いつになっても前進しない。国内版「Xperia 1」の「ストレージ」は「3キャリア」共通で「64GB」で確定かも。

かなり情報が錯綜していますが、「SONY」は「日本市場」向けの「カスタマイズ」モデルを開発している可能性が高いと予測されており、「snapdragon710」を搭載した「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」や「液晶」を搭載した「Xperia 1」を開発しているとされており、さらに「Xperia 1」に関しては「楽天」から。そして「Xperia 10」に関しては「Y!mobile」から発売を開始する可能性があると予測されています。

詳細は「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」と「「Y!mobile」からと「Xperia」は大きな転換期に。「Xperia 1」は「楽天」を含めた4キャリアから発売になるかも」と「「Xperia 1」は「DoCoMo」と「au」から。そして「Xperia 10」は「Y!mobile」から発売に。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia 1」に関しては「グローバル」モデルの「ストレージ」が「128GB」であることが正式に発表されていますが、一部情報において、「日本市場」では「ROM64GB」になっている可能性が高いと予測されており、さらに「SONY」が先日開催した「国内」での「お披露目会」において「グローバル」モデルのスペックとして前置きした上で、「Xperia 1」には「ROM64GB」モデルが存在していることを公式に発表しています。

詳細は「「上位」モデルは存在せずとも「劣化」モデルは存在に?日本で発売される「Xperia 1」は「ROM64GB」かも。」を「嫌な予感が的中。やはり「DoCoMo」版「Xperia 1」の「ROM」は「64GB」なのでは。」をご参照下さい。

一方で「DoCoMo」が先日正式に新料金プランを発表したことにより「分離プラン」へ移行することが確定した中、少なくとも「SONY」は「分離プラン」への対抗策として「Xperia 1」に「液晶」と「ROM64GB」を搭載した「カスタマイズ」モデルを開発している可能性が高いと予測されており、「グローバルモデル」と大きくスペックが劣る一方で、その「本体価格」もかなり控えめで、「グローバルモデル」の約半額である「6万円」程度で販売される可能性が高いと予測されています。詳細は「「分離プラン」に「SONY」が奥の手を。「Xperia 1」の「液晶」搭載モデルの本体価格は「6万円」に?」をご参照下さい。

さて今回Redditにおいて、「DoCoMo」「au」「SoftBank」から発売される「Xperia 1」は「ストレージ」が「64GB」である可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



やはり「64GB」に?

さて今回投稿されていた内容は以下をまとめると以下のようになります。

モデル番号発売RAM/ROM
SONY J8110SIMフリー6GB/64GB
SONY J81706GB/128GB
SONY J9110
SONY SO02LDoCoMo6GB/64GB
SONY SOV40au
SONY 802SOSoftBank

まず冒頭でも記述しましたが、「SIMフリー」モデルにおいても「RAM6GB/ROM64GB」が存在していることを再度確認することができます。ただ現時点ではこの「RAM6GB/ROM64GB」がどの地域で発売されるのか判然としない状況にあります。「Xperia XZ2」や「Xperia XZ3」などは、「RAM6GB」の強化モデルが「アジア圏」で発売されていたことを考えると、少なくとも「アジア圏」では発売されない可能性が高いと判断することができます。

また一方で「J8170」と「J9110」の違いも判然としない状況にあります。「Xperia XZ3」であれば「H9xxx」が「RAM」強化モデルでしたが、少なくとも「Xperia 1」の「RAM」の強化モデルは存在していません。また「対応バンド」も確認すると以下のようになります。

J8110, J8170, J9110 /

GSM GPRS/EDGE (2G) Bands 850/900/1800/1900 /

UMTS HSPA+ (3G) Bands 1, 2, 4, 5, 6, 8, 19 / LTE (4G) 1, 2, 3, 4, 5, 7, 8, 12, 13, 17, 19, 20, 25, 26, 28, 29, 32, 34, 38, 39, 40, 41, 46, 66LTE (4G) Cat19/Cat13

少なくとも「SIMフリー」モデルの「3モデル」に関しては「対応バンド」が共通なんですよね。なので、「発売地域」に合わせて「モデル」番号」も分けているとは正直考えにくいです。だとすれば「Single SIM」モデルと「dual SIM」モデルで「モデル番号」を区別しているのでしょうか。少なくとも「ヨーロッパ」地域で発売されているモデルに「Single SIM」モデルは存在しているので。

そして肝心な国内モデルに関して「DoCoMo」「au」「SoftBank」は共通して「ROM64GB」であることを確認することができます。まだ「RAM」が「4GB」にされなかったと考えればマシなんですかね。「本体価格」を下げるための判断なのか。それとも「日本」国内では「ROM128GB」モデルは必要ないと判断しているのか判然としません。ただ一つ言えるのは、「Xperia」は「ROM」が少ないからと嫌悪しているユーザーが多いのも事実です。

今までは、「DoCoMo」の「月々サポート」など割引施策があったからこそ、本体価格が高い「ハイエンドモデル」も普通に売れていました。ただ今後完全に「分離プラン」へ移行することを考えると、「Xperia 1」の「ハイエンドモデル」は言い方が悪いかもしれませんが、自分のような「物好き」しか買わなくなります。そんな「物好き」こそ「ROM64GB」ではなく、「128GB」以上が最低限欲しくなります。

簡単に言えば、「スマホ」が好きだったり、「スマホ」に糸目がない人ほど今後も「ハイエンドモデル」を購入する可能性が高いと判断することができ、極端に言えば、「メール」や「電話」ができればいいと思いっているユーザーは「10万円」近くする機種を購入しません。そして何より「SONY」が認めているように「Xperia 1」はニッチなニーズを満たすために開発されています。詳細は「本当に好きな人は勝手に買ってくれる。「Xperia 1」は「ディスプレイ」と「カメラ」だけ好きになってくれれば十分。」をご参照下さい。

だからこそ、「本体価格」が高くても、欲しいと思うユーザーのニーズを満たせるスペックのほうがよほど売れると思うんですけどね。おそらく「SONY」の意思ではなく、「キャリア」の意思のようにも感じますが。今回の情報で、「ROM64GB」に関する情報は「3つ」目です。日本国内では「ROM64GB」がほぼ確定な気がします。正直この情報は外れて欲しいところです。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG