今「Xperia 10 Plus」を購入するなら。「Etoren」と「Expansys」のどちらで購入すべきかまとめてみた。

  1. Xperia

開発者インタビューにおいても、今年は「日本国内」で「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」など「ミドルレンジモデル」を展開する可能性があることを示唆していますが、事前情報においても、今年の「DoCoMo」は新型「Xperia」を4機種扱う可能性があると予測されており、「Xperia 1」に加え「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」。そして先日より話題になっている通称「Xperia XZ4 Compact」つまり「Xperia 4」が発売される可能性があると予測されています。

詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」と「歴代「Xperia」の中で最高の電池持ちを実現に。次期「Xperia 4」は「Xperia XZ1 Compact」以上の「電池持ち」に?」をご参照下さい。

すでに「ヨーロッパ」の一部で発売を開始している「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」ですが、一部地域では「在庫状況」が不安定になり、かつ「SONY Store」の直販で「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」を購入したユーザーに対しては、無料の「スタイルカバー」が同梱されるなど、SONYも販促を強化しつつ、手応えを感じている可能性があると予測されています。詳細は「品切れが多発中。「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」は「ミドルレンジモデル」では過去最大のヒット作に?」をご参照下さい。

「香港」を拠点として「Etoren」においても、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」の発売が開始しており、先日には「在庫状況」が「在庫あり」となっていることからも、注文次第、即日対応できるようになっている可能性が高いですが、「Galaxy S10」シリーズの発売も重なり「配送」自体に遅れが出ている可能性も否めない状態となっています。

さて今回海外のSIMフリースマートフォンを扱う「Etoren」と「Expansys」において、今「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」を購入するならどちらのサイトで購入すべきか簡単にまとめたいと思います。



どちらで購入するべきか。

さて上記の画像が執筆時点での「Xperia 10」の製品ページになります。取り扱いとしては「4色」すべて扱っています。金額としては「3万7015円」となっていることを確認することができます。

次に、上記の画像は「Xperia 10 Plus」の製品ページが上記の画像になります。「Xperia 10」と同様に4色すべてを扱っており、価格に関しては「4万4190円」となっていることを確認することができます。今回は「保証」や「返品」などの規定は考慮しません。その上で、「Etoren」を含めて価格をまとめると以下のようになります。

Xperia 10 Etoren Expansys
本体価格(税込) 4万100円 3万8791円
送料 1950円 1800円
別途請求 0円 1776円
実質負担金 4万2050円 4万591円

 

Xperia 10 Plus Etoren Expansys
本体価格(税込) 4万9300円 4万4190円
送料 1950円 1800円
別途請求 0円 2121円
実質負担金 5万1250円 4万8211円

ちなみに「送料」に関しては、「Etoren」は「DHL」だろうと「FedEx」だろうと、一律で「1950円」負担する必要性があります。一方で「Expansys」に関しては「オプション」で選択することが可能になっています。通常便の「クロネコヤマト」の「国際便」か「FedEx」の「速達便」になります。今回は「Etoren」と整合性を合わせるために「速達便」を選択しているので送料が「1800円」になります。

「Expansys」においては、購入する際に支払うのは「本体価格」と「送料」のみになります。つまり「消費税」や「関税」は別途受け取りの際に支払う必要性があります。今回は「FedEx」を選択したことが前提となっているため、商品受け取り後、後日「請求書」が送付されてくるので、「コンビニ」などで支払う必要性があります。「Xperia 10」に関しては「1800円」くらいで、「Xperia 10 Plus」に関しては「2100円」程度になります。

そして「実質負担金」ですが、「Expansys」のほうが「Xperia 10」であれば「2000円」程度。そして「Xperia 10 Plus」のほうが「3000円程度」安いことを確認することができます。発売当初は、基本「Expansys」のほうが、「Etoren」より安いです。最近は「Etoren」のほうが「Expansys」より安かったですが。

この価格差をどう受け取るかは「ユーザー」次第の面もあります。とはいえ、大きな違いとしては、すぐに欲しいか。もしくは気長に待てるかの違いになります。「Etoren」に関しては「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の全色が「在庫あり」の状態となっています。つまり購入次第、すぐに配送の準備をしてくれると考えることができます。

一方で「Expansys」においては、執筆時点では「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」の全色が「在庫なし」の状態となっています。製品ページを確認すると分かりますが、最寄りの倉庫に在庫がないため、出荷されるまでに「5日〜15日」程度の時間を要します。となっています。少しでも安く済ませたいユーザーにとっては、「Expansys」のほうがおすすめです。

とはいえ在庫がないため、最大で「15日」発送するまでに時間を要するため、「配送」のオプションを選択する必要性はなく、「クロネコ」を選択するべきです。だとすれば「400円」さらに「送料」が安く済みます。「FedEx」の場合は、「1~2営業日」で配送が完了しますが、「クロネコ」の場合は「2~4営業日」になります。なので最悪の場合、注文してから届くまで、「19日」かかることになります。

一方で「Etoren」に関しては「FedEx」の場合「1~2営業日」で届くので、多く見積もっても「2日」。もちろん「Expansys」にしろ「Etoren」にしろ、購入した時間や、曜日によっても影響されますが、その差は最大で「17日」の差が生まれます。「2週間」以上ですよね。なので少しでも早く手元に欲しい人は「Etoren」をおすすめします。

気長に待てる人は「Expansys」ですね。以前まで「Expansys」もかなり在庫を持っていましたが、最近は最低数量しか持っていない印象を受けます。なので「Expansys」での購入を考えている人は、入荷しても少数の場合が多いので、事前に購入しておくか、それともこまめにサイトをチェックするしかありませんね。

金額が安いのは「Expansys」でも「配送が早い」のは「Etoren」非常に悩みどころだと思います。ただ自分の場合は時間を優先するので「Etoren」になります。何かしらの参考になれば幸いです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事