「Note」シリーズ初の「2モデル」展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy S10 5G」と同様の「カメラ」を搭載に。

日本国内でも発売が確実視されている「Galaxy S10」シリーズですが、先日の認証情報からも、「DoCoMo」と「au」において、それぞれ「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の認証が通過していることが判明しています。つまり、「Galaxy S10e」は「認証」を通過していないことからも、「日本国内」で発売される可能性は低く、さらに「SoftBank」に関しては、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の両方でさえ扱わない可能性が高いと判断することができます。

一方で、「Galaxy S10」シリーズの中で、唯一「5G」に対応し、さらに発売が「1ヶ月」ずれこんだ「Galaxy S10 5G」ですが、いよいよ「韓国」で発売を開始しており、さらに「グローバル」モデルとは異なり、「ゴールド」と「ブラック」が存在していること。そして「本体サイズ」も僅かに異なり、さらに「ROM512GB」モデルが存在していることが判明しています。

一方で、「Galaxy S10 5G」が発売を開始したばかりですが、話題は今年の後半に登場すると予測されている「Galaxy」シリーズの中では「プレミアム」モデル扱いになる「Galaxy Note」の最新機種である「Galaxy Note10」ですが、先日の情報からも、「6.7インチ」の「大型ディスプレイ」に、さらに「Galaxy」シリーズとしては初となる「4K OLED」を採用し、さらに「クアッドレンズカメラ」を搭載する可能性が高いと予測されています。

さて今回Phone Arenaによると、今年の後半に登場する「Galaxy Note10」は初の「2モデル」展開になるとしており、さらに「カメラ」は「Galaxy S10 5G」と同等である可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



初の「2モデル」展開に。

昨年発表された「Galaxy Note9」に関しては、「8月上旬」に正式発表され、「8月下旬」より発売を開始しましたが、今回の情報によると、まず「Galaxy Note10」は「8月中」に正式発表され、発売は「9月」になる可能性があると予測しています。昨年においては「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」の販売不調を補うために、「Galaxy Note9」の発売を前倒しにしたとされています。

一方で、今年に限っては、「Galaxy S10e」「Galaxy S10」そして「Galaxy S10+」は大ヒットとなっており、各地で事前予約において最高記録を樹立しており、さらに先日の情報では、「Galaxy S7」シリーズで記録した、年間での最高記録を、「Galaxy S10」シリーズは塗り替える可能性があると予測されています。

このことからも、昨年のように「Galaxy Note」を前倒しして発売する必要性はなく、例年と同じく「9月」に発売を開始するというのは妥当ですよね。また今回の情報によると、「Galaxy Note10」は「Edgeスタイル」を除いて、初の「2モデル」展開になる可能性が高いとしており、「6.4インチ」の「Galaxy Note10e」と「6.75インチ」の「Galaxy Note10+」が登場する可能性があると予測されています。

特に「Galaxy Note10e」の詳細なスペックは判然としない状況にありますが、少なくとも、もともと小型モデルが人気で、かつ「Galaxy S10e」もかなりの人気を獲得している「ヨーロッパ」市場を中心に発売する可能性が高いと予測されています。

一方で、冒頭でも記述しましたが、もともとリークしていた「Galaxy Note10」のスペックに関しては、「Galaxy Note10+」のスペックだと判断することができます。ただ「Galaxy S10e」と「Galaxy S10+」のような区別になるのか、それとも「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」のような区別になるのかで、「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10+」の「スペック」は大きく変わると判断することができます。

また「韓国」からの情報として、「Galaxy Note10」に搭載される「カメラ」は「Galaxy S10」シリーズと同じくなる可能性が高いとしています。少なくとも「Galaxy Note10」は「クアッドレンズカメラ」を搭載すると予測されていることからも、「TOFセンサー」+「トリプルレンズカメラ」の「Galaxy S10 5G」と同じ「カメラ」になる可能性が高いと判断することができます。

つまり「カメラ」に関しては、「Galaxy S10 5G」で「huawei P30 Pro」に追いつくことができなかったとすれば、「Galaxy Note10」でも追いつくことはかなり厳しいと判断することができます。まずは「カメラ」の有名な評価サイトである「DxOMark」が「Galaxy S10 5G」をどのような評価をするのか非常に楽しみですよね。

また今回の情報によると、「Galaxy Note10」は「6.7インチ」の「有機ELディスプレイ」や「クアッドレンズカメラ」を搭載しているのに加え、「RAM12GB/ROM1TB」に対応している可能性が高いとしています。つまり簡単に言ってしまえば、「Galaxy S10 5G」のさらに「強化版」になると判断することができます。一部情報では「Galaxy S10 5G」は「5000mAh」のバッテリーを搭載すると予測されていましたが、実際には「4500mAh」になったことを考えると、「Galaxy Note10」で「5000mAh」のバッテリーを搭載すると考えることができます。

また「Galaxy Note10」の「コードネーム」からも、「5G」対応モデルと「4G」対応モデルの2種類が存在していることが判明しており、「Galaxy S10 5G」のように特別扱いになるのか、それとも「4G」モデルと「5G」モデルでそこまでスペックに差がないのかは判然としない状況にあります。

今年の「Samsung」は「上期」だけで「Galaxy Fold」を含めて「5機種」。そして今回の情報が正しければ、「Galaxy Note10」シリーズで「2機種」発表することになり、かなり「ハイエンドモデル」に力を入れていると判断することができます。「Huawei」が怒涛の勢いで迫ってきている中、Samsungが「1位」を守り抜くことができるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!