「カメラ」を重要視するなら。「Xperia 1」より「IFA2019」で発表される「Xperia 2」を待つべし。

「Xperia」として初めて「トリプルレンズカメラ」を搭載した「Xperia 1」ですが、先日の情報からも、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」を含めて、その多くに「Samsung」製の「カメラセンサー」を搭載していることが判明しており、「Xperia 1」と「Xperia 10」そして「Xperia L3」は「3つ」搭載しており、さらに「Xperia 10 Plus」に関しては「2つ」搭載していることが判明しています。

ただ皮肉にもすでに発売を開始している「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」で撮影された写真を確認する限り、画質が向上している可能性が高いと判断することができます。詳細は「皮肉なのかな。「Xperia 1」も「Xperia 10 Plus」も「Samsung製」のカメラセンサーを採用して画質が大幅に向上に。」ご参照下さい。

一方で、一部情報によれば、「Xperia 1」が「Samsung製」の「カメラセンサー」を搭載したのは、「原価コスト」を下げるためと考えることもできますが、「光学式手ぶれ補正」に対応させることを優先させたためだとされており、さらに「Xperia 1」など「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用しているのはあくまでも一時的で、今年の後半に登場する次期「Xperia」はすべて「SONY」製の「カメラセンサー」を採用している可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Xperia 1」が「 Samsung製」のカメラセンサーを採用したのか。そして「Xperia XZ3」のカメラはまだまだ捨てたもんじゃない。」をご参照下さい。

一方で、先日「SONY」によって公開された「動画」において、皮肉にも「Samsung」製の「カメラセンサー」を搭載している「広角レンズ」においては、なぜか「魚眼レンズ」補正機能がついていることが判明しており、さらに「望遠レンズ」においては「歪み」が発生していることからも、発売日までにどれだけ「カメラソフト」が完成しているのか非常に注目が集まっています。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 1」よりやはり「Xperia 2」のほうが洗練されている可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「カメラ」も洗練される?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

They should’ve skipped MWC this year since the Xperia 1 still isn’t ready and done a Huawei style late announcement. The moment Samsung announced the S10 dates you saw the dash for pre-orders so it’s just embarrassing for Sony now. Since we know IFA will have something more refined I’d skip the Xperia 1 altogether, hopefully it’ll have Sony sensors inside but this long wait is awful. I’m waiting for the release anywhere in the world so that we get some reviews, it’s needs some exposure because I totally forgot about it until Sony emailed me.

今回の投稿によると、「Xperia 1」はまだ完全に準備ができていないとした上で、「IFA2019」で発表される次期「Xperia」は「Xperia 1」より洗練されたものになり、「Xperia 1」はスキップすべきだとしています。そして上手くいけば「カメラセンサー」に関しても「SONY」製を採用している可能性が高いとしています。まあ確かに「Samsung」製の「カメラセンサー」を採用するのは一時的だとされています。

SONYは「Xperia 1」のその名称に一から始まるという意味を込めたことが判明しています。詳細は「SONYが「Xperia X」シリーズは失敗だったと認めたからこその「Xperia 1」の完成度。日本での発売は初夏以降(5月)に。」をご参照下さい。これは、開発においてもすべて「1から始めた」と解釈するべきなのかもしれませんね。だからこそ、「Xperia 1」の「カメラ」や「ディスプレイ」も完成度が低い。

となると、今年の後半に登場する「Xperia 2」に関しては、「Xperia 1」より完成度が高いのは当たり前と判断することができます。ただ「Xperia 1」をスキップするかどうかは正直微妙なところです。「Xperia 1」には正直不安なことが多数あります。

とはいえ、「Xperia 2」が「Xperia 1」以上のスペックを搭載しているとは正直考えにくい。 一部の情報では「Xperia 1」以降のすべてのフラッグシップモデルは「4K」に対応する可能性が高いとの予測もありますが、正直「4K」をそこまで乱発するとは考えにくい。でないと「Xperia 1」シリーズの価値観がなくなってしまうから。

正直「Xperia 1」の「トリプルレンズカメラ」に関しては、そこまで期待していません。「ハード」の問題もありますが、それ以上に「ソフト」に問題があるから。これは「SONY」製の「カメラセンサー」を採用したからといって解決するとは限らないから。そして「Xperia 2」では「2K」になるとの予測が多いです。まあ妥当ですよね。

そうなると「5G」に対応しない限り、「Xperia 2」の本体価格は「Xperia 1」より控えめになる可能性が高いと判断することができます。少なくとも「Xperia 2」は「Xperia 1」の悪いところをさらに改良してくると考えることができるので、洗練度が増すのは当たり前です。そして価格が安くなることからも「コスパ」が改善すると判断することができます。

ただ「Xperia 1」でちょっと冒険したいと感じもしますよね。だとすると、「攻め」の「Xperia 1」もしくは「守り」の「Xperia 2」と捉えればちょうどいいのかもしれませんね。続報に期待しましょう。



最新情報をチェックしよう!