「歪み」は初期仕様に。「Xperia 1」の「カメラ」には「歪み補正機能」があるけど「画質」が落ちるみたい。

先日の情報からも、今年発表された新型「Xperia 1」には従来異なり、「Samsung」製の「カメラセンサー」が多数採用されていることが判明しており、「Xperia 1」「Xperia 10」そして「Xperia L3」に関しては、「3つ」ずつ搭載していることが判明しており、「Xperia 10 Plus」に関しては「2つ」搭載していることからも、「Xperia 10」と「Xperia L3」に関しては、「SONY」製の「カメラセンサー」を全く採用していないことが判明しています。詳細は「皮肉なのかな。「Xperia 1」も「Xperia 10 Plus」も「Samsung製」のカメラセンサーを採用して画質が大幅に向上に。」をご参照下さい。

ただ、「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した効果が大きいのか、少なくとも「Xperia 10 Plus」に関しては、従来の「Xperia」の欠点の一つでもあった「ノイズ」や「歪み」を確認することができず。むしろ「画質」がかなりにも向上していることが判明しており、皮肉にも「SONY製」の「カメラセンサー」より、より綺麗な写真を撮影することが可能になっています。詳細は「「カメラ」は良質。「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の値下げが止まらない。早くも「20%」近く割引に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Xperia 1」や「Xperia 10」シリーズが「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用しているのはあくまでも「一時的」であると予測されており、次期「Xperia」からは「SONY」製の「カメラセンサー」を採用する可能性が高く、さらに「Xperia 1」には「4つ」搭載されている「カメラセンサー」に「SONY」製を採用した上位モデルが存在している可能性が高いと予測されています。詳細は「「下位」モデルだけじゃない。「Xperia 1」には「SONY製」の「カメラ」を全てに搭載した「上位」モデルが存在かも」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるRedditにおいて、「Xperia 1」で撮影された「動画」や「写真」が投稿されており、「Xperia 1」の「歪み」補正機能は標準であるとしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「歪み」は標準機能に。

先日の情報からも、「SONY」の「Xperia 1」の「公式サポートフォーラム」において、「Xperia 1」で撮影された画像が多数投稿されていることが判明していますが、やはり低照度になると、「ノイズ」がひどいこと。そしてその条件が判然としませんが、「Xperia XZ premium」の時に、大きな話題となった「歪み」が改善されていないことが判明しています。詳細は「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」をご参照下さい。

その上で、今回投稿されていた動画は以下のようになります。

「動画」を直接貼ることができないので、「画像」をクリックすると、元のサイトに飛べるようにしてあるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。また今回の「動画」は以下のような注意書きが記載されています。

这回的xperia 1由于是工程机所以并不代表正式版的最终体验,仅提供一些参考 而且由于体验时间比较早比较短,所以很多信息不够全面只能给大家带来一些简单的体验分享,但是我可以保证,在你看的早期视频里我肯定是最详细的,详细视频里我绝对是最早的。

少なくとも、動画で使用されている「Xperia 1」は最終確定版ではなく、「デバック」用の「エンジニアリングマシン」となっていること。そして、比較的短い時間の使用に基づいたレビューになるとしています。つまり「最終製品版」では、より完成度が高くなっていると判断することができます。ただ今回の動画で最も気になったのは、「画質」などではなく、「歪み」です。

少なくとも「Xperia XZ premium」や「Xperia XZ1 」などは、「Android8.0」を実装することにより、「歪み補正」が追加されましたが、「Xperia 1」に関しても「歪み補正」が標準搭載されていること。また標準搭載されているだけでもマシなのかもしれませんが、問題なのは、「Xperia XZ premium」などと同様に、「歪み補正」機能をオンにすると、撮影する「写真」の「画質」が起きること。

つまり「画質」を優先した場合は、条件が重なってしまった場合は「歪み」が発生すると考えることができます。正直「最終確定版」ではないとはいえ、「歪み」の原因は「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用しているにも関わらず、解決できていないということは「カメラソフト」に問題があると判断することができます。

先日の情報からも、確かに「Xperia 1」の発売時期が遅い理由の一つとして、「カメラソフト」の最終調整に手間取っているからだとされており、実際に「開発段階」である可能性が高いと予測されています。詳細は「やはり「4月下旬」の発売は絶望的かも。「Xperia 1」の「カメラ」はまだ開発段階に。」をご参照ください。

とはいえ、「Xperia 1」は万人受けするような機種としては開発しておらず、「カメラ」と「ディスプレイ」に関しては、絶対的な自信を持っており、「カメラ」と「ディスプレイ」を気にってくれるユーザーが購入してくれれば十分だとしています。詳細は「本当に好きな人は勝手に買ってくれる。「Xperia 1」は「ディスプレイ」と「カメラ」だけ好きになってくれれば十分。」をご参照ください。

それにしてはちょっとお粗末に感じてしまいますよね。それか「Xperia 1」に唯一搭載されている「SONY製」の「カメラセンサー」が「歪み」の原因になっているのでしょうか。「SONY」の「カメラセンサー」含めて、「カメラ」自体は、「グローバル市場」でもかなり好評ですが、「スマホ」用に関して、特に「Xperia」に関しては、本当評価が低いですよね。

先日の情報からも、「カメラ」の有名な評価サイトである「DxoMark」において、今更ながら「Xperia XZ3」のレビューが公開されましたが、正直散々な結果になっています。詳細は「「Xperia」が売れない理由が判明?「Xperia XZ3」の「カメラ」の評価は4年前の「iPhone 6」と同等の評価に。」をご参照下さい。特に、「ノイズ」がひどいこと。明るい条件下でないと「HDR」が有効化できないこと。そして「低照度」になると全くダメとボロボロな評価となっています。

「Xperia 1」に関しても「トリプルレンズカメラ」を搭載しているとはいえ、「シングルレンズカメラ」を「3つ」搭載しているようなイメージとなっており、その一つ一つの「カメラセンサー」の調整はあまりうまくいってないのかもしれませんね。だとすれば、「Xperia 1」はその「4K OLED HDR」の「ディスプレイ」によほどの魅力を感じない限り、初期購入はちょっと様子見をしたほうがよさそうですよね。今後の動向に要注目です。



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG