[レビュー]購入して久々によかったと思える機種に。「Xperia 10 Plus」を「Etoren」で購入したので開封してみた。

  1. Xperia

今年当初までは、「MWC2019」で通称「Xperia XZ4 Compact」が正式に発表されると予測されていましたが、実際には事前情報通り発表されることなく、さらに直近の情報では、次期「Compact」モデルは「Xperia 4」として数ヶ月以内に正式に発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「次期「Compact」モデルの正式名称は「Xperia 4」に?「4月」に発売されるかも。」をご参照下さい。

さらにこの「Xperia 4」は、従来の「Compact」モデルと同等の電池持ちを実現している可能性があるとの予測もありますが、直近でリークした情報によると、「5.7インチ」の「ディスプレイ」に「2800mAh」のバッテリーを搭載していると予測されていることからも、「Xperia XZ1 Compact」などと同等の「電池持ち」を実現している可能性は低く、さらにその本体サイズからも「Compact」モデルとはいえない存在になりつつあります。

詳細は「歴代「Xperia」の中で最高の電池持ちを実現に。次期「Xperia 4」は「Xperia XZ1 Compact」以上の「電池持ち」に?」と「DoCoMoが新料金プランへの移行に伴いラインナップも大きく見直しへ。「Xperia 4」はもはや「Compact」ではない。」をご参照下さい。

さらに先日の情報からも、この「Xperia 4」を含めて、「DoCoMo」は「Xperia 1」そして「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」も夏モデルとして発売する可能性が高いと予測されており、やはり「分離プラン」に移行する影響もあるのか、従来のラインナップと大きく異なり、「ミドルレンジモデル」重視のラインナップに変更される可能性が高いと予測されています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。

さて今回、先月末から、「発売」を開始していた「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」ですが、実際に「Etoren」で「Xperia 10 Plus」を購入し、実際に手元に届いたので、簡単にレビューをまとめたいと思います。



開封してみた。

さて実際「Xperia 10 Plus」を購入し、手元に届いたので開封していきたいと思います。今回の配送は「DHL」ですが、国内での配送は「佐川急便」でした。少なくとも配送予定日は「3月11日」でしたけど、「佐川急便」の人が間違って配達してくれるという、自分にとってラッキなー配送ハプニングがあり、「3月9日」の夜には実際に手元に届きました。

「Xperia 10 Plus」の箱が上記の画像になりますが、非常にシンプルになります。「Xperia XZ2 premium」や「Xperia XZ3」までは、パッケージデザインにもこだわりがあり、さらに箱自体も上質な紙を採用している感じでしたが、「Xperia 10 Plus」の箱は、柔らかめの紙を採用しており、さらにデザインがシンプルになったことで、安っぽい印象を受けます。

とりあえず、開けるとこんな感じです。「Galaxy Note9」の時とかは、「背面」「表面」の両方にシールが貼ってありましたが、「Xperia 10 Plus」はビニールの袋にただはいっているだけ。ある意味余計な手間がないので楽といったら楽ですけど。

付属品に関しては、いつもと代わり映えがないので、特段開けていません。説明書からアダプターなどなど。

「フロント部分」はこんな感じです。実際に写真でみる以上に縦長です。

背面はこんな感じ。今回は「ゴールド」を選択しました。ただ購入した後に、「ネイビー」も悪くないかと思ってしまって。「SIMフリー」の「ミドルレンジモデル」を初めて購入したのが、「Xperia XA Ultra」の「ゴールド」モデルだったので、ある意味「Xperia 10 Plus」は後継機種なので「ゴールド」を選んだのですが。。

背面の素材は「アルミ」です。触った感じもツルツルしておらず、ちょっとざらつく感じに。片手で操作する場合は、都度持ち直しが必要性がありますが、本体の材質で落としやすいという心配はないかと。「ガラス」は「ガラス」で悪くないですけど、「アルミ」のほうが、個人的には好き。「アルミ」だと「指紋」もそこまで気にならないので。

一応ここで「スペック」をまとめると以下のようになります。

ディスプレイ LCD
ディスプレイサイズ 6.5インチ(FHD)
本体サイズ 167 x 73 x 8.3 mm
重さ 180g
OS Android9.0
SoC snapdragon636
RAM/ROM 6GB/64GB
メインカメラ 1200万画素+800万画素
インカメラ 800万画素
バッテリー 3000mAh

「横幅」が「73mm」に抑えられていること。そして本体の材質に「アルミ」を採用していることからも、かなり手にフィットし、想像以上に持ちやすいです。「Xperia XZ2 premium」や「Xperia XZ3」が「アンビエントフロー」を採用し、より手にフィットする形状になっているとはいえ、背面に「ガラス」を採用していることから、正直ツルツルして、あまり「持ちやすい」と思いませんでした。

それに「カタログスペック」以上の重さを感じる。一方で「Xperia 10 Plus」は「180g」となっていますが、かなり縦長で、本体が大きく見える影響もあるのか、「カタログスペック」より軽く感じます。この軽さも相まって、非常に持ちやすいです。

本体の「側面」を確認すると「電源ボタン」と「指紋認証」そして「音量ボタン」。「電源ボタン」の認証速度は完璧。また詳細は別記事にしようとおもっていますが、やはり「指紋認証」は「ボタン式」ではありません。指を添えるだけで認証をしてくれます。ちなみに「ディスプレイ」がついてないときでも、「指紋認証」をすれば、ディスプレイも付きます。

反対側の「側面」は「SDカード」+「SIMトレイ」のみ。非常にシンプルなでザイン。

本体「下部」は「スピーカー」が「2つ」に「USB-C」を確認することができます。本体の材質に「アルミ」が採用されているので「ワイヤレ充電」に対応していません。

本体「上部」は「イヤホンジャック」と「マイク」のみ。「Xperia XA2 Plus」に引き続き、「Xperia 10 Plus」も「ハイレゾ」+「イヤホンジャック」なので、最強の組み合わせになります。「イヤホンジャック」が搭載されている機種って、いまや「ミドルレンジモデル」でも少なくなってきているので、そう考えると「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」は貴重な存在です。

「カメラ」に関しては、地味に出っ張っています。ただ気になるほどではないかと。ちなみに先日の記事にまとめましたが、「Xperia XA3 Ultra」専用ケースは「Xperia 10 Plus」にぴったりハマりました。詳細は「価格次第では悪くない。「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」のケースを比較してみた。」をご参照下さい。

ちなみに、「Xperia 10 Plus」で撮影した画像が以下の感じになります。

「画像」自体はかなり圧縮しているので、画質自体は落ちてしまっていますが、少しでも参考になれば幸いかと。特段「画像」自体は編集もせず、さらに撮影自体も「オート」で撮影しています。なので、一番素の状態で撮影ができているのではないかと思います。ちなみに「アスペクト比21:9」のフレームでは撮影していません。

今回は開封編ということで簡単にまとめてみました。持ちやすくて、軽くて、かつ動作に問題は今のところ感じません。まだ半日しか使っておらず、まだまだ見えていないこともあると思いますが、初見では久しぶりに満足度が高い機種と感じました。気になる点などはまた別記事で後日まとめたいと思います。

「Etoren」では、早くも「Xperia 10」が「1000円」程度。「Xperia 10 Plus」が「2000円」程度の値下げとなっています。発売当初よりさらにコスパが良くなっているので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事