製品名が大きく変更される可能性も。「Xperia 1」や「Xperia 10」は「Xperia」のロゴがついた最後の製品に。

  1. Xperia

先日の情報からも、「Xperia 1」や「ヨーロッパ」では「6月」より発売を開始する可能性が高いと予測されている中、「イギリス」を拠点とした「Clove」においては、すでに「予約」が開始しており、さらに入荷時期が「5月下旬」になることを案内していることからも、先行販売地域では、「5月下旬」より発売を開始する可能性が高いと判断することができ、さらに「日本」市場での販売も同時期になると考えることができます。詳細は「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」をご参照下さい。

一方で、「日本市場」においては「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」など「ミドルレンジモデル」が発売になる可能性が高いと予測されている中、先日の情報からも「日本市場」向けの「カスタマイズモデル」が存在している可能性が高いと予測されており、「au」は「Xperia 1」に「液晶」を採用したカスタマイズモデルを。そして「SoftBank」は「snapdragon710」を搭載した「Xperia 10 Plus」のカスタマイズモデルをそれぞれ販売する可能性が高いと予測されています。

詳細は「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」と「また中途半端な発表に。「Xperia 4」がまもなく正式発表で、「Xperia 10」はやはり「キャリアモデル」が存在せず。」をご参照下さい。

一方で、すでに発売を開始している「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」はすでに「バッテリーテスト」の結果が公開されている中、「4K OLED HDR」に対応している「Xperia 1」の電池持ちが非常に気になりますが、先日の情報からも、歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は常に「4K」の表示解像度で表示することが可能になっていることが判明しており、さらに「電池持ち」が懸念されています。詳細は「電池持ちは過去最低かもしれないが。歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は常に「4K」表示の可能性。」をご参照下さい。

さて今回「Xperia 1」の発売について、話題となっている中で、「SONY」が「Xperia」から「Xperia」のロゴを廃止する可能性が高いと海外で話題になっていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia」のロゴが廃止に?

先日にTwitter上で話題となったのですが、上記の画像のように「SONY Xperia」のメインアカウントが閉鎖されました。SONYが何かしらの手違いで閉鎖してしまったのか。それとも「Xperia 1」や「Xperia 10」を始めとした機種が、「地域限定」モデルとして発売されていくことからも、「グローバル」アカウントを閉鎖したのかその理由は判然としない状況にありました。

確かに、フォローワーは「100万人」を超えている大型アカウントなので、最新機種や「キャンペーン」の情報をTweetするだけでかなりの宣伝効果があると判断することができます。しかしながら、この話題となったアカウントが閉鎖された2日後に復活しています。そして以下のようなTweetをしています。

Hi everyone, our Twitter feed will have a new home from 1st June 2019, so please be sure to follow our @SonyMobileNews account to continue getting all the latest exciting news and updates from #Xperia.

簡単に訳せば、「6月1日」以降、「Xperia」関連のニュースやアップデート情報は「@SonyMobileNews」から配信することになります。なのでそちらをチェックして下さい。としています。つまり復活したといえ「6月1日」以降は使われなくなると判断することができます。そして、もう一つ気になるのは、新しい「アカウント名」に「Xperia」が使われていないこと。単純に「SONY」として「ロゴ」を統一するのか判然としない状況にあります。

そして今度は、「中国」の方でいろいろと話題となっていることが判明しています。中国の大手サイトである「ePrice」は上記の画像でも確認することができますが、「モバイル」のカテゴリーページのタグが「Xperia」から「SONY」に変更されていることを確認することができたとしています。つまり「Xperia」のロゴが使われていないんですよね。

中国の大手SNSサイトであるweiboのユーザーが上記の画像のような投稿をしており、簡単にいえば「Sony China」の高橋洋氏の話によると、今後は「Xperia」の「ロゴ」が削除され「SONY」に統一すると発言したとしています。つまり今後は、「Xperia」のロゴが使われない可能性が非常に高いと判断することができます。

这时候的新手机就再也没有xperia的logo出现了。可惜了,这xperia logo我觉得挺好看的。

また上記のような投稿もされており、新しい「Xperia」は「Xperia」のロゴを冠していません。「Xperia」のロゴが良かったのに残念としています。ここまでくると「Xperia」のロゴが削除される可能性がかなり高いと判断することができます。ただ機種によるのかもしれませんが、実際に手持ちにある「Galaxy S10+」は「Samsung」のロゴはありますけど、「Galaxy」のロゴはありません。

単純に「Xperia」のロゴを削除するということであれば、そこまで影響がないと判断することができます。ただ「Xperia」自体が「製品名」です。まさか「製品名」にまで影響がでないか心配です。さすがに「Xperia」の名称を完全に変更したら、それこそ何の機種だか分からなくなるので。ただなぜ「SONY」は「Xperia」のロゴを削除しようとしているのか今回の情報では判然としません。

確かに海外では「SONY」は通じても「Xperia」が通じないことは多々あります。だからこそ、知名度がしっかりしている「SONY」に統一するということになるのでしょうか。日本のSONYのホームページでは「Xperia」の名称はそのまま採用されており、さらに強いて言えば、今回の変更は、「SONYモバイル」のホームページではなく、「SONY Store」の変更になります。

次期「Xperia」から「ロゴ」が削除されるか判然としません。ただ今から「Twitter」や「ホームページ」に変更を加えていることを考えると、次期「Xperia」から「Xperia」のロゴが削除されていてもおかしくはありません。だとすれば「Xperia 1」や「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」は「Xperia」のロゴを採用した最後の機種になるかもしれませんね。今後の動向に要注目です。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「Xperia XZ2 premium」と「Xperia X…

2018年の第2四半期の決算内容からも、久しぶりのフルモデルチェンジとなった「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が大失敗に終わっていることが…