「6.2インチ」「6.4インチ」「6.7インチと3つのディスプレイサイズに。「Galaxy Note10」は複数は最低でも4つのモデルが登場に。

先日の情報からも、今年の後半に登場すると予測されている「Galaxy Note10」ですが、少なくとも「5000mAh」の「大型バッテリー」に「6.7インチ」の「4K OLED」を採用し、さらに「Galaxy S」シリーズと「Galaxy Note」シリーズを通して、初の「イヤホンジャック」が廃止になる機種になると予測されており、さらに「カメラ」に関しては、「Galaxy S10 5G」と同じく、「クアッドレンズカメラ」を採用する可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Galaxy Note」の集大成。「Galaxy Note10」のスペックをまとめてみた。」をご参照ください。一方で「デザイン」に関しては、判然としない状況にあり、「Galaxy S10」シリーズと同じく「infinity O」ディスプレイを搭載する可能性が高いとの予測もあれば、公開されている「特許」からも、「Galaxy Note10」の「インカメラ」は「S-Pen」に搭載される可能性が高いと予測されており、「インカメラ」を搭載しないことによって、「本体」はついに「フルスクリーンデザイン」を採用する可能性があるとの予測もあります。詳細は「「Galaxy S10」は序の口に過ぎなかった。「Galaxy Note10」は大幅なフルモデルチェンジになるかも。」をご参照下さい。

また先日の情報からも、「Edgeスタイル」をのぞいて、「Galaxy Note10」は「Galaxy Note」シリーズとして初めて「2モデル」展開になる可能性が高いと予測されており、少なくともその名称は「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」になる可能性が高いと予測されています。

従来のリーク情報は「Galaxy Note10+」のものである可能性が高く、一方で「Galaxy Note10e」に関しては、あまり情報がなく、少なくとも小型モデルが人気な「ヨーロッパ」地域での販売を強く意識した機種になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Note」シリーズ初の「2モデル」展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy S10 5G」と同様の「カメラ」を搭載に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Galaxy Note10」は合計で「4モデル」になると予測しており、その中でも3モデルに関しては「ディスプレイサイズ」が異なる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



4つの「Galaxy Note10」が登場に。

さて今回の情報によると、「韓国」の情報からとして、「Samsung」は次期「Galaxy Note 10」では合計4つのモデルを展開する可能性が高いとしています。少なくとも「Samsung」は「5G」への対応しないという選択肢をとるはずがないことからも、先日の情報で明らかになった「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」にそれぞれ、「4G」と「5G」に対応したモデルが存在する可能性が高いと予測しています。

さらに「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」の「4G」モデルか「5G」モデルか判然としませんが、「新しい技術」を搭載する可能性が高いとしています。少なくとも「新しい技術」を搭載するとすれば、上位モデル扱いになる「5G」モデルに採用される可能性が高いと判断することができます。さらに今回の情報では今回明らかになった4つのモデルについてさらに言及しています。

The first thing mentioned in the report is that the two LTE-only Galaxy Note 10 models will boast 6.28-inch and 6.75-inch displays. They are not mentioned by names, but they might as well refer to them as Note 10e and Note 10+. These “cheaper” Galaxy Note 10 smartphones will have triple and quad camera setups, but there are no details about the battery.

まず最初に「6.28インチ」と「6.75インチ」のディスプレイが搭載している可能性が高いとしています。その名称は判然としませんが、「4G」に対応している機種であり、おそらく先日の情報にあった「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」になる可能性が高いとしています。

また共通して「4G」に対応していることからも、本体価格は控えめで、「トリプルレンズカメラ」と「クアッドレンズカメラ」を搭載しているとしています。単純に考えれば、「Galaxy Note10e」が「トリプルレンズカメラ」を搭載し、「Galaxy Note10+」が「クアッドレンズカメラ」を搭載するとしています。ただ「バッテリー」に関する詳細な情報がないとしています。

A third Galaxy Note 10 model will feature 5G support and the specifications of the display and the rear camera “are almost the same as those of the LTE model,” sources familiar with Samsung’s plan claim.

そして3つ目のモデルは、「5G」に対応しており、「ディスプレイ」と「メインカメラ」に関しては、「4G」モデルと同じだとしています。

The fourth Galaxy Note 10 variant that isn’t mentioned in the report could be the smaller Note 10e that popped up early this month, which is rumored to sport a 6.4-inch display. Apparently, all Note 10 models will include larger than 6-inch displays and the Note 10e should be the smaller of them all.

そして4つ目のモデルに関しては、今回の韓国の情報では言及していないが、「6.4インチ」の「ディスプレイ」を搭載している可能性が高い「Galaxy Note10e」だとしています。今回の情報を考慮すると、「Galaxy Note10+」に関しては、「4G」「5G」関係なく、「ディスプレイサイズ」が同じで、「クアッドレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと判断することができます。

一方で「Galaxy Note10e」に関しては、その本体サイズの問題からなのか、「4G」モデルと「5G」モデルでは少なくとも「ディスプレイサイズ」が異なると考えると整合性がつきます。まさに「Galaxy S10+」と「Galaxy S10 5G」と同じような関係ですよね。

実際に今回の情報にどれだけ信憑性があるか判然としませんが、少なくとも「Galaxy Note10」に関しても、「地域」によって発売されるモデルが大きく異なりそうですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG