2019年に発表される新型「Xperia」は全部で5機種?IFA2019で発表される「Xperia 1s」が残り唯一の存在かも。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも、「Xperia 1」は「6月」に発売を開始する可能性が高いと予測されている中、「イギリス」の大手サイト「Clove」において、一時期「Xperia 1」の予約を開始しており、さらに「入荷時期」は「5月下旬」になると案内していたことが判明していますが、一方で、直近の同サイトにおいては、「予約」の受付が終了しており、さらに「入荷時期」に関しても「確認中」に変更されていることからも、何かしらのスケジュール変更があったと判断することができます。

詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」と「発売が「前倒し」に?それとも「延期」に?「Clove」の「Xperia 1」の入荷時期が変更されている。」をご参照下さい。

一方で「日本国内」に関しては、「Xperia 1」の「カスタマイズモデル」が発表される可能性が高いと予測されており、「au」に関しては「液晶」を搭載したモデルが。そして「DoCoMo」と「au」で共通して、「グローバルモデル」と異なり、「ROM128GB」ではなく、「ROM64GB」である可能性が高いと予測されています。詳細は「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」と「「上位」モデルは存在せずとも「劣化」モデルは存在に?日本で発売される「Xperia 1」は「ROM64GB」かも。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「DoCoMo」の今年の夏モデルのラインナップに関する情報もリークしており、「Xperia」に関しては、「2機種」登場すると予測されている中、「Xperia 1」はほぼ確実視されており、もう1機種に関しては、「Compact」モデルの立ち位置になると予測されている「Xperia 4」ではなく、「Xperia L3」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「2019年のDoCoMoの夏モデルが判明に?SONYからは「Xperia 1」と「Xperia L3」が発売かも。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、2019年に登場する新型「Xperia」は全部で「5機種」になる可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



全部5機種が登場に?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

So far we have 3 phones, also rumors about X2 and maybe 5g phone. It’s 5 phones a year. If they can’t deliver that they should close with their dignity intact.

さて今回の投稿を確認すると、「2019年」には「5つ」の「Xperia」が登場する可能性が高い。一方ですでに「3台」の機種を入手することが可能になっている。そして、「IFA2019」で発表されると予測されている機種には「Xperia 2」や「5G」に対応した「Xperia」が存在している可能性が高いとしています。ちなみに、この入手可能な「3機種」とは「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」「Xperia L3」だと判断することができます。

一方で、「Xperia 1」が先日の情報からも「5月下旬」に発売を開始、もしくは「4月中」に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「SONYはさらにスケジュールを前倒しに?「Xperia 1」は数週間以内に発売を開始するかも。」をご参照下さい。

「Xperia 1」に関してはすでに発表されている機種なので、「4機種目」としてカウントすることができます。だとすると、今年発表される機種は残り「1機種」になります。そしてこの「1機種」が問題になります。ちなみに現時点でその存在が予測されている機種は「4機種」あり、「Xperia 10 Ultra」「Xperia 4」「Xperia 2」そして「Xperia 1s」になります。

まず「Xperia 10 Ultra」に関しては、「Xperia 10」シリーズの派生モデルとして発表されると予測されており、「snapdragon710」を搭載し、「7.0インチ」の「ディスプレイ」を搭載していると予測されていますが、それ以外に具体的な情報はなく、もちろん「発表時期」や「発売時期」に関する情報もありません。詳細は「「Xperia Z Ultra」を超える存在に?「7.0インチ」の「Xperia 10 Ultra」が存在しているかも。」をご参照下さい。

次に「Compact」モデルの立ち位置になる可能性が高いと予測されている「Xperia 4」ですが、直近の情報では「5.7インチ」のディスプレイに「デュアルレンズカメラ」を搭載し、さらに「snapdragon710」を採用した上で、「5月中」に「日本市場限定」モデルとして発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「期待」と「噂」が半分ずつ。「Compact」モデル「Xperia 4」は「DoCoMo」専売として「5月」に正式発表に?」と「DoCoMoが新料金プランへの移行に伴いラインナップも大きく見直しへ。「Xperia 4」はもはや「Compact」ではない。」をご参照下さい。

そして判然としないのが「Xperia 2」と「Xperia 1s」です。ちなみにどちらの機種も「トリプルレンズカメラ」や「RAM6GB/ROM128GB」と共通の仕様が多いですが、「ディスプレイサイズ」に関して、「Xperia 1s」は「6.0インチ」で「Xperia 2」に関しては「6.2インチ」と異なります。詳細は「今年最後の「snapdragon855」搭載モデル。「Xperia 2」の詳細なスペックがリークに。」と「「Xperia 1」を超える機種は「2020年」に持ち越しへ。IFA2019では、「Xperia 1」の劣化モデル「Xperia 1s」が発表に。」をご参照下さい。

問題なのが「Xperia 2」と「Xperia 1s」が同じ機種のことを指しているのか、それとも別々の機種として存在しているのか判然としません。ただ情報源として考えれば、「Xperia 1s」に関しては有名なリーカーであるZackbuks氏が。「Xperia 2」に関しては、「Xperia 4」と同じ人物によるもので、「Xperia 4」の情報がころころ変わっていることを考えると、「Xperia 1s」のほうが信憑性が高いと判断することができます。

今回の情報通り、あと1機種のみしか発表されないんだとすれば、「Xperia 1s」が有力だと判断することができます。「Xperia 2」の情報がデマである可能性が高い以上、「Xperia 4」もデマである可能性が高いと判断することができます。そして年間の「フラッグシップモデル」が「1機種」とも考えにくいので「Xperia 10 Ultra」の可能性も低いので。でもだとすると、下期のラインナップはちょっとさみしくなりそうですね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!