歴代「Xperia」の中で最高の電池持ちを実現に。次期「Xperia 4」は「Xperia XZ1 Compact」以上の「電池持ち」に?

  1. Xperia

昨年末には「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」そして「Xperia L3」のCADを基に作成されたレンダリング画像が公開され、大きな話題となりましたが、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」に関しては、実際に発表されたデザインを大きく異なっており、レンダリング画像を公開したOnLeaks氏の情報が外れたのはまさに久しぶりになります。詳細は「「Xperia」史上最高の完成度に。「Xperia 1」「Xperia 10」「Xperia L3」のスペック・価格・発売時期まとめてみた。」をご参照下さい。

一方でこの機種に遅れて公開されたのが、「Xperia XZ4」つまり「Xperia 1」と「Xperia XZ4 Compact」です。「Xperia 1」に関しては、「レンダリング画像」と実際のデザインは一致していますが、一方で「Xperia XZ4 Compact」に関しては、事前情報通り「MWC2019」で発表されることはなく、その発表時期や展開地域は判然としない状況となっています。詳細は「SONYからの過去最高の裏切り。MWC2019は「Xperia XZ4」の1モデルのみを発表へ。」をご参照下さい。

この「Xperia XZ4 Compact」に関しては、少なくとも「日本」市場を中心に発売する可能性が高いと予測されており、また有名なリーカーの話によれば、「ヨーロッパ」の一部地域で販売される可能性が高いと予測されています。ただ「Xperia XZ2 Compact」が最後の「ハイエンドCompact」モデルになると予測されていたように、「Xperia XZ4 Compact」は「ミドルレンジモデル」になる可能性が高いとされています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Compact」モデルは、従来のような大きさかつ、「電池持ち」は「Xperia XZ1 Compact」以上であると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



最高の「電池持ち」を実現に。

まず今回の投稿を確認する前に、今回の投稿した人物が、次期「Compact」モデルは、「Xperia 4」として「4月」に発売を開始する。ただ残念なことに「グローバルモデル」にはならないとしています。詳細は「次期「Compact」モデルの正式名称は「Xperia 4」に?「4月」に発売されるかも。」をご参照下さい。その上で今回の投稿は以下のようになります。

More exclusive news by my uncle (^_^) Xperia 4 will be exclusive to docomo japan. And is relatively compact, but not very compact as before. Good or bad news is 710 snapdragon. Battery life in talks is higher that xz1 compact. wow

now my opinion, with 710, at least in terms of battery will be good. But for games it will be bad.

投稿した人物の叔父からの話として、「Xperia 4」は「日本」の「DoCoMo」専売モデルになること。そして「Xperia XZ2 Compact」のように「Compact」といえど、大型化しているのではなく、以前のような、つまり「Xperia XZ1 Compact」のように非常に小型になるとしています。さらにスペックは「snapdragon710」を搭載、「電池持ち」は「Xperia XZ1 Compact」以上になるとしています。

「グローバルモデル」で、かつコストカットを念頭に置いている「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」でさえ、「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」と大差ない「snapdragon630」や「snapdragon636」を搭載しています。こう考えると、「日本市場」のために販売される機種でありながら「snapdragon710」を搭載していることを考えれば、原価コストが高くなるため、その本体価格は必然的に高くなると判断することができます。

一方で「電池持ち」が「Xperia XZ1 Compact」以上になるとしています。ちなみにGSM Arenaが公開しているバッテリーテストの結果は以下のようになります。

少なくとも同サイトが行なった歴代「Xperia」のバッテリーテストにおいて、「Xperia XZ1 Compact」が歴代1位となっており、次いで「Xperia XA2 Plus」が「104」で2位となっています。つまり今回の情報が正しければ、この「Xperia 4」は「Xperia XZ1 Compact」を抜いて、歴代「1位」の電池持ちを実現することになります。

ただそうなってくると考えられるのは「Xperia 4」の「ディスプレイ」は「液晶」を採用しており、一方で「表示解像度」は「HD」になると推測することができます。「Xperia XZ2 Compact」では、確かに「電池持ち」がかなり悪化しましたが、「Compact」モデルとして初めて「表示解像度」が「FHD」に対応し、さらに「ディスプレイテスト」においても、歴代「Xperia」の中でも最高クラスの評価を獲得していたことを考えると、「ハイエンドモデル」ではないにしろ、退化すると判断することができます。

先日の記事にもまとめましたが、今回発表された「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」などは、「アスペクト比21:9」を採用したことも大きいですが、特に「Xperia 10」に関しては横幅が「68mm」となっており、歴代「Compact」モデルが「65mm」となっており、さらに「Xperia 10」のほうが本体が薄いことからも、「持ちやすく」なっていると判断することができます。詳細は「「Compact」モデルを密かに終焉するため?「Xperia 1」や「Xperia 10」の「アスペクト比21:9」は廃止への布石?」をご参照下さい。

先日公開された「CAD」を基に作成されたレンダリング画像を確認する限りでは、「アスペクト比18:9」を採用しており、さらに「シングルレンズカメラ」の搭載と、そのデザインだけで判断すると、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」の「ミドルレンジモデル」というよりは「Xperia L3」の「エントリーモデル」よりのデザインを採用しています。

このデザインで「snapdragon710」を搭載していると考えると、非常に中途半端な存在で、さらに中途半端に価格が高いということになりそうですよね。「デュアルレンズカメラ」を搭載しており、撮影にもバリエーションがある「Xperia 10」や「Xperia L3」のほうが「コスパ」がよく結果的に幸せになれそうですよね。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

次期「Xperia XZ4」は「Xperia XZ4 Com…

2018年の2月に開催されたMWC2018において、「Xperia Z」から「Xperia XZ1」まで長きに渡って採用されてきた「オムニラバンスデザイン」を辞め、新しい…