「Xperia 1」の後継機種は「Xperia 1 M2」に?さらに「IFA2019」で発表される次期「Xperia」の名称は「Xperia 2」ではないかも。

少なくとも、今年発表される「Xperia」の中で、唯一「 premium」モデルの立ち位置になるのは「Xperia 1」になる可能性が高いと予測されており、今年の後半に登場する次期「Xperia」は通常の「フラッグシップ」モデルになると予測されています。ただある意味矛盾を抱えており、先日の情報からも、「Xperia 1」と違って、次期「Xperia」は「部門再編成」後に初めて開発される「Xperia」だからこそ、「Xperia 1」より完成度が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」の購入は見送ったほうがいい?今年傑作の「Xperia」は「IFA」に登場する「Xperia 2」に?」をご参照下さい。

先日の情報からも、今年の後半に登場すると予測されている「Xperia 2」に関しては、「5.7インチ」の「ディスプレイ」を搭載した「Xperia 4」と同じく、「日本市場」専用モデルになる可能性が高いと予測されており、さらに先日リークした「Xperia 2」のスペックを確認する限りでは、「Xperia 2」は「Xperia 1」と多く異なるのは、「ディスプレイ」でそのほか共通の仕様が多いことが判明しています。

詳細は「今年最後の「snapdragon855」搭載モデル。「Xperia 2」の詳細なスペックがリークに。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 4」に加えて「Xperia 2」に関して、それぞれに関するすべての情報はすべてフェイクであるとされており、さらに、現時点で開発されている次期「Xperia」に、リークしている「Xperia 2」や「Xperia 4」のようなスペックを搭載している機種は存在せず、もちろん名称に関しても「Xperia 2」や「Xperia 4」の名称を採用した「Xperia」は開発されていないとしています。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Xperia 1」の後継機種である「Xperia」の正式名称は「Xperia 1 M2」になる可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia 1 M2」に?

少なくとも、先日までの情報が正しければ、今年の後半に登場する次期「Xperia」は「Xperia 1」の後継機種である可能性は低く、全く別のシリーズになる可能性が高いと予測されており、さらに待望されている「5G」に対応した「Xperia」は、「Xperia 1」の後継機種扱いで、「MWC2020」で正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」を購入することすら躊躇ってしまう。「Xperia 1」の後継機種は「5G」+「5K」に対応しており「MWC2020」で正式に発表かも。」をご参照下さい。

その上で今回投稿されていた内容は以下のようになります。

They can’t release 1 M2 in September. That is still 6 month cycle. Not even 6, June and October 3-4 months apart. We’re expecting a smaller flagship possibly with lower resolution. If they introduce the 1 M2 that means they didn’t learn anything, the delay of the 1 is bad enough. If I were sony I wouldn’t even name the smaller one X2. Because even though it wouldn’t be the successor to the 1, people will think it is because of the increment in number.

There’s a huge gap between 1 and the 10s. If there’s that smaller low res flagship, they’d better come up with a better name than 1m2.

少なくとも「SONY」の開発者担当によると、「Xperia」の今後の名称は「1〜10」の数字の中から採用するとしており、さらに今はピンとこないと思いますが、後継機種が発表された時に、その命名規則に納得できると思うと発言しています。詳細は「SONYが「Xperia X」シリーズは失敗だったと認めたからこその「Xperia 1」の完成度。日本での発売は初夏以降(5月)に。」をご参照下さい。

そして「数字」ごとにシリーズが異なることも判明しており、「Xperia 1」の後継機種であれば、「1」は間違いなく使われると判断することができます。今回の投稿を確認すると、「9月」に発表することはできないとしていますが、「Xperia 1 M2」という名称に触れていることを確認することができます。少なくとも今回の投稿を確認する限りでは、「Xperia 1 M2」が「Xperia 1」の「後継機種」の名称であるように投稿されています。

「Xperia 1 M2」は「10月」に発売を開始したとしても「Xperia 1」が「5月」下旬から発売を開始するとしても、「4ヶ月」程度の期間しか空いてないことからも、それこそ、「SONY」は「Xperia XZ」シリーズのように、同じ失敗を繰り返すことになるとしています。だからこそ、「Xperia 1」の後継機種を「IFA2019」で発表することはありえないとしています。

一方でユーザーが後継機種として錯覚しやすいことからも、今年の後半に登場する次期「Xperia」に「Xperia 2」の名称が採用されない可能性が高いとしています。確かに、「Xperia 1」の次は「Xperia 2」だと考えちゃいますよね。少なくとも今回の投稿を確認する限り、「Xperia 1」の後継機種が「Xperia 1 M2」だとしても、ユーザーからすればちょっと分かりにくくなることに間違いはありません。

「Xperia 1」が逆に「シンプル」になりすぎてしまったのかもしれませんよね。「日本」では「Xperia 1」は「5月24日」に正式に発売を開始する可能性が高いと予測されています。まずユーザーが「Xperia 1」に対してどのようなリアクションを示すのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!