• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「進化」なのか?「退化」なのか?結局「Xperia 1」は常に「4K」の「表示解像度」に対応していないかも。

「進化」なのか?「退化」なのか?結局「Xperia 1」は常に「4K」の「表示解像度」に対応していないかも。

Xperia

その「発売時期」に関して、かなり情報が錯綜している「Xperia 1」ですが、先日の情報からも、イギリスの大手サイトである「Clove」は「Xperia 1」の初回入荷を「5月下旬」とアナウンスしていましたが、執筆時点では、「Xperia 1」の予約の受付を中止しており、さらに、「入荷時期」に関しても「確認中」に変更していることからも、「SONY」のほうで何かしらの変更があったと判断することができます。

詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」と「発売が「前倒し」に?それとも「延期」に?「Clove」の「Xperia 1」の入荷時期が変更されている。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、有名なリーカーであるZackbuks氏が、4色ある「Xperia 1」の「本体カラー」に関して、最も「グレー」の質感が高いと絶賛しており、さらに早ければ、「今月末」に会うことができるとしていることからも、早ければ「中国」では「4月下旬」より発売を開始すると考えることができる一方で、大方の地域では「Xperia 1」の発売は、「日本市場」の発売時期である「5月下旬」に合わせて発売を開始する可能性が高いとしています。

詳細は「最も人気があるのは「グレー」に。「Xperia 1」の発売はやはり「4月中」に。」と「価格次第では購入すべきではない?「Xperia 1」の発売は日本市場に合わせて「5月下旬」より発売開始に。」をご参照下さい。

一方で「Xperia 1」は、その「カメラソフト」において、まだ「開発段階」かつ「デバック」状態にあるとされており、先日公開された「画像」や「動画」において、「ノイズ」がひどいこと。そして「歪み」がひどいことが判明しており、また当初の予定を「夏」としていることからも、「製造上」の問題からも、「発売時期」を前倒しにすることは非常に困難であるとしています。

詳細は「やはり「4月下旬」の発売は絶望的かも。「Xperia 1」の「カメラ」はまだ開発段階に。」と「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」の「表示解像度」は常に「4K」ではない可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



常に「4K」ではない。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

其实 Xperia 1 屏幕硬件分辨率是 3840×1644,在应用中一般都是 2560×1097 来渲染输出(但截图还是 3840×1644),而当显示应用内视频和图片的时候,全屏还是会以 4K 渲染。前几代产品中都是类似做法,所以即便是用上了 4K 分辨率,耗电量也不会显著增加。

さて今回の投稿によると「Xperia 1」の「表示解像度」は「3840×1644」もしくは「2560×1097」で表示し、「4K」に対応している「ビデオ」や「写真」などは「4K」でレンダリングする仕様になっているとしています。このことからも、「Xperia XZ2 premium」などのように、常に「4K」の「表示解像度」で表示するためではないため、消費電力効率が極端に悪くはないとしています。

ちなみに先日の情報からも、「Xperia 1」の「公式サポートフォーラム」において、「Xperia 1」は常に「4K」の「表示解像度」で表示されていることが判明したと投稿されています。詳細は「電池持ちは過去最低かもしれないが。歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は常に「4K」表示の可能性。」をご参照下さい。つまりこの投稿を真っ向から否定したことになります。

ちなみに前回の情報の時に投稿されていた内容は以下のようになります。

So unlike old premium models which display most contents in FHD (again, like home screen, browser etc),  Xperia 1 display them in 4K all the time.

少なくとも「FHD」で表示されることはなく、常に「4K」で表示されることを確認しているとしています。正直実際にどっちが正しいのでしょうかね。少なくとも同氏も明言しているわけではありませんが、「Xperia 1」のテスト機を入手している感じがしますよね。

一方で同氏は以下のような投稿もしています。

Q1,是全时4K,应用程序界面根据 DPI 做最合理的缩放显示,图像视频则是撑满屏幕4K渲染;Q2,NETFLIX 和 YouTube 都对 Xperia 4K 屏幕手机做了对应优化,可以直接选择 4K 分辨率。

「Xperia 1」は「画像」や「動画」を「フルスクリーン」で「4K」表示するために基づいた「DPI」によって、「フルタイム4Kアプリケーションプログラムインターフェイス」を採用しているとしています。ちょっと知識不足で申し訳ないのですが、単純に言葉の意味からしても、「4K」で常に「表示」することが可能であると判断することもできますよね。

少なくとも今回の2つの投稿を確認する限りだと、「Xperia 1」は常に「4K」ではなく、「写真」や「動画」などは強制的に「4K」になる一方で、そのほかのアプリなどにおいては、「4K」もしくは「FHD」の表示解像度を選択することが可能になっていると考えることができます。だとすれば、ユーザーの設定次第では、「電池持ち」が良くも悪くもなりますよね。

ちなみに今回の投稿によると「Xperia 1」は「YouTube」や「Netflix」において、「4K」の「表示解像度」を選択することが可能になるとしています。特に「Netflix」に関しては、「アスペクト比21:9」に対応したコンテンツを多く配信するとしていることからも、「Xperia 1」に対応させるべく「4K」のコンテンツにも力を入れると判断することができます。

今回の投稿からも、「Xperia 1」は「FHD」もしくは「4K」の「表示解像度」に対応している可能性が高いと判断することができますが、何より、「Xperia XZ3」より「バッテリー」容量が小さいこと。そして、「ディスプレイサイズ」が大きいことからも、「電池持ち」に関しては、「Xperia XZ3」より悪いと判断することができます。

「Xperia 10」そして「Xperia 10 Plus」とすでに「バッテリーテスト」の結果が公開されていますが、「最悪」に近い状態となっている中で、本当「Xperia 1」の「電池持ち」は心配です。「カメラ」に不安を。そして「電池持ち」に不安と。ちょっと前途多難に感じる「Xperia 1」ですが、まずは大手サイトのレビュー記事が公開されるのを楽しみに待ちましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧