Pro」も「DoCoMo」が扱うことが判明したと判断することができます。

正式発表された時点で「Huawei P30 Pro」は「DxOMark」において、「世界最高」の評価を獲得しており、これは「Huawei P20 Pro」や「Galaxy S10+」以上になります。ただ先日の情報からも「Galaxy S10 5G」に追いつかれたことも判明しています。詳細は「「カメラ」の最高峰はどちらの手に。「Galaxy S10 5G」と「Huawei P30 Pro」のどちらがおすすめかまとめてみた。」をご参照ください。

「Huawei P20 Pro」の時には、圧倒的に「カメラ」においてアドバンテージがあった「Huawei」ですが、少なくとも今年はもうアドバンテージを失っています。あとは「国内」で発売される時の「価格」ですよね。少なくとも「Huawei P30 Pro」は「Galaxy S10+」と比較すると、比較的良心的な価格設定になっています。「カメラ」という最大のニーズを満たす「Huawei P30 Pro」が逆風の中どれだけ売上を獲得するのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事