情報が一転。「Xperia 1」は夏の発売を予定しているため発売日の前倒しを製造の問題から極めて困難に。

  1. Xperia

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも、「イギリス」の大手サイトである「Clove」において、「Xperia 1」の予約がすでに開始していることが判明しており、さらに「入荷時期」を「5月下旬」と案内していることが判明していることからも、「Xperia 1」や「ヨーロッパ」において「5月下旬」より発売を開始する可能性が高いと予測されていました。詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」をご参照下さい。

一方で、一部情報によると、「SONY」は「Xperia 1」の発売時期をかなり前倒しする可能性が高く、「1ヶ月」前倒しする可能性が高いと予測されていたことからも、「4月下旬」に発売を開始する可能性が高いと考えることができましたが、すでに「予約」を開始していた「Clove」においては、「Xperia 1」の予約を中止しており、さらに「入荷時期」に関しても「確認中」に変更するなど、何かしらのスケジュール変更があったと予測されています。詳細は「今年のSONYはめっちゃ頑張っている。予定より大幅に前倒しで「Xperia 1」は「4月下旬」に発売開始かも。」と「発売が「前倒し」に?それとも「延期」に?「Clove」の「Xperia 1」の入荷時期が変更されている。」をご参照下さい。

「SONY」の当初の案内では「初夏」以降と案内していることからも、「5月」以降に発売を開始する可能性が高いと予測されている中、先日の情報からも、「SONY」は「中国」において「5月12日」の週に「Xperia 1」を発売する可能性が高いと予測されており、さらに、「6.0インチ」の「ディスプレイ」を搭載した「Xperia 1」の派生モデルである「Xperia 1s」を「5月下旬」に合わせて発売する可能性が高いと予測されています。詳細は「「5月12日」より発売開始に。SONYは「Xperia 1」と「Xperia 1s」を同時期に発売開始に。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」の発売を予定より前倒しすることは「製造」の問題から困難だと投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



発売日の前倒しは困難に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Xperia 1 本身就计划是夏季上市啊,开发进度也是按照夏季上市来做,并不是约定了发售日期然后难产。

さて今回の投稿によると、「Xperia 1」自体は「夏」に発売が予定されており、開発の進捗も「夏」の基づいているとしています。そのために「発売日」に関してはまだ決定していないため、製造が困難な状態にあるとしています。つまり、「夏」を照準に合わせているため、「夏」より前に発売を開始することは、「製造上」の問題からも、不可能に近いと考えることができます。

確かに、先日の情報からも「YouTube」で公開されている「Xperia 1」の「カメラ」や「動画」などの比較画像が「フェイク」である可能性が高く、実際には「カメラ」ソフトはまだ「開発段階」にすぎず「デバック」状態にあるとしています。詳細は「やはり「4月下旬」の発売は絶望的かも。「Xperia 1」の「カメラ」はまだ開発段階に。」をご参照下さい。

ただここで問題となってくるのは、SONYは具体的な発売時期に言及しておらず、あくまでも「初夏」としていますが、SONYは何月に発売すること予定して開発を進めているのかということになります。

同氏は、先日の投稿からも、「Xperia 1」には本体カラーが「4色」あるうち、確かに久しぶりの復活となる「パープル」に懐かしさを覚えるとしながらも、「グレー」の「質感」が最も優れているとしています。そしてこの「グレー」に早ければ、今月中に会うことができるとしています。つまり「4月下旬」に発売を開始することを示唆していると判断することができます。詳細は「最も人気があるのは「グレー」に。「Xperia 1」の発売はやはり「4月中」に。」をご参照下さい。

同氏の投稿に矛盾が生じないように考えれば、もともとの予定は「5月」上旬を予定していると考えることができます。だとすれば、少し早まって「4月下旬」に発売を開始してもおかしくはないと判断することができます。一部情報においては、「3月下旬」の時点で「数週間」以内に発売を開始する可能性があること。そして大手サイトがまもなく「レビュー記事」を公開することからも、まもなく発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYはさらにスケジュールを前倒しに?「Xperia 1」は数週間以内に発売を開始するかも。」と「やはり「Xperia 1」はまもなく発売開始に?「Xperia 1」のレビューが近日中に公開されるかも。」をご参照下さい。

今回の情報を踏まえて考えると、つまり「4月中旬」に発売を開始する可能性は低く、あくまでも、「4月下旬」から「5月中旬」にかけて発売をするのが最も妥当だと判断することができます。ちなみに「初夏」という言葉を調べると以下のようになります。

初夏も旧暦の四月から一ヶ月ほどずれて五月となります。 加えて、春夏秋冬よりもさらに季節の節目を知る上で設けられた二十四節気で見ると、初夏とは「立夏」から「芒種」まで時期としていたことから、5月上旬から6月上旬までを初夏と呼ぶようです。

つまり冒頭でも記述しましたが、「初夏」以降となっているので、早くて「5月上旬」以降で、最も遅くで「6月上旬」以降に発売を開始すると判断することができます。「Xperia 10」や「Xperia L3」など「ミドルレンジモデル」に関しては、「ヨーロッパ」地域で先行して発売を開始しましたが、「Xperia 1」に関しては事前情報を考慮すると、「中国」など「アジア圏」を中心に発売を開始する可能性が高いと判断することができます。

「ファン」の一人としては、少しでも早く発売を開始してほしいところですが、先日リークした「Xperia 1」で撮影された「画像」を確認する限り「歪み」が発生していることを確認することができます。詳細は「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」をご参照下さい。カメラソフトが開発段階だからこその完成度なのかもしれませんが、どちらにせよ、「正式発表」から「発売」まで時間が空くことを考えれば、少しでも完成度が高い状態で発売されてほしいところです。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「Xperia XZ4」から「Xperia XA3 Ultr…

2018年の第2四半期には、販売台数が「200万台」と過去10年でも過去最低クラスの売り上げ実績を記録した「Xperia」ですが、第三四半期においても「160万台」と、少…