電池持ちは過去最低かもしれないが。歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は常に「4K」表示の可能性。

  1. Xperia

「日本」でも発売が確実視されている「Xperia 1」ですが、先日の情報からも「イギリス」の「Clove」や「Expansys」においてすでに予約が開始しており、さらに「Clove」においては、本体価格に加え、入荷時期が「5月下旬」になると表示されていることからも、「先行」発売地域では、「5月下旬」に発売を開始する可能性が非常に高いと予測されています。

詳細は「「Xperia 1」はやはり「6月」発売に。でも「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」はすでに発売を開始していた。」と「予約をすでに開始しているのは「Clove」と「Expansys」。「Xperia 1」の最速の発売はやはり「5月下旬」?」をご参照下さい。また一部情報においても、「日本」でも「5月下旬」に発売を開始する可能性が高いと予測されています。

一方で先日の情報からも、「SONY」は日本市場向けに、「カスタマイズモデル」を開発している可能性が高いと予測されており、「Xperia 1」には「液晶」モデルが「au」から。「Xperia 10 Plus」には「snapdragon710」搭載モデルが「SoftBank」から発売される可能性が高いと予測されており、「Xperia 10」に関しては、「キャリアモデル」として発売しない可能性が高いと予測されています。

詳細は「「上位」モデルも「劣化」モデルも。「Xperia 1」や「Xperia 10」には「日本市場」向けの特別モデルが存在に。」と「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」と「また中途半端な発表に。「Xperia 4」がまもなく正式発表で、「Xperia 10」はやはり「キャリアモデル」が存在せず。」をご参照下さい。

海外の大手サイトはすでに実機を入手していますが、まだ詳細なレビュー記事は公開されていないので、判然としないのですが、やはり気になるのは「6.5インチ」に「4K OLED HDR」を搭載したことによる「電池持ち」です。さて今回SONYの公式サポートフォーラムにおいて、「Xperia 1」は「Xperia XZ2 premium」などと異なり、常に「4K」の表示解像度である可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



常に「4K」の表示解像度に?

さて今回Sonyの公式サポートフォーラムにおいて、実際に投稿されていた内容は以下のようになります。

If I remember correctly, although all premium Xperias in past have 4K display, they display majority of contents in FHD (such as home screen etc)  except for certain contents such as photo or video. 

Does Xperia 1 do the same thing, or maybe instead of FHD+, it uses QHD+ like XZ3 or “all time 4K”?

今回の投稿によると、「Xperia Z5 premium」や「Xperia XZ premium」など歴代の「premium」モデルは「4K」ディスプレイを搭載していますが、「写真」や「動画」など、特定のコンテンツを除いては、「FHD」の表示解像度に変更され、常に「4K」の「表示解像度」で表示されているわけではありません。一方で「Xperia 1」に関しては、「Xperia XZ3」のように「2K」や「FHD」のように「表示解像度」を変更することによって、常に「4K」で表示することは可能ですか?という質問をしています。

「SONY」が歴代「premium」モデルを常に「4K」表示させなかったのは「電池持ち」との兼ね合いだとしています。いくら大型バッテリーと「液晶」の組み合わせでも常に「4K」表示することは流石に限界があります。また「Xperia XZ3」のように「表示解像度」を変更することもできませんでしたしね。あまり詳細は判然としませんが、「表示解像度」を変更できるのは、「有機ELディスプレイ」を採用した恩恵だと判断することもできます。

そして今回の投稿に関して、以下のとうな投稿がされていることが判明しました。

So unlike old premium models which display most contents in FHD (again, like home screen, browser etc),  Xperia 1 display them in 4K all the time.

I personally think it’s quite a difference.

Could be big improvement in terms of visual but also could be bad for battey life.

先ほどの質問に対しての返答となっており、今回の投稿によると、歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は「ホーム画面」や「ブラウザ」など「写真」や「動画」など、特定のコンテンツのみではなく、すべてが「4K」で表示されるとしています。少なくとも「視覚的」には大幅な進化をしているとしています。さらに歴代「premium」モデルでも初となる「有機ELディスプレイ」を搭載しているので尚更です。

ただ懸念点として「電池持ち」には悪影響がでる可能性があるとしています。ただ今回の投稿で判然としないのは「Xperia XZ3」のように「Xperia 1」も表示解像度が変更できるのか。できるとすれば「FHD」と「4K」の2択なのか。それとも「2K」も選択できるのか判然としません。電池持ちを考えれば、流石に「FHD」と「4K」で選択できるようになっていると推測することができますが。

今回の投稿が正しければ、「Xperia 1」は「4K OLED HDR」を搭載したこと以上に、正直常に「4K」の表示解像度に対応していることのほうがすごいと感じてしまいます。少なくとも常に「4K」で表示したとしても、最低限の「電池持ち」は保証されているからこそ、常に「4K」で表示することを可能にしたと考えることができるので。でなければ、常に「4K」の表示ができたとしても意味がありません。

とはいえ、歴代「premium」モデルの「電池持ち」は著しく悪いです。とりあえず「世代」を重ねるごとに少しずつ改善していますが、それでも「Xperia XZ3」や「Xperia XZ2」などのメインストリームモデルには全く及ばない「電池持ち」となっています。「Xperia 1」が「4K」で常に表示した場合、どれくらいの「電池持ち」を実現するのか。

発売以降の海外サイトのバッテリーテストの結果が公開されるのが非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事