「Xperia 1」が「 Samsung製」のカメラセンサーを採用したのか。そして「Xperia XZ3」のカメラはまだまだ捨てたもんじゃない。

先日の情報からも、早ければ「4月下旬」に発売を開始すると予測されている「Xperia 1」ですが、「Xperia」として初となる「トリプルレンズカメラ」を搭載しており、さらに「Xperia 10」シリーズ含めて「カメラ」に関して大きな変更がもたらされているのが「カメラセンサー」です。詳細は「SONYが「Xperia X」シリーズは失敗だったと認めたからこその「Xperia 1」の完成度。日本での発売は初夏以降(5月)に。」をご参照下さい。

「Xperia 1」では「1つ」「Xperia 10 Plus」でも「1つ」そして「Xperia 10」に関しては「0個」と、「デュアルレンズカメラ」以上のカメラセンサーを搭載している新型「Xperia」ですが、「SONY製」のカメラセンサーはほとんど搭載しておらず、一方で「インカメラ」を含めると、「 Samsung製」の「カメラセンサー」のほうが多く搭載されていることが判明しています。

一方で先日の情報からも、純粋に「SONY」の「IMX400」を搭載している「Xperia XZ3」ですが、カメラの有名な評価サイトである「DxOMark」においてのレビューが公開されており、スコアが上記の画像から確認できるように「79H」であることを確認することができ、「Galaxy」や「iPhone」と比較した場合、「3年」以上前に発売された機種と同程度のスコアと、散々な結果になっていることが判明しています。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 1」や「Xperia 10」シリーズになぜ「 Samsung製」の「カメラセンサー」が搭載されたのか、その理由が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia 1」と「Xperia XZ3」

さて先日の情報からも、「Xperia 1」は「発売」してそこまでの期間を空けずに、すぐに「割引」販売を開始する可能性が高いと予測されています。少なくともこの情報によれば、「SONY」は「Xperia 1」は売上の目標自体がかなり低いこと。そして「値引き販売」をしたことろで、大きなダメージを受けることはないとしています。

つまり「4K OLED HDR」に「トリプルレンズカメラ」と搭載していますが、「原価コスト」を抑えるための最大限の努力をしている可能性が高く、その一貫として、「 Samsung」製の「カメラセンサー」を採用することによって、「原価コスト」を抑える目的があるとされています。ちなみに「1200万画素」の画素数を持ったカメラセンサーであれば、「原価」は「1300円」程度であるとされています。

そして今回の投稿は以下のようになります。

Also, people are waiting for the 1. But it has late release. The Samsung sensor thing is pretty curious. I think they maybe were in a rush and couldn’t use older sensors when they wanted ois. But now those sensors are the problem? I wonder if raw nr needs in house sensors.

今回の投稿によると、多くのユーザーは「Xperia 1」を待望しているが、発売時期は遅い。そして「Xperia 1」に「 Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した理由は「光学式手ブレ補正」に対応させるために、古い「SONY製」の「カメラセンサー」を採用するわけにはいかなかったととしています。つまり、「光学式手ぶれ補正」の採用が、自社センサーの採用より優先したと判断することができます。

とはいえ、先ほども記述しましたが、「原価コスト」の兼ね合いも必ずしも絡んでくると判断することができます。少なくとも「SONY」が「光学式手ぶれ補正」に対応した「カメラセンサー」を開発できないはずはないので。だからこそ「コスト」も安く、さらに「光学式手ぶれ補正」に対応できる「 Samsung製」の「カメラセンサー」を採用したと判断することができます。

少なくとも「Xperia 1」の「トリプルレンズカメラ」の「センサー」のうち2つが「光学式手ぶれ補正」に対応しています。一つは「SONY製」そしてもう一つは「 Samsung製」となっています。だとすると、今回の情報は地味に信憑性が高いと判断することができます。さらに「実機」における「サンプル画像」がほぼないため、判然としませんが、少なくとも「 Samsung製」を採用したことで、かなり画質が向上していることを確認することができ、現時点でも「Xperia 10」シリーズのカメラで十分に確認することができます。

世界で1位の評価を獲得している「Huawei P20 Pro」ですが、「カメラセンサー」自体は、正直大したものは搭載していません。つまり重要になってくるのは「ソフト」による「チューニング」が重要であるとも考えることができます。そして次にに重要になってくるのは「撮影者」自体の「腕前」です。先日散々なスコアが公開された「Xperia XZ3」ですが、中国の大手SNSサイトであるweiboに、プロのカメラマンが撮影した画像が投稿されていることが判明したので確認したいと思います。

加工しているか判然としませんが、かなり幻想的ですよね。

評判が悪い低照度における撮影ですが、「ノイズ」も少なく、雰囲気がある写真に仕上がっています。

やはり明るいところだと綺麗。

こちらも低照度ですけど、「歪み」も特段確認することはできません。

なんかほのぼのとする。

単純に綺麗。

記事に投稿する際にかなり画像を圧縮してしまっているので、かなり画質が落ちてしまっていますが、元の画像はもっと綺麗です。まあいい始めたらきりがないですが、「プロ」の腕前を持つ人が使えば、「Xperia XZ3」でもかなり雰囲気のある写真を撮影することが可能だと判断することができます。逆に「Huawei P20 Pro」など最高のカメラを搭載した機種であっても、撮影者が下手であれば、そのスペックを活かすことはできない。

今思えば、「Xperia」に搭載されている「カメラ」って万人受けする使いやすいものではなく、自分で多少調整が必要な、ちょっとした「プロ」向けの「カメラ」になっていますよね。すべて「オート」で撮影すると確かに最新機種に劣るのかもしれません。けどしっかりと使いこなすことで、他の機種に全く引けを取らない写真を撮影することができると判断することができます。「Xperia XZ3」以上に振り切っている「Xperia 1」のカメラが非常に楽しみですね。



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG