「512GB」に「ゴールド」モデルの存在も。「Galaxy S10 5G」の「キャリアモデル」は非常に魅力的。

  1. Galaxy

日本でも発売が確実視されている「Galaxy S10」シリーズですが、少なくとも「 Samsung」の公式ホームページを確認する限りでは、「Galaxy S10 5G」が発売される可能性は非常に低く、さらに「Galaxy S10e」に関して、日本で発売される可能性が高いと予測されていましたが、先日の「認証」情報からも、「Galaxy S10e」は「日本」で発売される可能性低く、さらに「SoftBank」は「Galaxy S10」シリーズを扱わない可能性が高いことが判明しています。

詳細は「「Galaxy S10e」は日本で未発売に?「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」が「DoCoMo」と「au」から発売かも。」をご参照下さい。一方で、すでに「SIMフリー」モデルが発売を開始している「Galaxy S10e」を含めた3機種ですが、それこそ「Galaxy S10e」は「iPhone XR」と比較してもかなり完成度高いことが判明している中、「Galaxy S10」そして「Galaxy S10+」と比較すると、その事前予約状況からも、あまり人気がないことが判明しています。

詳細は「「人気」を集めたのは「Galaxy S10+」。けど「注目」を集めたのは「Galaxy S10e」の「Canary Yellow」かも。」と「本当にライバル機種扱いになるのか。「iPhone XR」と「Galaxy S10e」を徹底比較してみた。」をご参照下さい。

「Galaxy S10」シリーズの中で圧倒的な支持を集めているのが、「Galaxy S10+」になりますが、現時点ではどれくらいの売れ行きを示すのか全く判然としないのが「Galaxy S10 5G」になります。少なくとも、スペックを比較する上では、「Galaxy S10+」の汎用性が高いことが判明しており、本体カラーに関しても「Galaxy S10+」のほうがバリエーションがあり、さらに「Galaxy S10+」のほうが安いことが判明しています。詳細は「「SIMフリーモデル」を購入する価値があるのか。「Galaxy S10 5G」より「Galaxy S10+」のほうが高性能なのでは。」をご参照下さい。

さて今回Blog of Mobileによると、「Galaxy S10 5G」の韓国での「キャリアモデル」のラインナップが判明したと報告しており、さらに「グローバル」モデルには存在しない「ゴールド」モデルがラインナップされていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



より詳細なラインナップが判明に。

さて今回の情報によると、「韓国」の大手キャリアの一つである「LG U plus」が「Galaxy S10 5G」のより詳細な仕様を公開したことが判明したとしています。その上で、「グローバル」モデルと「キャリアモデル」では、一部仕様が異なることが判明したので簡単にまとめると以下のようになります。

Galaxy S10 5G キャリアモデル グローバルモデル
本体サイズ 162.2×77.1×7.8mm 162.6×77.1×7.94mm
重さ 208g 198g
容量構成 256/512GB 256GB
本体カラー 3色 1色

少なくとも、なぜこのような違いが発生しているのか判然としませんが、「キャリアモデル」のほうが、「縦幅」が僅かに短くなっており、さらに「本体」も僅かですが「薄く」なっています。なので「グローバル」モデルと比較すると「小型化」したと思いきや、「10g」重くなっていることを確認することができます。何か独自のカスタマイズをしていると判断することができます。

そして容量構成ですが、「グローバル」モデルにおいては、「RAM8GB/ROM256GB」の1モデル構成になることが判明していますが、「キャリアモデル」に関しては「RAM8GB/ROM256GB」に加えて、「「RAM8GB/ROM512GB」が使いされていることが判明しています。少なくとも「512GB」モデルが追加されるだけでも、だいぶ印象が変わりますよね。

そして「本体カラー」も異なります。「グローバルモデル」に関しては「Crown Silver」の「1色」であるのに対して、「キャリアモデル」に関しては「Majestic Black」、「Crown Silver」、「Royal Gold」の3色展開になります。「グローバル」モデルに関しては、特に Samsungも慎重な姿勢を見せていると判断することができる一方で、「キャリアモデル」に関しては、やはりラインナップを充実させることで、売上をしっかり確保しようとしていると考えることができます。

ちなみに「キャリアモデル」の「RAM8GB/ROM512GB」においては、「Crown Silver」の一色展開になるとされていることからも、「Galaxy S10 5G」の「メインカー」が「Crown Silver」であると判断することができます。ただ今回の情報はあくまでも「LG U plus」におけるものなので、「SK Telecom」や「KT Corporation」においては、またラインナップが異なる可能性も十分に考えることができます。

「韓国」国内においては、すでに「Galaxy S10」シリーズを購入したユーザーに対して、「アップグレードプログラム」に入会することで、実質負担金は発生してしまいますが、「Galaxy S10 5G」に乗り換えるサービスを行なっていることが判明しています。さらに先日の情報では、「オーストラリア」のキャリアは、「Galaxy S10」シリーズの購入者に対して、「Galaxy S10 5G」へ無償でアップグレードを行うことが判明しており、 Samsungも「5G」の初期需要をしっかりと確保したいと考えることができます。

先日の情報からも「Galaxy S10 5G」は、「韓国」国内で調整が難航したのか、当初の予定では「3月22日」より予約を開始し、「3月29日」より発売を開始する予定でしたが、「予約なし」に変更され、「4月5日」より発売を開始することが判明しています。詳細は「「Galaxy S10 5G」は「4月5日」より発売開始に。ただ「SIMフリー」モデルを入手するのは当面難しいかも。」をご参照下さい。

「アメリカ」では「4月11日」以降の発売になる可能性が高いと予測されている中、現時点で「SIMフリー」モデルの情報が全くありません。少なくとも「韓国」での発売まであと2週間弱となっていることを考えれば、そろそろ情報が出ていてもおかしくないのですが。「SIMフリー」モデルが「キャリアモデル」に合わせて発売されないとなると、「Galaxy S10 5G」が欲しいユーザーにとって、非常に入手が困難になると判断することができます。

ただ「Galaxy S10 5G」が、「地域限定」かつ「キャリア限定」で発売を開始することを考えれば、「SIMフリー」モデルが存在してもあまり意味を為さないのかもしれませんが。日本での発売はあまり期待できません。それこそ早くても「Galaxy Note10」に「5G」モデルが存在していれば、「Galaxy Note10」から「5G」モデルが発売されるようになるかもしれませんね。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「Galaxy S10 X」はすべて網羅?2019年トレンド…

スマートフォン市場は数年前と比較すると「成熟期」に入ったこともあり、以前ほど、短期間で大きな進化は見られなくっています。それでも毎年のように最新機種が発表され、新機能を搭…

2019年は「4K」の時代に。「Galaxy Note10」…

2019年に登場する機種において、トレンドとなる機能がいくつかあります。そのうちの一つは「ディスプレイ統合型指紋センサー」。そのうちの一つは「折りたたみ式」、そして「5G…