• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「Huawei P30 Pro」が大きな理由に?「Xperia 1」が「SONY」製の「カメラセンサー」を搭載できなかった理由。

「Huawei P30 Pro」が大きな理由に?「Xperia 1」が「SONY」製の「カメラセンサー」を搭載できなかった理由。

Xperia

「Xperia」として初めて「トリプルレンズカメラ」を搭載した「Xperia 1」ですが、先日の情報からも、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」を含めて、その多くに「Samsung」製の「カメラセンサー」を搭載していることが判明しており、「Xperia 1」と「Xperia 10」そして「Xperia L3」は「3つ」搭載しており、さらに「Xperia 10 Plus」に関しては「2つ」搭載していることが判明しています。

ただ皮肉にもすでに発売を開始している「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」で撮影された写真を確認する限り、画質が向上している可能性が高いと判断することができます。詳細は「皮肉なのかな。「Xperia 1」も「Xperia 10 Plus」も「Samsung製」のカメラセンサーを採用して画質が大幅に向上に。」と「「カメラ」は良質。「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の値下げが止まらない。早くも「20%」近く割引に。」をご参照下さい。

一方で、一部情報によれば、「Xperia 1」が「Samsung製」の「カメラセンサー」を搭載したのは、「原価コスト」を下げるためと考えることもできますが、「光学式手ぶれ補正」に対応させることを優先させたためだとされており、さらに「Xperia 1」など「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用しているのはあくまでも一時的で、今年の後半に登場する次期「Xperia」はすべて「SONY」製の「カメラセンサー」を採用している可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Xperia 1」が「 Samsung製」のカメラセンサーを採用したのか。そして「Xperia XZ3」のカメラはまだまだ捨てたもんじゃない。」と「「下位」モデルだけじゃない。「Xperia 1」には「SONY製」の「カメラ」を全てに搭載した「上位」モデルが存在かも」をご参照下さい。

一方で、先日「SONY」によって公開された「動画」において、皮肉にも「Samsung」製の「カメラセンサー」を搭載している「広角レンズ」においては、なぜか「魚眼レンズ」補正機能がついていることが判明しており、さらに「望遠レンズ」においては「歪み」が発生していることからも、発売日までにどれだけ「カメラソフト」が完成しているのか非常に注目が集まっています。

詳細は「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」と「「望遠」レンズを使わなければ問題なし。「Xperia 1」の「歪み」問題は「Samsung」製「カメラセンサー」が原因かも。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 1」の「カメラセンサー」に大きく期待するべきではなく、さらに「カメラセンサー」に物足りなさを感じるのは競合他社との兼ね合いがあると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



あまり期待するべきではない。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Don’t put your hopes up too high for Sony Xperia 1, i don’t know what their real problems are but they still make half-hearted efforts just as they first made their Android phones.
When other manufacturers put the latest and greatest technology on their phones, Sony can’t even put their best sensors and lens on their phones.

今回の投稿によると、「Xperia 1」にはあまり期待しすぎないほうがいいとした上で、その本当の理由は判然としないながらも、「SONY」が最初に「Android」を使ったときと同じように「中途半端」なものを開発しているとしています。他の競合他社が、最新かつ最高の技術を搭載する時に、「Xperia」に最高の技術や「カメラセンサー」を搭載することはできないとしています。

最高の技術は、開発コンセプトによって異なるため、「最高」をどのように判断するかは難しいと判断することができますが、「カメラセンサー」に関してはちょっと気になるところ。「Xperia 1」に搭載されている「SONY」製の「カメラセンサー」の「モデル番号」はまだ明らかになっていません。ただ先日発表され世界最高の評価を獲得した「Huawei P30 Pro」のカメラセンサーは以下のようになっていることが判明しています。

Separating Huawei P30 Pro, more than anything else though, is its use of quad cameras. The new smartphone literally has four cameras. They include a main camera, plus cameras for wide-angle, Time-of-Flight and a periscope view. All four use Sony CMOS image sensors.

少なくとも「トリプルレンズカメラ」と「TOFセンサー」の合計4つのセンサーはすべて「SONY」製のものを採用しているとしています。

一部情報によれば、「Galaxy S10+」や「iPhone XS Max」と比較して、「Huawei P30 Pro」の「カメラセンサー」の原価コストは「iPhone XS Max」と比較して「1.9倍」そして「Galaxy S10+」と比較して「1.4倍」になっていることが確認されており、「カメラセンサー」に対してだいぶコストをかけていることが確認されています。

一方で「SONY」に関しても「Xperia」に最新の「カメラセンサー」を搭載することよりも、「Huawei」に「IMX600」や「Xiaomi」に「IMX586」と最新の「カメラセンサー」を優先的に供給していると判断することができます。そんで挙げ句の果てに「Xperia 1」には「Samsung」製のカメラセンサーを採用すると。

なので「SONY」が企業として生き残るためにも、「自社」製品に最新技術を搭載させるよりも「提供」することを優先していると判断することができます。だとすれば、「SONY」製の「カメラセンサー」のシェアがより拡大すればするほど、他社が優先になるため、「Xperia」の「カメラ」はより中途半端な立ち位置になってしまうのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧