驚異的な人気を獲得。「Huawei P30 Pro」は僅か「10秒」で完売に。

事前情報からも、「ズーム」機能が大幅に強化されていると予測されていた「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」ですが、「3月26日」に正式に発表され、特に「Huawei P30 Pro」に関しては、「光学式5倍ズーム」そして「ハイブリット10倍ズーム」に、さらに「デジタルズーム」で最大で「50倍」までに対応しています。

そして元々定評のあった、低照度がさらに強化されており、「ISO40万」に対応することで、今まで撮影することが困難だった、「星空」や「月」などを「ズーム」機能と組み合わせることがで、より綺麗に撮影することが可能になります。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」が大きく見劣るような。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のスペックと価格をまとめてみた。」をご参照ください。

一方で、先日の情報からも、同時に発表されると予測されていた「Huawei P30 Lite」に関しては、中国ですでに「Huawei Nova 4e」として発表されており、何もイベントでは言及はありませんでしたが、「香港」を拠点とした「Etoren」において、「Huawei P30 Lite」として発売を開始しており、さらに「メインストリーム」モデルである「Huawei P30」に関しても、合わせて発売を開始しています。

詳細は「「Huawei P20 Pro」を超える「カメラ」をより手頃な価格で。「Huawei P30」が「Etoren」で発売開始に。」と「僅か「3万円」で最高クラスのカメラを。「Etoren」で「Huawei P30 Lite」の発売が開始に。」をご参照下さい。

一方で、「発表日」の翌日から正式に予約を開始していた「Huawei P30 Pro」ですが、「ヨーロッパ」地域においては「4月5日」より発売を開始している一方で、特に「Amber Sunrise」に関しては、「地域限定」かつ「容量限定」モデルになっている可能性が高く、「Etoren」では扱いがなく、「Expansys」では扱いがあることが判明しています。詳細は「「Amber Sunrise」は地域限定かつ容量限定モデルかも。「Huawei P30 Pro」の予約状況をまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回GizChinaによると、「中国」でいよいよ発売を開始した「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」ですが、僅か「10秒」で完売したことが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



僅か「10秒」で完売に。

さて今回の情報によると、「Huawei」が公式に発表した情報において、「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」は発売を開始して僅か「10秒」で完売したと報告しているとしています。「Huawei」は実際にどれくらいの販売台数だったのか発表していませんが、各容量ごとに「3万〜5万」台程度の販売台数であった可能性があると予測しています。

ちなみに「Huawei」の「Vmall」において「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」の本体価格は以下のようになります。

V mall容量構成限定価格日本円
Huawei P30RAM8GB/ROM64GBCNY39886万7000円
RAM8GB/ROM128GBCNY42887万2000円
RAM8GB/ROM256GBCNY47888万
Huawei P30 ProRAM8GB/ROM128GBCNY54889万2000円
RAM8GB/ROM256GBCNY678811万4000円

あくまでも「現地価格」になりますが、「Kirin980」を搭載している「Huawei P30」が「128GB」モデルでありながら「7万2000円」程度で購入できるのは非常に安いですよね。「Huawei P30 Pro」の「カメラ」に劣るとはいえ、「Huawei P30」の「カメラ」だって、「ハイエンドモデル」の中ではかなり優秀なほうだと判断することができます。

またその本体サイズの影響なのか、「Tmall」が発表した情報によると、「Huawei P30」が正式発表されてから、「320万人」以上のユーザーが、同サイトで「Huawei P30」を検索しており、その半数以上は女性であったことが判明したとしています。つまり「Huawei P30 Pro」と比較して「Huawei P30」は圧倒的に女性から支持を獲得していると判断することができます。

さらに中国のサイトによると、以下のような報告をしています。

这款标杆一般的旗舰机到底有多火?华为商城官方给出的数据显示,开售仅仅2秒钟,P30系列仅仅在华为商城的销售额就突破了2亿元!

如果再算上其他电商和线下店面……

「Huawei Mall」が正式発表したデータによると「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」の売上は僅か「2秒」で「2億元」の売上を達成したとしています。つまり日本円で約「3300万円」程度になります。仮に「Huawei P30 Pro」の「RAM8GB/ROM256GB」モデルで換算しても、「2万9000」台売れたことになります。ちなみに先日記事にまとめたしたが「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」、「Etoren」と「Expansys」においてどちらがおすすめかまとめました。詳細は「「Amber Sunrise」が欲しいなら「Expansys」で。「Huawei P30 Pro」を購入するならどちらがおすすめか「Etoren」と比較してみた。」をご参照下さい。

その時は販売が開始していませんでしたが、「Expansys」において「Huawei P30」の発売が開始しました。あくまでも執筆時点での価格になりますが、「本体価格」で「7万8770円」となっており、「本体カラーは「Crystal」と「Aurora」の2色展開となっています。

また「Etoren」でも「Huawei P30 Pro」の「512GB」モデルが「18万円」で販売されていましたが、「Expansys」においては「本体価格」は「12万8905円」で「Amber Sunrise」のみが販売開始していることを確認することができます。「グラデーションカラー」である「Crystal」と「Aurora」がメインカラーである可能性が高いですが、「Amber Sunrise」もかなりいいカラーですよね。

スペック的には、正直「Galaxy S10+」や「Xperia 1」と比較して劣る「Huawei P30 Pro」ですが、「カメラ」に関してはまさに圧巻です。詳細は「2019年上半期の最高の2機種。「Galaxy S10+」と「Huawei P30 Pro」どっちがおすすめかまとめてみた。」と「「Xperia 1」を待たずして購入すべきか。「Huawei P30 Pro」とどっちがおすすめかまとめてみた。」をご参照下さい。

最大「50倍ズーム」に「ISO40万」とスマートフォンのカメラでは体感できないカメラを体感したい人には「Huawei P30 Pro」をお勧めします。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG