• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「Amber Sunrise」が欲しいなら「Expansys」で。「Huawei P30 Pro」を購入するならどちらがおすすめか「Etoren」と比較してみた。

「Amber Sunrise」が欲しいなら「Expansys」で。「Huawei P30 Pro」を購入するならどちらがおすすめか「Etoren」と比較してみた。

Huawei

事前情報からも、「ズーム」機能が大幅に強化されていると予測されていた「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」ですが、「3月26日」に正式に発表され、特に「Huawei P30 Pro」に関しては、「光学式5倍ズーム」そして「ハイブリット10倍ズーム」に、さらに「デジタルズーム」で最大で「50倍」までに対応しています。

そして元々定評のあった、低照度がさらに強化されており、「ISO40万」に対応することで、今まで撮影することが困難だった、「星空」や「月」などを「ズーム」機能と組み合わせることがで、より綺麗に撮影することが可能になります。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」が大きく見劣るような。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のスペックと価格をまとめてみた。」をご参照ください。

一方で、先日の情報からも、同時に発表されると予測されていた「Huawei P30 Lite」に関しては、中国ですでに「Huawei Nova 4e」として発表されており、何もイベントでは言及はありませんでしたが、「香港」を拠点とした「Etoren」において、「Huawei P30 Lite」として発売を開始しており、さらに「メインストリーム」モデルである「Huawei P30」に関しても、合わせて発売を開始しています。

詳細は「「Huawei P20 Pro」を超える「カメラ」をより手頃な価格で。「Huawei P30」が「Etoren」で発売開始に。」と「僅か「3万円」で最高クラスのカメラを。「Etoren」で「Huawei P30 Lite」の発売が開始に。」をご参照下さい。

一方で、「発表日」の翌日から正式に予約を開始していた「Huawei P30 Pro」ですが、「ヨーロッパ」地域においては「4月5日」より発売を開始している一方で、特に「Amber Sunrise」に関しては、「地域限定」かつ「容量限定」モデルになっている可能性が高く、「Etoren」では扱いがなく、「Expansys」では扱いがあることが判明しています。詳細は「「Amber Sunrise」は地域限定かつ容量限定モデルかも。「Huawei P30 Pro」の予約状況をまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回「香港」を拠点とした「Etoren」そして「Expansys」において、「Huawei P30 Pro」の発売が開始したので、どちらで購入するのがおすすめなのか簡単にまとめてみたいと思います。



「Expansys」のほうがおすすめか。

まず執筆時点での「Etoren」における「Huawei P30 Pro」の製品ページが上記の画像になります。先日発売を開始したばかりの時は、在庫状況が非常に不安定でしたが、執筆時点ではすでに安定しており、さらに「本体価格」も「12万6700円」から僅かに値下げになっており、「12万5600円」で販売されていることを確認することができます。詳細は「2019年最高の「カメラ」を携えて。「Huawei P30 Pro」がいよいよ「Etoren」で発売開始に。」をご参照下さい。

次に、上記の画像は「Expansys」における「Huawei P30 Pro」の製品ページが上記の画像になります。「在庫」状況に関しては、「在庫なし」となっていますが、「Expansys」の場合は、「在庫なし」の場合でも、購入すると即日で発送される場合もあります。本体価格に関しては「11万3005円」となっていることを確認することができます。ちなみに「Etoren」と「Expansys」での実質価格を比較すると以下のようになります。

EtorenExpansys
本体価格(税込)12万5600円11万8429円
送料2011円0円
事前予約×-2235円
実質価格12万7611円11万6087円

まず前提として「Etoren」の場合は「本体価格」に「消費税・関税」が加算された「税込」で表示されているのに対して、「Expansys」に関しては、「本体価格」の表示となっています。つまり別途「消費税・関税」を追加で払う必要性があります。少なくとも予約時点では「FedEx」から「クロネコヤマト」で選択することが可能で、「FedEx」を選択した場合は、「請求書」で。「クロネコヤマト」の場合は、荷物受け取りの際に、「現金」で支払う必要性があります。

ちょっとややこしくなりますが、「Expansys」に関しては、「4月14日」までに予約すれば、「2200円」の割引になります。実際、自分が「Expansys」で予約した時は以下のように表示されていました。

本体価格に対して、「2235円」の割引となって、その結果が「11万770円」となります。さらにこの価格から「税金」を計算すると、「11万6087円」となります。なので購入するのであれば、「4月14日」までに購入したほうがさらにお買い得になります。さらに「Etoren」の場合は、「本体価格」に関係なく「送料」が加算されます。一方で「Expansys」に関しては、本体価格が「7万円」以上の場合は、「送料」が無料になります。

ただ送料がかかったとしても、「FedEx」で「1800円」で「クロネコヤマト」で「1400円」になるので、どちらにせよ「Etoren」よりは安いです。そして実質価格をみると、約「1万円」の価格差が生じていると判断することができます。とはいえ、大体の場合は、発売当初は「Expansys」のほうが安いことが多いです。そして次に本体カラーを確認すると以下のようになります。

Huawei P30 ProEtorenExpansys
Crystal
Aurora
Black×
Amber Sunrise×
white××

ユーザーによって、本体カラーでどのカラーが欲しいかにもよりますが、「Amber Sunrise」が欲しい場合は「Expansys」で、「Black」が欲しい場合は「Etoren」一択になります。「Crystal」と「Aurora」においては、どちらのサイトでも扱いがあります。ちなみに今回はあくまでも「256GB」モデルで比較しています。「Etoren」においては一筆時点では「128GB」モデルの扱いがなく、一方で「Expansys」においては、まだ発売を開始していません。

ちなみに上記の画像からも「Etoren」では「Aurora」の「512GB」の取り扱いがあります。確か自分が確認した時、最初は在庫が「5個」だったので売れているということですよね。価格が「18万2600円」です。正直、大容量モデルは魅力的ですが、「256GB」と価格差が約「6万円」あります。だとしたら、「Nano SD」カードを購入したほうがよほど安くすみますよね。

今回は、簡単に「Etoren」と「Expansys」で「Huawei P30 Pro」を例に比較してみました。現時点では、「Expansys」のほうがおすすめですかね。ただ1秒でも早く欲しいとなれば、基本新製品は「Expansys」よりは「Etoren」のほうが早いです。なので、自分が購入するタイミングをみて、どちらで購入するべきか見極めるのも重要かもしれませんね。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧