日本市場でも大ヒットになる予感。「Xperia 10」と「Huawei P30 Lite」どちらがおすすめかまとめてみた。

  1. Huawei

先日の情報からも、日本市場で発売になる可能性が高いと予測されていた「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」ですが、直近の情報において、「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から「snapdragon710」を搭載した「カスタマイズモデル」として発売される可能性が高いと予測されている一方で、「Xperia 10」に関しては「キャリアモデル」として発売されない可能性が高いと予測されています。詳細は「「上位」モデルも「劣化」モデルも。「Xperia 1」や「Xperia 10」には「日本市場」向けの特別モデルが存在に。」と「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」をご参照ください。

一方で、この情報を裏付けるかのように、先日リークした「モデル番号」の一覧表からも、「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から。「Xperia 1」に関しては「DoCoMo」から発売される可能性が高く、やはり「Xperia 10」を確認できない一方で、「Xperia L3」に関しては、「DoCoMo」から発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 10 Ultra」も楽しみかも。「snapdragon710」を搭載した「Xperia 4」のベンチマークがリーク。」をご参照下さい。

一方で、先日発表されたばかりですが、「4月5日」より発売が開始になる可能性が高いと予測されている「Huawei P30」シリーズですが、実際に発表されたのは「huawei P30」と「Huawei P30 Pro」の「2機種」のみになっており、「Huawei P30 Lite」に関しては、すでに「中国」で「デザイン」と「スペック」が同じですが、「Huawei Nova 4e」としてすでに発表されていることが判明しています。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」が大きく見劣るような。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」のスペックと価格をまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回、「日本市場」で「SIMフリーモデル」として発売される可能性が高い「Huawei P30 Lite」と「Xperia 10」のスペックを比較してどちらがおすすめか簡単にまとめたいと思います。



「スペック」を比較してみた。

さて上記の画像は、「Huawei P30 Lite」と「Xperia 10」を比較した画像になっています。「Huawei P30 Lite」がちゃんとした画像になっていませんが、大きさを比較する上では、なんとなく分かりますよね。ちなみに「Huawei P30 Lite」のちゃんとした画像は以下のようになります。

「Huawei P30」や「Huawei P30 Pro」と同じく「水滴型」の「ノッチ」を採用していることを確認することができます。それでは「スペック」をまとめると以下のようになります。

Huawei P30 Lite Xperia 10
ディスプレイ 液晶
ディスプレイサイズ 6.2インチ 6.0インチ
表示解像度 2312×1080(415ppi) 2520×1080(457ppi)
画面占有率 84.24% 79.21%
本体サイズ 152.9 x 72.7 x 7.4 mm 156 x 68 x 8.4 mm
重さ 159g 162g
OS Android9.0
SOC Kirin710 snapdragon636
RAM 4GB 3/4GB
ROM 128GB 64GB
メインカメラ 24MP+8MP+2MP 13MP+5MP
インカメラ 32MP 8MP
バッテリー 3340mAh 2870mAh
生体認証 顔/指紋(背面) 指紋(側面)
イヤホンジャック
防水・防塵 ×

まず「ディスプレイ」から。「Huawei P30 Lite」のほうが「ベゼルレス」かつ「ノッチ」がコンパクトなため「画面占有率」が「Xperia 10」より高いです。その結果、似たような本体サイズでありながら、「Huawei P30 Lite」のほうが「ディスプレイサイズ」が大きいことを確認することができます。ただ「Xperia 10」のほうが「画素密度」は高いですよね。

次に「本体サイズ」に関しては、「Xperia 10」のほうが横幅が短いですけど、「Huawei P30 Lite」のほうが、「薄く」で僅かに「軽い」。ただ正直「本体サイズ」上で「持ちやすさ」はさほど変わらないと思います。なので「Xperia 10」が「側面」に「指紋認証」を搭載していることからも、「指紋認証」のしやすさ込みで考えれば、「Xperia 10」のほうが持ちやすいですが、そもそも「Huawei P30 Lite」は「顔認証」を搭載しているので、何とも言えないです。

「処理性能」に関しては、そこまで大きな差はありませんが、「Kirin710」は「snapdragon660」相当のベンチマークスコアになっています。このことからも「snapdragon636」を搭載している「Xperia 10」よりは、同じ「RAM4GB」で見ても上。さらに容量構成に関しても、「128GB」に対応している「Huawei P30 Lite」のほうが上。

そして「バッテリー」ですが、「Huawei P30 Lite」の「バッテリーテスト」が公開されていないため「Huawei P20 Lite」を基に考えたいと思います。「huawei P20 Lite」は、「3000mAh」に「5.8インチ」の「ディスプレイサイズ」になっています。一方で「Huawei P30 Lite」のほうが「340mAh」多く、さらに「0.4インチ」大きい「ディスプレイ」を搭載しています。

ただ同じ「液晶」で「FHD」の表示解像度を採用していることを考えると、「Huawei P20 Lite」より僅かながら「スコア」がいいと判断することができます。スコア「80H」くらいでしょうか。

次に「Xperia 10」の「バッテリーテスト」の結果が上記の画像になります。「65H」です。正直「Huawei P30 Lite」が「Huawei P20 Lite」より良くなることもあれば、悪くなることがあっても、「Xperia 10」より悪くなる可能性はかなり低いと考えることができます。なので「電池持ち」に関しては「Huawei P30 Lite」のほうが上でですね。

正直「カメラ」に関しては、なんとも言えません。写真自体の完成度は「Huawei P30 Lite」のほうが、少なくとも「Huawei P20 Lite」を見る限りでは上だと思います。ただ「Huawei P30 Lite」は「4K」のビデオ撮影ができません。まあ必要ないかもしれませんが。ざっと比較してみましたが、今回の要点を簡単にまとめると以下のようになります。

Huawei P30 Lite Xperia 10
ディスプレイ
持ちやすさ
処理性能
電池持ち
カメラ

「ミドルレンジモデル」の「Xperia」としてはかなり頑張っていると考えることができます。少なくとも「Xperia 10」のほうが先に発売を開始していることもあり、価格は「Xperia 10」のほうが安いです。これで「Xperia 10」が高かったら負けでしたけど、少なくとも「3万円」で購入できることが可能なので、今は「Xperia 10」をお勧めしたいと思います。「電池持ち」だけ心配だけど。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「Xperia XA2 Ultra」が「Etoren」でめっ…

先日の情報からも、「日本」でも発売される可能性が高いと予測されている「ミドルレンジモデル」である「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」ですが、もし日本で…