日本市場限定の「カスタマイズ」モデルの存在が確定に。「Xperia 1」の「キャリアモデル」だけ世界で唯一「ROM64GB」に。

少なくとも「Xperia 1」は歴代「Xperia」の中で初めて「ROM128GB」に対応した機種となっており、「RAM」に関しても初めてではないにしろ「RAM6GB」に対応するなど、現行で最新機種である「Xperia XZ3」の「RAM4GB/ROM64GB」と比較すると、大幅にスペックが底上げされたと考えることができます。昨年末に配信を開始した「Android9.0」ですが、「RAM」不足が原因でアップデートに支障が出たことなども判明していることからも、当たり前といえば当たり前の結果かもしれませんが。

ただ先日の情報からも、「Xperia 1」の「ビデオ」の撮影シーンからも「メモリ」が「64GB」となっていることからも、公式発表はないにせよ「ROM64GB」モデルが存在している可能性が高いことが判明していました。

さらに先日SONYが「Xperia 1」を報道関係者向けに「正式発表」しましたが、この時に公開された「スペックシート」においても「グローバル」モデルのものだと前置きはしてありますが、確かに「ROM64GB/128GB」となっていることからも、その発売地域は判然としないながらも「ROM64GB」モデルが存在していることが確定しました。

一方で先日の情報においては、この「ROM64GB」モデルは「台湾」や「アメリカ」そして「日本」など一部市場限定で販売される可能性が高いとしており、さらに「ROM64GB」モデルが発売される地域においては、ユーザーが「ROM128GB」と選択することが可能になっているとしていることからも、「ROM64GB」と「ROM128GB」が併売される可能性が高いと判断することができます。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」の「ROM64GB」モデルは日本市場専用の「カスタマイズ」モデルだと投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



日本市場専用の「カスタマイズ」モデルに。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

很多人看到 Xperia 1 参数里还有个 64GB 版本都惊了,其实没必要,此版本应该只是针对日本运营商定制出的,运营商定制有很高额的补贴,所以运营商也会要求厂商做一些特殊容量的版本出来。
中国大陆、台湾、香港售卖的 Xperia 1 都是 J9110 128GB 版本,双卡三选二卡槽,最大扩充 512GB。

今回に投稿によると、多くの人々は「Xperia 1」に「ROM64GB」モデルが存在していることに驚くかもしれません。ただ実際に驚く必要性はありません。なぜなら、この「ROM64GB」モデルは、「日本」の「通信業者」向けの「カスタマイズモデル」だからです。「中国」「香港」そして「台湾」で発売される「Xperia 1」は「J9110」となっており、ストレージに関しては「128GB」となっています。

つまり今回の投稿では、「Xperia 1」の「ROM64GB」は日本の「キャリアモデル」のみにしか存在していないと判断することができます。一部情報によれば、「Xperia 1」の本体価格を下げるために、「ROM64GB」を採用している可能性が高いと予測されており、さらに「有機ELディスプレイ」ではなく「液晶」を採用することによって、その「本体価格」を「6万円」程度にしたカスタマイズモデルが販売される可能性が高いと予測されています。

「本体価格」を下げるために「ROM64GB」に対応しているのか正直判然としません。少なくとも一部情報によれば「6月1日」以降に「DoCoMo」が始める新しい端末購入サポートにおいて、「ポイント」還元を行う可能性があるとしています。この時の情報によれば「本体価格」は「12万円」程度で、実質価格が「9万円」程度になる可能性が高いと予測されています。

情報でかなり「本体価格」に誤差がありますが、何より「ROM64GB」で本体価格が「12万円」てあった場合、いくら端末購入サポートがあったとしても一番最悪な結果になります。正直「SIMフリーモデル」を購入したほうが良さそうですよね。また今回の情報を見る限り、「ROM64GB」にしているのは、「SONY」の意思ではなく、「キャリア」の意思であると判断することができます。

それこそ今後「分離プラン」に移行することを考えれば、単純に「キャリアモデル」は存在しなくてもいいので「SIMフリー」モデルだけ販売してくれれば十分ですよね。「おサイフケータイ」や「フルセグ」など、日本独自機能を搭載するかどうかは「SONY」が判断すればいいだけなので。そうすれば「SIMロック」の問題もなくなると判断することができます。

結局今までは、「端末購入サポート」があったからこそ、「SIMロック」をするのも一理あったかもしれませんが、「分離プラン」であれば、結局まるまるユーザー負担です。だとすれば、「SIMロック」の解除すら制限があることに正直納得できません。「SONY」にとって、「日本」は本家本元であるのに、「発売日」は遅いし、余計なカスタマイズモデルを開発しなきゃいけないなど、あまりメリットがないようにも感じてしまいます。

「SONY」が苦境に立たされている中、一体いつになったら、この「キャリア」主導の販売方法が終了するのか非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG