「Xperia 1」を待たずして購入すべきか。「Huawei P30 Pro」とどっちがおすすめかまとめてみた。

  1. Huawei

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも「Xperia 1」は「ヨーロッパ」では「6月」より発売を開始する可能性が高いと予測されている中、「イギリス」の「Clove」においては、「Xperia 1」の予約を開始しており、その価格が判明している一方で、「入荷時期」が「5月下旬」と案内していることからも、日本を含めて、「先行発売地域」においては、「5月下旬」より発売を開始する可能性が高いと予測されていました。

詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」をご参照下さい。一方で直近の情報において、「Clove」は「Xperia 1」の製品ページを変更しており、全色展開の予定だったのが、「ブラック」の1色のみになっていること。そして「予約」が終了しており、さらには、「入荷時期」が「確認中」となっていることからも、先日の情報にあったように、「SONY」が「Xperia 1」の発売スケジュール」を予定より「1ヶ月」前に前倒したことが影響していると判断することができます。

詳細は「発売が「前倒し」に?それとも「延期」に?「Clove」の「Xperia 1」の入荷時期が変更されている。」と「今年のSONYはめっちゃ頑張っている。予定より大幅に前倒しで「Xperia 1」は「4月下旬」に発売開始かも。」をご参照下さい。

また日本国内市場においても、「Xperia 1」は「カスタマイズモデル」が存在している可能性が高く、先日の情報からも「au」には「液晶」を搭載した「カスタマイズモデル」が。そして「グローバル」モデルでは「ROM128GB」となっていますが、「日本市場」では、本体価格を下げるために、「ROM64GB」の「劣化」モデルが発売される可能性があると予測されています。詳細は「「上位」モデルも「劣化」モデルも。「Xperia 1」や「Xperia 10」には「日本市場」向けの特別モデルが存在に。」と「「上位」モデルは存在せずとも「劣化」モデルは存在に?日本で発売される「Xperia 1」は「ROM64GB」かも。」をご参照下さい。

さて今回、発売が待ち遠しい「Xperia 1」ですが、先日開催されたイベントにおいて、「Huawei P30 Pro」が世界最高の「カメラ」を搭載して正式に発表されたので、どちらを購入すべきか簡単にまとめたいと思います。



どっちを購入すべきか。

さて「デザイン」を簡単に確認すると、やはり「Xperia 1」が採用している「アスペクト比21:9」は特殊ですよね。「ディスプレイサイズ」は同じですが、かなり「縦長」となっています。「画面占有率」に関しては、ぱっと見の印象でも「Huawei P30 Pro」のほうが高いと判断することができます。次に、「スペック」をまとめると以下のようになります。

Xperia 1 Huawei P30 Pro
ディスプレイ 有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ 6.5インチ
表示解像度 3840×1644(643ppi) 2340×1080(398ppi)
画面占有率 82.22% 88.61%
本体サイズ 167 x 72 x 8.2 mm 158 x 73.4 x 8.41 mm
重さ 180g 198g
OS Android9.0
SOC snapdragon855 Kirin980
RAM 6GB 8GB
ROM 128GB 128/256/512GB
メインカメラ 12MP+12MP+12MP 40MP+20MP+8MP+TOF
インカメラ 8MP 32MP
バッテリー 3330mAh 4200mAh
生体認証 指紋 指紋/顔(2D)
防水・防塵 IP68

まず「本体サイズ」に関しては、「Xperia 1」のほうが「横幅」が短く、さらに「薄い」また「軽い」ということを考えると「Huawei P30 Pro」が「Edgeスタイル」を採用していたとしても、「Xperia 1」のほうがトータル的に持ちやすいと判断することができます。「Xperia 1」は「Xperia XZ3」と比較してもかなり軽くなっているので、これが大きいですよね。

次に「ディスプレイ」に関しては、「Huawei P30 Pro」の「ディスプレイ」の「サプライヤー」がどこか判然としませんが、「Xperia 1」が「4K」に対応していることもあり、これは圧倒的です。むしろ「Huawei P30 Pro」は「Huawei Mate20 Pro」と比較しても、ちょっと控えめな印象となっています。なぜ「2K」から「FHD」に変更したのか判然としません。

「電池持ち」を優先したのでしょうか。ただ「電池持ち」で考えると、「Xperia 1」と「Huawei P30 Pro」のどちらも「バッテリーテスト」の結果が公開されていませんが、ある程度の推測をすることができます。

まず「Huawei Mate20 Pro」と比較した場合、「Huawei P30 Pro」は「バッテリー容量」が同じです。ディスプレイサイズに関しても「0.1インチ」しか変わらないことを考えると、「表示解像度」が「FHD」に変更されている分だけ、単純に考えれば、「電池持ち」が良くなると判断することができます。

一方で「Xperia 1」と同じ「ディスプレイサイズ」を搭載した「Xperia 10 Plus」の結果が上記の画像になります。「Xperia 1」より「330mAh」少ないとはいえ、「液晶」を搭載していることを考えると、「Xperia 1」と同等のスコアであると推測することができます。さらに先日の情報からも「Xperia 1」は、従来の「premium」モデルと異なり、常に「4K」の表示解像度になることが判明しています。詳細は「「Xperia 1」の「電池持ち」は本当に不安。結局新型「Xperia 1」を購入すべきかどうかまとめてみた。」をご参照ください。

このことからも、下手をすると「Xperia 10 Plus」より「Xperia 1」のほうが「電池持ち」が悪いと判断することができます。なので「電池持ち」に関しては「Huawei P30 Pro」に軍配があがりそうですよね。一方で処理性能に関しては、単純に「Kirin980」より「snapdragon855」のほうが上。ただ容量構成に関しては「Huawei P30 Pro」は「512GB」までに対応しているので。

そして「メインカメラ」と「インカメラ」に関しては、比べる必要性がないのかもしれません。「Huawei P30 Pro」は「DxOMark」の評価において、「Huawei P20 Pro」や「Galaxy S10+」を抜いて、完全に「世界1位」となっています。極端な言い方をすれば、「Xperia 1」にできて「Huawei P30 Pro」にできないことはないと言えます。そして最後に価格ですが、「Clove」での価格をまとめると以下のようになります。

Clove Xperia 1 Huawei P30 Pro
本体価格 £707.50 £749.17
税込 £849.00 £899.00
日本円(税込) 12万4000円 13万1000円

ちなみに「Xperia 1」と「Huawei P30 Pro」では、同じ容量構成がないため、「ROM128GB」で比較しています。あくまでも「イギリス」における現地価格になりますが、約「8000円」の価格差になります。「Xperia 1」が地味にやすいんですよね。そして今回の比較を簡単にまとめると以下のようになります。

Xperia 1 Huawei P30 Pro
持ちやすさ
ディスプレイ
電池持ち
カメラ
価格

ユーザーにおいてスペックで重要視するとこは違うとも思います。自分の場合は「電池持ち」と「カメラ」です。だとすると「Huawei P30 Pro」がおすすめになります正直「4K」に対応しているコンテンツがあまりないこと。そしていつも「写真」や「動画」を見ているわけではない。少なくとも「ネット」を見ているときに、「4K」で表示されても、その恩恵を享受できることはないと判断することができます。

そして「価格」に関しては、どちらの機種もそこまで安くない。だとすれば、少しでも挙動が安定する「RAM8GB」を選びます。このことからも自分は「Huawei P30 Pro」をお勧めします。何かしらの参考になれば幸いです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事