「SONY」は日本市場に注力を?「Xperia 4」に加え「Xperia 2」も「日本市場」限定モデルに?

かなり情報が錯綜している「Xperia 1」の発売日ですが、一部情報では、SONYは当初の予定より大幅にスケジュールを前倒しにし、「4月下旬」に発売される可能性があると予測されている中、有名なリーカーであるZackbuks氏は、4色ある「本体カラー」のうち、「グレー」が最も質感が高く、この「グレー」に早くて今月末には会えると投稿していることからも、「4月下旬」に発売を開始する可能性が高いと予測されていました。

一方で先日の情報からも「Xperia 1」の発売時期は、当初の予測では「5月下旬」になると予測されている中、「日本市場」での発売時期が「5月下旬」になることからも、「多く」の地域でも「5月下旬」に発売を開始する可能性が高いと予測されており、さらに、「中国」国内においては、「5月12日〜5月18日」から発売を開始する可能性が高いと予測されていることからも、「中国」は先行発売地域になると判断することができます。

一方で先日の情報において、「香港」や「台湾」において、「Xperia 1」の発売日は「5月20日」に決定した可能性が高いと予測されていることからも、日本市場での発売は「5月24日」もしくは、「5月31日」になる可能性が高いと予測されており、正式発表から約「3ヶ月後」の発売ということもあり、その売れ行きにどれだけ影響するのか正直心配な面もあります。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 4」に加えて、「Xperia 2」も日本市場専用モデルとして発売される可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia 2」も日本市場限定に?

ちなみに、先日の情報からも、「Xperia 4」は「5.7インチ」の「ディスプレイサイズ」に「デュアルレンズカメラ」そして「snapdragon710」を搭載している可能性が高いと予測されていることからも、「Xperia 10」よりは僅かに小型である可能性が高く、「ミドルレンジコンパクト」モデルとして、主に「日本市場」専用モデルとして発売される可能性が高いと予測されています。

ただその販売方法に関しても、かなり情報が錯綜しており、一部情報では「DoCoMo」専売の「キャリアモデル」として発売する可能性が高いと予測されており、一方では「キャリアモデル」ではなく、「SIMフリーモデル」として発売される可能性が高いと予測されています。

その上で今回の投稿は以下のようになります。

It was said here that flagship would have 4G and 5G versions.
Some ppl on weibo believe there will be a 10 Ultra with 7″ + SD710.
There are X4 for Japan and X2 ( probably IFA phone).

今回に投稿によると、「中国」の大手SNSサイトである「weibo」のユーザーからの情報として、「snapdragon710」を搭載した「Xperia 10 Ultra」が存在している投稿されていますとしています。確かに先日の情報からも「Xperia 10 Ultra」のスペックの一部がリークしています。

ただ正直なところ、「Xperia 10 Ultra」の存在に関しては、否定的な意見が多いのが事実です。

また「Xperia 4」と「Xperia 2」に関しては、日本専売になる可能性が高く、おそらく「IFA2019」用の機種。つまり「冬」モデルとして登場する可能性が高いとしています。「Xperia 4」に関しては、散々「日本市場」専売モデルになると予測されていましたが、「Xperia 2」に関しては初耳です。

「Xperia 2」は先日の情報が正しければ、「Xperia 1」と共通して「有機ELディスプレイ」や「トリプルレンズカメラ」を搭載している可能性が高く、さらに「デザイン」も共通している可能性が高いと予測されています。ただ「6.2インチ」の「ディスプレイ」に「2K」の「表示解像度」に対応するなど、「 premium」モデルの立ち位置ではない可能性が高いと予測されています。詳細は「今年最後の「snapdragon855」搭載モデル。「Xperia 2」の詳細なスペックがリークに。」をご参照下さい。

また一部情報では、「Xperia 2」では「フロントカメラ」が廃止になり、その代わり、「TOFセンサー」を採用した「顔認証」に近い新たな生体認証が搭載される可能性が高いと予測されており、さらに、「4月1日」のSONYの部門再編成以降の初めて開発される機種になることから、「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが完成度が高いと予測されています。詳細は「早くも「実機」画像がリークに?「Xperia 2」は「指紋認証」が廃止で新たな「生体認証」を搭載かも。」と「「Xperia 1」の購入は見送ったほうがいい?今年傑作の「Xperia」は「IFA」に登場する「Xperia 2」に?」をご参照下さい。

少なくとも「Xperia 1」よりかなり期待されている「Xperia 2」が日本市場専用モデルとして発売されるのか正直疑問も残ります。だとすれば、「SONY」は「Xperia 1」の発売日に関してでもそうですが、「日本」市場にかなりフォーカスしていると判断することができます。迷走していた「SONY」の「マーケティング」は次はどこへ向かうのかぜひ失敗しないことを期待したいところです、

 



最新情報をチェックしよう!