「Galaxy S10」は序の口に過ぎなかった。「Galaxy Note10」は大幅なフルモデルチェンジになるかも。

日本では未だ正式発表されていない「Galaxy S10」シリーズですが、先日リークした「認証情報」からも「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に関しては、「au」と「DoCoMo」のモデルがそれぞれ認証を通過している一方で、日本での発売が期待されていた「Galaxy S10e」は日本で発売されない可能性が高いこと。そして「SoftBank」に関しては、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」を扱わない可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10e」は日本で未発売に?「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」が「DoCoMo」と「au」から発売かも。」をご参照下さい。

一方で、個人的にも「香港」を拠点としている「Etoren」において、「Galaxy S10+」の「RAM12GB/ROM1TB」の「Ceramic White」を購入しており、3週間近く使ってきましたが、かなり「満足度」が高い一方で、もちろん「不満」に感じることもあります。詳細は「[レビュー]数日使ってみて。「Galaxy S10+」より「Galaxy Note9」のほうがいいと思ってしまったことをまとめてみた。」と「キャリアモデルなら解消されるかも。「Galaxy S10+」を2週間使ってみて良かったこと・不満に思うこと。」をご参照下さい。

個人的に「デメリット」に思うのは、「電池持ち」と「ディスプレイ感度」だと実感しており、「ディスプレイ感度」に関しては、「Edgeスタイル」による誤反応が原因だと判断できる一方で、「電池持ち」に関しては、自己解決できる方法がなく、こればかりは「 Samsung」の修正アップデートに期待するしかありません。とはいえ「Galaxy S10+」はシリーズの中で、最も電池持ちが良く、「Galay S10」が最も「電池持ち」が悪いことも判明しています。詳細は「「Galaxy S10」の購入を考えているあなたへ。購入するなら「Galaxy S10+」のほうがいいかも。」をご参照下さい。

さて今回ETNewsによると、今年の「8月」に正式発表が予測されている「Galaxy Note10」は、「ボタンレスデザイン」を採用して、デザインが「フルモデルチェンジ」になる可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「ボタンレス」デザインを採用に?

まず例年の流れをみると、「Galaxy Note」シリーズは「Galaxy S」シリーズのスペックを踏襲することが非常に多いです。なので単純に考えれば、「Galaxy S10」シリーズと同じく「infinity O」ディスプレイを採用する可能性が高いと判断することができます。一方で、「Galaxy Note10」に関して、「Galaxy S10 5G」と同じく「クアッドレンズカメラ」に「5G」に対応している可能性が高く、さらに「Galaxy」シリーズとしては初となる「4K OLED」を搭載する可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Galaxy Note」の集大成。「Galaxy Note10」のスペックをまとめてみた。」をご参照下さい。その上で今回の情報によると、「 Samsung」は「側面」にも「背面」にも「表面」にも「ボタン」が一切ない「ボタンレスデザイン」の商用化を目指しており、その最初の機種として「Galaxy Note10」が登場する可能性が高いと報告しています。

複数の業界関係者の話によると、「物理的」な「ボタン」制御である現行モデルから、「タッチ」式を採用することによって、「物理ボタン」を廃止できるように「タッチ」式の開発を進めているとしています。さらに「 Samsung」は中国企業の「NDT」の「キーレスモジュール」を採用する可能性が高いとしています。の「NDT」のモジュールは、「押す」力を認識する「フォースタッチセンサー」を採用したものだとしており、つまり「握る」という動作によって、「電源」をオフにしたり、「音量ボタン」で「音量」を下げたりすることができるとしています。

「フォースタッチセンサー」か判然としませんが「Google Pixel 3」でも「握る」ことによって、「Google assistant」を呼び出すことができる「Active Edge」が実装されていますが。「 Samsung」が目指しているのはさらに1段階上になると判断することができます。少なくとも「Bixby」「音量ボタン」「電源ボタン」を「握る」ことによって、管理することができるようになるということなので。

ただ、この「フォースタッチセンサー」の欠点としては、「原価コスト」が非常に高いことだとしており、 Samsungは試験的に、「廉価モデル」に搭載し、実際の使用感や、デザインなど、市場の反応を見る可能性も十分に考えられるとしています。「ボタン」がなくなるだけでも、デザイン的にはかなりすっきりしますよね。

一方で先日の情報からも「Galaxy Note10」は「インカメラ」を本体に搭載せず、「S-Pen」に統合させる可能性があることことが、公開された特許から判明しており、さらに「5000mAh」と大型のバッテリーを搭載するために、ハイエンドモデルとしては非常に珍しく搭載されてきた「イヤホンジャック」がついに廃止になる可能性があると予測されています。

また「電池持ち」に地味に懸念点がある「Galaxy S10」シリーズですが、「Galaxy Note10」では新技術の「バッテリー」技術を採用する可能性が高いと予測されており、「充電時間」に「電池持ち」と、現行の「リチウム」と比較して、最大で「5倍」以上になると予測されています。つまり、これら多くの新技術を採用すれば、「「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」とも「Galaxy Note9」とも全く異なる出来ばいになると判断することができます。

ただ「ボタンレスデザイン」に関して、実際に実装されませんでしたが「Xperia XZ3」の時にもありました。

1,Xperia XZ3 本来不叫这个名字,最开始定位是 Xperia XZ2A;
2,XZ3 原计划是边框无按键设计,电源、快门、音量键全都用感应式触摸替代,但考虑到功能易用度和工艺难度以及可能带来不好的反馈,最终还是采用了实体按键。个人看法有些按键还是实体好,手指一摸就知道怎么按

「Xperia XZ3」は「「ボタンレスデザイン」の採用を目指したが、使い勝手の悪さや、ユーザーへの「フィードバック」の難しさからも、搭載を断念したとされています。「 Samsung」はあくまでも「Galaxy Note10」での実装を目指しているとしていますが、間に合うかどうか非常に気になるところです。それこそ「ディスプレイ統合型指紋センサー」の搭載も、情報が出てから実際に実装されるまで「2年」近く経過したことを考えれば、あまり期待しないほうがいいのかもしれませんね。

ただ実際に実装されれば、「Galaxy Note10」は非常に面白い機種になると判断することができます。続報に期待しましょう。



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG