「Galaxy S10 5G」は「4月5日」より発売開始に。ただ「SIMフリー」モデルを入手するのは当面難しいかも。

  1. Galaxy

事前予約の段階ですでに大反響となっていた「Galaxy S10」シリーズですが、「アメリカ」や「イギリス」では、事前予約数で新記録を樹立しており、さらに「中国」では、前モデルである「Galaxy S9」シリーズと比較すると「400%」以上の予約件数を獲得し、さらに「香港」を拠点とした「Etoren」では、「Exynos9820」搭載モデル、そして「snapdragon855」搭載モデルの初回入荷分が即日完売するなど、「キャリアモデル」そして「SIMフリーモデル」において非常に好調であることが判明しています。

詳細は「衝撃の疑惑。「Etoren」で「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」の初回入荷分はすべて完売かも。」と「「snapdragon855」搭載モデルのほうが人気?「Etoren」で「Galaxy S10」シリーズが即日完売に。」をご参照下さい。

一方で日本のSamsungの公式ホームページを確認する限り、「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy Fold」が日本で発売される可能性が高いと予測されていましたが、先日の「認証」情報からも、「Galaxy S10e」は日本で発売されない可能性が高いと予測されています。詳細は「「Galaxy S10e」は日本で未発売に?「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」が「DoCoMo」と「au」から発売かも。」をご参照下さい。

日本で発売される可能性はほぼないとされている「Galaxy S10 5G」ですが、「TOFセンサー」を含めた「クアッドレンズカメラ」に「4500mAh」の大型バッテリーを搭載しており、さらに「Galaxy」シリーズ史上最大の「6.7インチ」のディスプレイを搭載するなど、非常に魅力的な仕様になっていますが、「Galaxy S10+」と比較すると、「容量構成」が1モデルしかないこと。そして、「シングルSIM」仕様など、ちょっと物足りなさを感じる面もあります。詳細は「「SIMフリーモデル」を購入する価値があるのか。「Galaxy S10 5G」より「Galaxy S10+」のほうが高性能なのでは。」をご参照下さい。

なんともいいがたい「Galaxy S10 5G」ですが、GSM Arenaによると、「4月5日」より発売を開始することが判明したとしており、さらに「SIMフリーモデル」は当面入手が難しい可能性が高いと考えることができるので簡単にまとめたいと思います。



発売日は「4月5日」に

さて今回の情報によると、「3月22日」より予約を開始し、「3月29日」より発売を開始すると予測されていた「Galaxy S10 5G」ですが、少なくとも「韓国」が先行で発売になるかと思いきや、「発売」が延期され、「4月5日」にずれ込んだことが判明したとしています。少なくとも「韓国」国内では、「SK Telecom」「KT Corporation」「LG Uplus」の大手キャリアで販売されることが判明しています。

ただ「LG Uplus」が「発売時期」を「4月上旬」に変更していたことが判明し、「Galaxy S10 5G」の発売が延期になったことが判明し、さらに今回の情報にあるように「4月5日」より発売を開始することが最終決定したとしています。発売が延期された理由は、「韓国」国内での様々な調整が難航したことが原因だとされています。また「Galaxy S10 5G」は「Galaxy S」シリーズとしては異例となる「予約」なしでの販売を開始したことが判明したとしています。

ちなみに予約を受け付けなくした理由は、当初の予定である「3月22日」から事前予約を受け付けしたとして、発売日の「4月5日」までの期間がかなり空いてしまうからだとしています。だとしても「2週間」程度ですよね。なんかちょっと裏がありそうで気になりますよね。

一方で「韓国」の次に発売を開始する地域が「アメリカ」であることが判明していますが、すでに「Galaxy S10 5G」の「Wi-Fi Alliance」の認証を通過していることが判明しています。つまり「発売」への最終段階に入っていると判断することができます。また「アメリカ」では少なくとも「Verizon Wireless」が独占販売することが判明しています。

ただ「第二四半期」までと非常に限定的な「独占販売」になるとされており、夏以降に「AT&T Mobility」「T-Mobile USA」「Sprint」が順次発売を開始することが判明しています。「Verizon Wireless」が「5G」サービスを始めるのは「4月11日」からとされているので、「キャリアモデル」も「4月11日」もしくは、それ以降の発売になる可能性が高いと判断することができます。

ただここで問題となってくるのは「SIMフリー」モデルの存在です。「韓国」に関しては、「アメリカ」のように「キャリア」による「先行発売」という形式はとっていませんが、「アメリカ」では、少なくとも現時点での情報を確認する限りでは「キャリアモデル」での発売優先されているように感じます。また「価格」に関しては、まだ「Samsung」が正式に発表していませんが、「アメリカ」市場においては、「$1332」程度になると予測しています。つまり日本円で約「14万6000円」程度です。

単純に比較はできませんが、「Galaxy S10+」の「RAM8GB/ROM512GB」モデルと同程度の価格設定になると考えることができます。SIMフリーモデルを購入する場合、「Galaxy S10 5G」は「RAM8GB/ROM256GB」のみしかモデルがないため、容量を気にするユーザーにはあまりおすすめできません。ちなみに執筆時点での情報になりますが、「eBay」や「Amazon」においては予約または販売は流石にしていませんね。

少なくとも「日本」での発売される可能性はかなり低いと考えることができ「Galaxy S10 5G」ですが、日本国内ではお馴染みの「Etoren」や「Expansys」で「SIMフリー」モデルが販売されるのか非常に気になるところです。少なくとも時期はずれても「ヨーロッパ」でも「Galaxy S10 5G」は発売になることが判明しています。だとすれば「SIMフリー」モデルも合わせて発売して欲しいところですが。

発売から、間も無く「3週間」程度になる「Galaxy S10」シリーズですが、少しずつ値下がりを開始しており、国内でも「Amazon」で気軽に購入することができます。

だとすると、「Galaxy S10 5G」を購入できるようになる時には、「Galaxy S10」シリーズとの価格の剥離によって、「コスパ」が悪いように見えちゃいますが。「6.7インチ」という大型ディスプレイに「4500mAh」の「バッテリー」は非常に魅力的なんですけどね。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「Galaxy Note」の集大成。「Galaxy Note…

作戦開催されたSamsungの開発者会議において、長らく噂されてきた「折りたたみ式」を採用した機種「Galaxy F」のプロトタイプを公開し大きな話題となりました。「Sa…