「Xperia 1」発売までの前哨戦。「Xperia 10 Plus」と「Galaxy S10+」を比較してみた。

  1. Galaxy

互いに発売を開始して記念すべき「10周年」を迎える「Xperia」と「Galaxy」ですが、「Galaxy S10」シリーズに関しては、「3月8日」よりすでに発売を開始しており、「Etoren」で「初回入荷分」がすべて完売に。そして事前予約においては「アメリカ」や「イギリス」で「Galaxy」シリーズとしての新記録を樹立するなど、かなり注目度が高いことが判明しています。詳細は「衝撃の疑惑。「Etoren」で「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」の初回入荷分はすべて完売かも。」と「「Galaxy S10e」が希少価値が高い?驚異的な予約数を獲得した「Galaxy S10」シリーズがいよいよ発売開始に。」をご参照下さい。

一方で「Xperia」に関しては、「Xperia 1」の発売はまだ先の話になりますが、「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」そして「Xperia L3」に関してはすでに発売を開始しており、先行で発売を開始した「ヨーロッパ」において、一部地域で完売し、さらに「中国」においても、前モデルである「Xperia XA2」シリーズと比較して好調な売れ行きであることが判明しています。詳細は「結構人気が集中している?「Etoren」で「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」の配送が遅れているかも。」をご参照下さい。

とはいえ、「Galaxy S10」シリーズは、その3機種とも「ハイエンドモデル」扱いとなっており、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」に関しては、「ミドルレンジモデル」となっており、やはり「Galaxy S10」シリーズに対抗できるのは、「Xperia 1」となってきます。特に「ディスプレイ」に関しては「Xperia 1」も「Galaxy S10」シリーズも大きく進化しており、非常に注目度が高い機種となっています。詳細は「「Xperia 1」の発売まで待つ必要性ある?先に発売を開始する「Galaxy S10+」と「Xperia 1」を比較してみた。」をご参照下さい。

さて、「Xperia 1」とほぼ同じ本体サイズに「ディスプレイ」を採用している「Xperia 10 Plus」と「Galaxy S10+」の両方を購入したので簡単に比較したいと思います。



「前哨戦」になるかな。

まずぱっと見の印象としては、「Galaxy S10+」が「6.4インチ」のディスプレイに「Xperia 10 Plus」が「6.5インチ」のディスプレイを搭載していますが、「Xperia 10 Plus」のほうがやけに大きく感じますよね。原因の一つとしては、「ベゼル」ですよね。それでは「スペック」をまとめると以下のようになります。

比較 Galaxy S10+ Xperia 10 Plus
ディスプレイ OLED LCD
ディスプレイサイズ 6.4インチ 6.5インチ
表示解像度 2K(3040×1440) FHD(2520X1080)
画面占有率 88.63% 81.13%
本体サイズ 157.6 x 74.1 x 7.8 mm 167 x 73 x 8.3 mm
重さ 175g 180g
OS Android9.0
SOC snapdragon855 snapdragon636
RAM 8/12GB 4/6GB
ROM 128/512GB/1TB 64GB
メインカメラ 12MP+12MP+16MP 12MP+8MP
インカメラ 10MP+8MP(HDR) 8MP(HDR)
バッテリー 4100mAh 3000mAh
生体認証 指紋/顔 指紋
防水・防塵 IP68 ×
イヤホンジャック

まず「デザイン」から簡単に見ていきたいと思います。

背面で比較するとこんな感じになります。「アスペクト比21:9」を採用している「Xperia 10 Plus」がかなり縦長に見えるのは当然として、一方で、カタログスペック上では、「横幅」が「0.1mm」だけ「Galaxy S10+」のほうが短いのですが、実機を比較すると、「Galaxy S10+」のほうが横幅があるようにみえますよね。それだけ「Xperia 10 Plus」が縦に長いことで、横幅が細く見えるということですよね。

そのほか「2つ」の機種とも「カメラ」のみで、すっきりとしたデザインです。やはり「メタル」と「セラミック」では「セラミック」のほうが高級感があるように見えます。またロゴですが、「Galaxy S10+」は「Samsung」のロゴはありますが、「Galaxy」のロゴはありません。

「側面」を比較するとこんな感じです。本体の厚さ的には「0.5mm」の差がありますが、「Galaxy S10+」は「Edgeスタイル」を採用していることもあり、「サイドフレーム」がかなり細いので、よりスタイリッシュに見えます。また自分が所持しているのは、「Ceramic」モデルになるため、本体の重さは「198g」となり、「Xperia 10 Plus」より「28g」重いんですけど、数字以上に重く感じます。

ただ、「高級感」がある重さで、単純に重いって印象は受けません。ただ「重い」とはいえ」「Edgeスタイル」を採用していることからも、「Xperia 10 Plus」より持ちやすいです。また「持ちやすさ」の一つの要因ににもなる「生体認証」ですが、「Xperia 10 Plus」は「背面」から「側面」に「指紋認証」が搭載されたことで、かなり快適になりました。

一方で「Galaxy S10+」に関して、使ってみて最初に思ったのが「顔認証」が爆速です。これは「Galaxy Note9」と比較してもかなり高速化しています。なので、「生体認証」込みで考えても「Galaxy S10+」のほうが快適です。

本体上部はこんな感じです。「側面」に関しては、「Edge」スタイルでスリム化していますが、「上下」のフレームはそれなりに分厚いです。とはいっても「Galaxy S10+」のほうが薄いですが。「Galaxy S10+」は「SIMトレイ」と「マイク」を搭載しており、「Xperia 10 Plus」は「イヤホンジャック」と「マイク」を搭載しています。「SIM」トレイに関しては、「側面」にあります。

そして本体下部はこんな感じです。「Xperia 10 Plus」は「スピーカー」と「USB-C」で「Galaxy S10+」は「ステレオスピーカー」と「イヤホンジャック」に「USB-C」を搭載しています。2つの機種とも「ハイレゾ」に「イヤホンジャック」を搭載しているのはありがたいですよね。ただ「Xperia 1」に関しては、「イヤホンジャック」を搭載していないです。

そして気になるのは「電池持ち」です。「バッテリー」の容量が明白に違うのですが。まず「Galaxy S10+」のバッテリーテストの結果が以下のようになります。

スコア的には「91H」となっています。

次に「Xperia 10 Plus」のスコアが「78H」となっていることを確認することができます。少なくとも「Xperia 1」が「3330mAh」のバッテリーを搭載しているとはいえ、「4K OLED」を搭載している時点で、スコアは「Xperia 10 Plus」と同等か、それ以下になる可能性が高いと判断することができます。

「Xperia 1」が「Galaxy S10+」に勝負できるとすれば、それこそ「ディスプレイ」と「カメラ」です。とはいえ、日常使う上で、重要な持ちやすさや「電池持ち」に関しては、「Galaxy S10+」のほうが優秀です。なので「Xperia 1」にとっても非常に厳しい戦いになりそうですよね。「Xperia 1」のカメラやディスプレイにそこまでの魅力を感じないのであれば、尖った特徴を持つ「Xperia 10 Plus」や、全体のバランスが非常にいい「Galaxy S10」シリーズのほうがいいかもしれませんね。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事