「Galaxy S10+」の不満を解消するために。「Galaxy S10 5G」を「eBay」で購入した理由をまとめてみた。

「3月8日」から多くの地域で発売を開始した「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の「3機種」ですが、事前情報において、「Galaxy S10+」に圧倒的な人気が集中しており、次いで「Galaxy S10」そして「Galaxy S10e」の順に人気があることが判明しています。

同じ「Galaxy S10」シリーズの中でも、「Galaxy S10e」の立ち位置はちょっと異なりますが、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に関しては、圧倒的に「Galaxy S10+」がオススメの理由を簡単にまとめたので、「「Galaxy S10」の購入を考えているあなたへ。購入するなら「Galaxy S10+」のほうがいいかも。」をご参照下さい。

自分自身も「Galaxy S10+」の最上位モデルである「Ceramic White」を「Etoren」で購入し、その良さを発見するためにも、「Galaxy Note9」とあえて2台持ちをして使っています。詳細は「[レビュー]「Etoren」で購入した「Galaxy S10+」の「Ceramic White」が届いたので開封してみた。」と「[レビュー]似たり寄ったり?半年でどこまで進化したか「Galaxy Note9」と「Galaxy S10+」を比較してみた。」をご参照下さい。

機種自体の完成度はかなり高いと判断することができる「Galaxy S10+」ですが、もちろん完璧ということはなく、「Galaxy Note9」と比較して、物足りなさを感じる面もあり、さらに単体で使っても物足りなさを感じる面もあります。詳細は「[レビュー]数日使ってみて。「Galaxy S10+」より「Galaxy Note9」のほうがいいと思ってしまったことをまとめてみた。」と「キャリアモデルなら解消されるかも。「Galaxy S10+」を2週間使ってみて良かったこと・不満に思うこと。」をご参照下さい。

さて今回「4月5日」より「韓国」で発売を開始する予定の「Galaxy S10 5G」ですが、「Galaxy S10+」を所持している上で、あえて「Galaxy S10 5G」を購入した理由を簡単にまとめたいと思います。



「Galaxy S10 5G」を購入した。

先日の情報からも「韓国」国内においては、「4月5日」より「発売」を開始する「Galaxy S10 5G」ですが、「グローバルモデル」と異なり、「本体カラー」が「3色」展開であること。そして、「ROM256GB」だけではなく、「ROM512GB」モデルも存在していることが判明しており、さらに「本体価格」に関しても判明しています。詳細は「「Galaxy S10 5G」は「4月5日」より発売開始に。ただ「SIMフリー」モデルを入手するのは当面難しいかも。」と「「512GB」に「ゴールド」モデルの存在も。「Galaxy S10 5G」の「キャリアモデル」は非常に魅力的。」をご参照下さい。

一方で「アメリカ」においては、「4月16日」よりキャリアモデル限定で発売を開始することが判明しており、少なくとも「SIMフリー」モデルを入手をするのは絶望的かと思いきや、先日「eBay」において、「Galaxy S10 5G」のSIMフリーモデルが販売されていたので、即購入しました。詳細は「「Galaxy S10 5G」の価格が判明に。さらに「SIMフリーモデル」も「eBay」で販売されていたので購入してみた。」をご参照下さい。

その上で、まず「Galaxy S10+」では不満に感じ、「Galaxy S10 5G」で期待できることの一つとして、「電池持ち」です。少なくとも「Galaxy S10 5G」以外の「Galaxy S10」シリーズのバッテリーテストの結果が公開されていますが、正直「Galaxy S10+」に関しては、「バッテリーテスト」ほど「電池持ち」がいいと感じません。ちょっと使うだけで、かなり電池を消費します。

何より手元に「Galaxy Note9」があるから余計にそう感じるのかもしれません。確かに「Galaxy Note9」のほうが「バッテリーテスト」の結果もいいのですが、それ以上に「電池持ち」に差を感じます。「Galaxy S10+」の「電池持ち」が悪い要因の一つとして、「Exynos9820」を搭載していることが原因だと考えることができます。少なくとも「snapdragon855」を搭載しているモデルのほうが「電池持ち」が圧倒的にいいことが判明しています。

だとすれば、「snapdragon855」搭載モデルに乗り換えたほうがいいのではと思うかもしれませんが、流石に「電池持ち」を改善させるために、同じような機種を2台購入する必要性はないと思います。だとすれば、特に「グローバル市場」でも希少性が高い「Galaxy S10 5G」のほうが有力な選択肢になります。「Galaxy S10 5G」のほうが、「0.3インチ」ディスプレイが大きいです。

でも「表示解像度」は同じで、さらに「バッテリー」容量が「400mAh」大きいです。だとすれば、「電池持ち」が改善する可能性が高いと判断することができます。一方で、肝心な「SoC」に関しては、おそらく日本国内で入手が比較的容易な「韓国」そして「アメリカ」で発売される「Galaxy S10 5G」は「Exynos9820」を搭載している可能性が高いです。だとすれば、単純により大型「バッテリー」を搭載しているほうが、「電池持ち」が良くなると判断することができます。

そして次に、「カメラ」です。とはいえ、「Galaxy S10+」の「カメラ」に個人的には全く不満がありません。また先日の情報からも「Huawei P30 Pro」が「DxOMark」において世界最高の評価を獲得していることが判明しています。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」が大きく見劣るような。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のスペックと価格をまとめてみた。」をご参照下さい。

まさに「1年」の差を「Huawei」に付けられている「Galaxy」ですが、「Galaxy S10 5G」に関しては、「トリプルレンズカメラ」に加え、「TOFセンサー」を搭載しています。たかが「TOFセンサー」かもしれませんが、されど「TOFセンサー」です。「Galaxy S10 5G」の「カメラ」は「Galaxy S10+」より強化されている可能性が高いので、「Galaxy S10 5G」の「カメラ」が「Huawei P30 Pro」に追いつくことができるのか、そして「Galaxy S10+」の「カメラ」とどう異なるのか。期待を込めて購入しました。

そして最後に、「ディスプレイサイズ」です。正直「Galaxy S10+」でも十分に「持ちやすい」です。だとすれば、「Galaxy S10 5G」に関しても、上記の画像からも、そこまで大きさが変わることがないことからも、支障なく使うことができると判断することができます。だとすれば少しでも大きいディスプレイを搭載しているほうが使いやすいですよね。それこそ、「6.7インチ」になってくると、少しずつ「Huawei Mate20 X」に迫ってきていますよもんね。

単調な理由かもしれませんが、「Galaxy S10+」を所持している上で、「Galaxy S10 5G」を購入した理由は、「電池持ち」「ディスプレイ」「カメラ」です。逆に言えば、それだけ「Galaxy S10+」の満足度が高いからこそ、ほぼ同じである「Galaxy S10 5G」に乗り換えたいと思ってしまうんだと思います。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG