僅か「3万円」で最高クラスのカメラを。「Etoren」で「Huawei P30 Lite」の発売が開始に。

先月末に開催された「Huawei」のイベントにおいて、「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」が正式に発表されましたが、「Huawei P30」も「Huawei P30 Pro」も共通した特徴として、大幅に強化された「カメラ」を搭載していることになります。特に「Huawei P30 Pro」に関しては、「Huawei Mate20 Pro」などと同じく最大「4000万画素」に対応しており、さらに「光学式5倍ズーム」「ハイブリット10倍ズーム」そして「デジタル50倍」ズームに対応しています。

また「ズーム」機能だけではなく、もともと低照度で定評のある「カメラ」がさらに強化されており、「ISO40万」に対応しており、「Huawei P20 Pro」の4倍にもあたる数字で、夜景はもちろん、今まで撮影することが困難だった、「星空」や「月」なども撮影することが可能となっており、「ズーム」機能と合わせることで、かなり効果を発揮することになります。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」が大きく見劣るような。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のスペックと価格をまとめてみた。」をご参照下さい。

発表会の時に判明しているように、「Huawei P30 Pro」は「カメラ」の有名な評価サイトであるDxOMarkにおいて、歴代最高の評価を獲得している一方で、その発売日は、「ヨーロッパ」圏で、「4月5日」より、さらに「香港」を拠点とした「Expansys」において、予約期間が「4月中旬」となっていることからも、「アジア圏」においては、「4月中旬」以降に発売する可能性が高いと判断することができます。詳細は「「Amber Sunrise」は地域限定かつ容量限定モデルかも。「Huawei P30 Pro」の予約状況をまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回、「香港」を拠点とした「Etoren」において、先日開催されたイベントでは発表されず、すでに中国で開催されたイベントにおいて「Huawei Nova 4e」として発表されていた「Huawei P30 Lite」の発売が開始していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Etoren」で発売開始。

さて上記の画像が、「Etoren」における「Huawei P30 Lite」の製品ページになります。ちなみに「Etoren」で扱っているのは、「Black」と「Blue」の2色となっており「価格」に関しては、「3万3800円」であることを確認することができます。また現時点でも「購入する」ことは可能ですが、出荷は「4月5日」となっていることを確認することができます。ちなみに「スペック」は以下のようになります。

ItemDetails
Display typeIPS LCD capacitive touchscreen, 16M colors
Display Size6.15 inches, 93.6 cm2 (~84.2% screen-to-body ratio)
Resolution1080 x 2312 pixels (~415 ppi density)
SIMHybrid Dual SIM (Nano-SIM, dual stand-by)
OSAndroid 9.0 (Pie), EMUI 9.0
ChipsetHisilicon Kirin 710 (12 nm)
Card slotmicroSD, up to 512 GB (uses SIM 2 slot)
Internal128 GB, 6 GB RAM
Camera Primary24 MP, f/1.8, (wide), PDAF + 8 MP, 13mm (ultrawide) + 2 MP, f/2.4, depth sensor
FeaturesLED flash, HDR, panorama
Video1080p@30fps (gyro-EIS)
Camera Secondary32 MP, f/2.0
SensorsFingerprint (rear-mounted), accelerometer, gyro, proximity, compass
Audio 3.5mm jackYes
WLANWi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac, dual-band, WiFi Direct, hotspot
Bluetooth4.2, A2DP, LE
NFCNo
Dimensions152.9 x 72.7 x 7.4 mm (6.02 x 2.86 x 0.29 in)
Weight159 g (5.61 oz)
BatteryNon-removable Li-Po 3340 mAh battery
2G bandsGSM 850 / 900 / 1800 / 1900 – SIM 1 & SIM 2 (dual-SIM model only)
3G bandsHSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
4G bandsLTE band 1(2100), 3(1800), 5(850), 7(2600), 8(900), 28(700), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)

少なくともスペック的には「Xperia 10」より高いと判断することができます。詳細は「日本市場でも大ヒットになる予感。「Xperia 10」と「Huawei P30 Lite」どちらがおすすめかまとめてみた。」をご参照下さい。そして気になるのは「対応バンド」でしょうか。国内の「キャリア」の対応バンドと合わせてまとめると以下のようになります。

Huawei P30 Lite対応バンド
DoCoMo1/3/28
au1/28/41
SoftBank1/3/8/28/41

「SoftBank」の電波に対してはすべて対応していることになります。やはり「SoftBank」の「電波」は非常に強いですね。「Huawei P30 Lite」に関しての情報は今のところありませんが、少なくとも「Huawei P30」に関しては「SIMフリーモデル」として。そして「huawei P30 Pro」に関してはキャリアモデルとして発売されることが高いと予測されています。詳細は「「Huawei P30」は「SIMフリー」として。「Huawei P30 Pro」は「DoCoMo」から「キャリアモデル」として発売かも。」をご参照下さい。

上記の画像は執筆時点における「価格コム」の人気ランキングになりますが、今でこそ、「Huawei P20 Lite」が「1位」ではありませんが、登場以降ずっと上位にランクインされています。このことを考えれば、日本国内でかなりの支持を獲得している機種の後継機種を日本国内で発売しないというのは正直ありえないと判断することができます。

「Huawei P20 Lite」と比較すれば、「1万円」程度高いですが、「カメラ」が強化された上での「トリプルレンズカメラ」にさらに「大型バッテリー」そして「水滴型」の「ノッチ」を採用しているなど、「ミドルレンジモデル」とは思えないスペックとなっています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG