• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 発売が「前倒し」に?それとも「延期」に?「Clove」の「Xperia 1」の入荷時期が変更されている。

発売が「前倒し」に?それとも「延期」に?「Clove」の「Xperia 1」の入荷時期が変更されている。

Xperia

すでに発売を開始している「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」ですが、「アメリカ」の大手サイトである「Best Buy」においてすでに大幅な値引き販売が開始していることが判明しており、さらに「香港」を拠点とした「Etoren」においても、地味に値下げが開始していることが判明しています。

一方で、先日の情報からも「Xperia 1」のカスタマイズモデルは「au」から。そして「SoftBank」は「Xperia 10 Plus」の「カスタマイズモデル」を発売する可能性が高いと予測されている中、「Xperia 10」に関しては、「キャリアモデル」として発売されない可能性が高いと予測されています。詳細は「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」と「また中途半端な発表に。「Xperia 4」がまもなく正式発表で、「Xperia 10」はやはり「キャリアモデル」が存在せず。」をご参照下さい。

一方で「DoCoMo」に関しては、「Compact」モデルの立ち位置になると予測されている「Xperia 4」と、意外にも「エントリーモデル」である「Xperia L3」を発売する可能性が高いと予測されています。詳細は「DoCoMoが新料金プランへの移行に伴いラインナップも大きく見直しへ。「Xperia 4」はもはや「Compact」ではない。」と「「Xperia 10 Ultra」も楽しみかも。「snapdragon710」を搭載した「Xperia 4」のベンチマークがリーク。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「日本市場」では「5月下旬」に「Xperia 1」が発売する可能性が高く、さらに「ヨーロッパ」においては「6月」より発売を開始する可能性が高いと予測されている中、「イギリス」の「Clove」が「Xperia 1」の予約を開始しており、その入荷時期が「5月下旬」になることを案内していることが判明しています。詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」をご参照下さい。

さて今回「イギリス」の大手サイトである「Clove」において、「Xperia 1」の入荷時期が「5月下旬」から変更されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



入荷時期が変更されている。

さて執筆時点での「Clove」における「Xperia 1」の製品ページが上記の画像になります。少なくとも前回確認した時、異なることが2点あります。まず「本体カラー」です。前回確認した時は、「Gray」「White」「Black」「purple」の「4色」を扱っていましたが、少なくとも執筆時点では「Black」の「1色」しか確認することができません。

ちなみに上記の画像は、前回の時の「Xperia 1」の製品ページになります。価格に関しては一緒であることを確認することができます。そして問題なのが、「入荷時期」になります。執筆時点での画像を確認すると「FIRST STOCK TBC」となっていることを確認することができます。この「TBC」は「To Be Confirmed」の略字らしく、意味は「確認中」だそうです。

一方で前回の製品ページを確認すると「FIRST STOCK DUE END OF MAY」となっていることからも、「5月下旬」に入荷することを示唆しています。つまり「発売時期」が明確だったのに対して、「不透明」になったと判断することができます。先日の情報からも、「SONY」は「Xperia 1」の開発がかなり順調に進んでいることからも、予定より1ヶ月前倒しの「4月下旬」に発売する可能性が高いとの予測もあります。詳細は「今年のSONYはめっちゃ頑張っている。予定より大幅に前倒しで「Xperia 1」は「4月下旬」に発売開始かも。」をご参照下さい。

単純に「予定」が「前倒し」になる可能性が高いことからも「Xperia 1」の「入荷時期」を「確認中」に変更したんだとすればいいんですけどね。また「今回」のと「前回」の「製品ページ」を見比べるともう一箇所違うところがありました。前回の時は「Buy」となっていることからも「予約」が可能でした。

しかしながら、「今回」のページを確認する限り「NOTIFY ME WHEN THIS BECOMES AVAILABLE」となっていることからも、入手できるようになったらお知らせをしますよとなっており、実質「予約」の受付をしていないことになります。今回の状況から推測できるのは以下のようになります。

  • 発売時期が前倒しになり、発売時期が不明になったから予約を中止した。
  • 予約が殺到し、次回入荷分が把握できないから予約を中止した。
  • 発売が延期され、その時期が不明だから予約を中止した。

簡単にまとめればこんな感じです。少なくとも上2つは「SONY」にとっては、非常に嬉しいことですよね。予定より先に発売ができること。そして発売時期に関係なく、「予約」が殺到したと考えれば、「ユーザー」にとって迷惑がかかるとも言えますが、最近不調に不調を重ねていた「SONY」からすれば、新戦略はぴったりはまっていると考えることができます。

一方で「SONY」にとっても「ユーザー」にとっても最悪なのが、「発売」が「延期」になることです。それでなくても、「発売」時期が遅い「Xperia 1」がさらに後ろにずれることになると、本当にユーザーが見切りをつけられる可能性も十分に考えられます。これだけは正直避けて欲しいところです。

先日の情報からも、「Xperia 1」は歴代「premium」モデルと異なり、特定のアプリ、つまり「写真」や「動画」など以外でも常に「4K」の表示解像度で表示することが可能になっていることが判明しており、「ディスプレイ」的に大幅に進化している一方で深刻な「電池持ち」になっている可能性も十分に考えられます。詳細は「電池持ちは過去最低かもしれないが。歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は常に「4K」表示の可能性。」と「「Xperia 1」の「電池持ち」は本当に不安。結局新型「Xperia 1」を購入すべきかどうかまとめてみた。」をご参照下さい。

正直今はあまり情報がないので判然としませんが、さらに「カメラ」に関しても「 Samsung製」を採用しており、画質こそ向上しているもの、ユーザーから残念がる声が聞こえるのも事実です。詳細は「皮肉なのかな。「Xperia 1」も「Xperia 10 Plus」も「Samsung製」のカメラセンサーを採用して画質が大幅に向上に。」をご参照下さい。

久しぶりに「Xperia」らしく尖った「Xperia」となっており、非常に注目度が高い一方で、「4K OLED HDR」に対応したこと。そして「トリプルレンズカメラ」を搭載したことによって、懸念点があるのも事実です。少なくとも「Clove」においては、「予約」が殺到し、「予約」を中止したと、いい流れになっていることに期待したいところですね。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧