「Xperia 10」はどれだけ通用するのか。「Xperia XZ3」など歴代「Xperia」と「ディスプレイ」と「処理性能」を比較してみた。

  1. Xperia

先日の情報からも、「日本」で発売される可能性が高いと予測されていた「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」ですが、直近の情報では、「Xperia 1」には「LCD」を採用したモデル。そして「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」には「snapdragon710」を搭載した「グローバルモデル」よりかなり強化されているカスタマイズモデルが存在している可能性が高いと予測されています。詳細は「「上位」モデルも「劣化」モデルも。「Xperia 1」や「Xperia 10」には「日本市場」向けの特別モデルが存在に。」をご参照下さい。

一方で、さらに「Xperia 1」に関しては「3キャリア」共通して扱う可能性が高いと予測されていましたが、直近の情報においては「Xperia 1」は「DoCoMo」から。そして「Xperia 1」の「液晶」を搭載した「劣化モデル」が「au」から。そして「SoftBank」は「snapdragon710」を搭載した「Xperia 10 Plus」の強化モデルが発売される可能性が高いと予測されており、「Xperia 10」に関しては、「キャリア」から発売されない可能性が高いと予測されています。詳細は「キャリアで大きく異なる戦略を。「Xperia 1」は「DoCoMo」から「Xperia 10 Plus」は「SoftBank」から発売かも。」をご参照下さい。

一方で先日には実際には「Etoren」で「Xperia 10 Plus」を購入して、実際に使ってみましたが、「アスペクト比21:9」を採用していることにすら慣れてしまえば、非常に完成度が高く、さらに「カメラ」や「処理性能」に関しても、特段不満を感じることがなく、とても「5万円」以下で購入できる機種の完成度ではないと判断することができます。詳細は「「アスペクト比21:9」を気に入れば最高。「Xperia 10 Plus」を実際に購入して使って見て気になることをまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回海外サイトである「Phone Arena」が「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の詳細なレビューを公開しており、その中で「ディスプレイ」と「処理性能」において、歴代「Xperia」にどれだけ通用するのか簡単にまとめたいと思います。



「ディスプレイ」と「ベンチマーク」

さてまず上記の画像は、同サイトが行なった「ディスプレイテスト」の結果になります。一応前提として、同サイトが行なったものになり、他のサイトにおいてはまた評価が異なる可能性が十分に考えられるので。その上で、今回は「Xperia XA2」シリーズ、「Xperia XZ1」シリーズ、そして「Xperia XZ2」シリーズと「Xperia XZ3」さらに「Xperia  10」シリーズを比較したものになります。

ここ直近の「Xperia」、特に「ハイエンドモデル」が中心になりますが、比較したものになります。また各項目のスコアの中でも比較的「Xperia 10」と「Xperia 10」の評価が高いものを確認したいと思います。まず「contrast」です。「Xperia 10」が「エクセレント」の評価を獲得しています。ちなみに上記のグラフを評価が高い順番に並べなおすと。

contrast 機種名
1位 Xperia XZ3
2位 Xperia 10
3位 Xperia XA2 Ultra
4位 Xperia 10 Plus
5位 Xperia XZ2 Compact

このような順番になります。少なくとも「contrast」部門においては「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」の両方の評価が高いことを確認することができます。次に「色温度」を確認したいと思います。「色温度」は簡単に言えば、「ディスプレイ」における「赤」と「青」のバランスです。指標としては「6500K」に近ければ近いほど優秀になります。

色温度 機種名
1位 Xperia XZ1
2位 Xperia 10
3位 Xperia XZ2 Compact
4位 Xperia XZ2 premium
5位 Xperia XZ2

上位5機種とも「6500K」以上のスコアとなっていることからも、「ディスプレイ」の色合いが少し青っぽく見えるということになります。そして最後に「デルタE」の「RCBCMY」です。スコアが「2」に近づけば近づくほど優秀です。

デルタE(RCBCMY) 機種名
1位 Xperia 10
2位 Xperia XZ3
3位 Xperia XZ2 premium
4位 Xperia XZ2 Compact
5位 Xperia XZ2

全体的な評価としてはやはり「Xperia XZ3」のほうが高いと判断することができますが、少なくとも今回同サイトが行なった「ディスプレイテスト」においては特に各項目別でみると特に「Xperia 10」が高い評価を獲得していることを確認することができます。「Xperia 10」のディスプレイでも「歴代Xperia」と比較して十分に通用するこを確認することができます。

次に「処理性能」を比較したいと思います。「Xperia 10」は「snapdragon630」を搭載しており、さらに「Xperia 10 Plus」は「snapdragon636」を搭載しており、処理性能で見れば、「ハイエンドモデル」と比較すれば、かなり不利です。その上で、まず「AnTuTu」のベンチマークをまとめると以下のようになります。

AnTuTu 機種名 スコア
1位 Xperia XZ3 25万9541
2位 Xperia XZ2 25万6382
3位 Xperia XZ2 Compact 24万7862
4位 Xperia XZ2 premium 17万4207
5位 Xperia XZ1 15万2162
6位 XperiaXZ1 Compact 15万1745
7位 Xperia 10 Plus 11万6870
8位 Xperia 10 8万8569
9位 Xperia XA2 8万7158
10位 Xperia XA2 Ultra 8万6990

「処理性能」とはいっても、「CPU」「GPU」「RAM」など本体を構成している様々な要素を元に算出しているベンチマークになりますが、流石に「snapdragon845」を搭載している機種に対して、「Xperia 10 Plus」でさえ、半分以下。「Xperia 10」で見れば約「3分の1」となっていることを確認することができます。

次に「GeekBench4」の「マルチスコア」で比較すると以下のようになります。

マルチスコア 機種名 スコア
1位 Xperia XZ3 8577
2位 Xperia XZ premium 8488
3位 Xperia XZ2 8360
4位 Xperia XZ2 Compact 8261
5位 Xperia XZ1 6064
6位 Xperia XZ1 Compact 5876
7位 Xperia 10 Plus 4823
8位 Xperia XA2 Ultra 4216
9位 Xperia XA2 4177
10位 Xperia 10 4079

おそらくですが、今回の「スコア」は平均値ではないと思いますが、目安には十分になるかと。「AnTuTu」の場合は「Xperia XA2」シリーズより「Xperia 10」シリーズのほうが良かったですが、「GeekBench」になると「Xperia 10」がひどい結果に。何より「Xperia 10 Plus」の「RAM6GB」の効果が大きいのかもしれませんが。

今回は「ディスプレイ」と「処理性能」について、簡単に比較してみました。少なくとも「ディスプレイ」において「Xperia 10」は優秀だけど、「処理性能」は厳しいことを確認できたと思います。ちなみに先日には「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の選び方をまとめたので、「どっちを購入しますか?「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の違いや、選び方をまとめてみた。」をご参照下さい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事