• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 次期「Compact」モデルの正式名称は「Xperia 4」に?「4月」に発売されるかも。

次期「Compact」モデルの正式名称は「Xperia 4」に?「4月」に発売されるかも。

Xperia

SONYの「マーケティング」部門の幹部の話として、「Compact」モデルの需要が低下している。そしてより「大型ディスプレイ」の需要が増していると発言していたことからも、「MWC2019」において、通称「Xperia XZ4 Compact」の発表はキャンセルされると予測されていましたが、まさにその通りでした。詳細は「SONYからの過去最高の裏切り。MWC2019は「Xperia XZ4」の1モデルのみを発表へ。」をご参照下さい。

一方で通称「Xperia XZ4」に関しては、「Xperia 1」として正式に発表されましたが、同じタイミングで「CAD」を基に作成されたレンダリング画像が公開されている通称「Xperia XZ4 Compact」に関しては、「Xperia XZ4」のレンダリング画像と「Xperia 1」のデザインを比較する限り、「Xperia XZ4 Compact」に関しても、製品化される場合、レンダリング画像と同じデザインになると判断することができます。詳細は「次期「Xperia XZ4」は「Xperia XZ4 Compact」含めて「3モデル」構成に?スペックや価格をまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia 1」に「Xperia 10」そして「Xperia 10 Plus」が正式に発表され、さらに「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」そして「Xperia L3」には発売を開始していることが判明しており、さらに、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」に関しては、日本国内で販売される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」はやはり「6月」発売に。でも「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」はすでに発売を開始していた。」と「Xperia」史上最高の完成度に。「Xperia 1」「Xperia 10」「Xperia L3」のスペック・価格・発売時期まとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、次期「Compact」が数ヶ月以内に発売される可能性が高く、その正式名称は「Xperia 4」になる可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



次期「Compact」モデルの存在。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

More good news for some and bad news for others. My uncle said that sony will launch in the next months Xperia 4. This xperia will be relatively compact, but will not be global model.

今回の投稿は、先日「IFA2019」で発表される次期「Xperia」のフラッグシップモデルの正式名称は「Xperia 0」ではなく「Xperia 2」になると投稿している人物になります。詳細は「命名規則が判明に?「Xperia 1」の次は「Xperia 2」になるかも。ただし別シリーズに。」をご参照下さい。もちろん信憑性は判然としませんが。

今回の投稿によると、人によっては良くも悪くも受け取れるニュースとして、叔父の話として、次期「Compact」モデルは来月に発売される。またこの「Compact」モデルの正式名称は「Xperia 4」になるとしています。ただ残念なことに「グローバル」モデルになることはないとしています。つまり今回の投稿が正しければ「4月」に発表もしくは発売される可能性が高いと考えることができます。

ちなみにリークされている「Xperia 4」のスペックをまとめると以下のようになります。

Xperia XZ4 Compactスペック
正式名称Xperia 4
OSAndroid9.0
SoCsnapdragon855(ダウンクロック)
ディスプレイサイズ5.0インチ
ディスプレイFHD(アスペクト比18:9)
RAM/ROM6GB/64GB
本体サイズ139.9×66.5×9.3mm
メインカメラ1900万画素
シングルカメラ800万画素
生体認証指紋認証(側面)
バッテリー容量3000mAh
その他イヤホンジャック搭載。
価格(ドコモ)一括(7万9000円)/実質負担金(1万7000円)

この「スペック」は「CAD」を基に作成された「レンダリング画像」がリークした時に合わせてリークした「スペック」になります。ただ改めてレンダリング画像を確認すると、「ハイエンドモデル」である可能性はまず考えにくい。「側面」に「指紋認証」を搭載していることからも「Xperia 1」や「Xperia 10」と共通となっていますが、まず大きく異なるのは「シングルレンズカメラ」を搭載していること。

「エントリーモデル」である「Xperia L3」ですら「デュアルレンズカメラ」を搭載していることを考えると、その「カメラセンサー」は判然としませんが、間違いなく「ミドルレンジモデル」以下の仕様になります。さらに有名なリーカーも次期「Compact」モデルは、「ミドルレンジモデル」として登場する可能性があると予測しています。詳細は「「Compact」モデルは存続できるのか。「Xperia XZ4 Compact」の噂やリーク情報を改めてまとめ直してみた。」をご参照下さい。

一時期「日本」限定モデルになる可能性が高いと予測されていましたが、「ヨーロッパ」でも発売になる可能性が高いとされており、どちらにせよ「地域限定モデル」になる可能性が高い。つまり今回の投稿にあるように「グローバル」モデルではないとの情報も一致しています。ただ「4月」に発売を開始するとされているのであれば、「イベント」に絡まず、「Xperia XZ2 premium」のようにネットで発表され、密かに発売をされると判断することができます。

先日の情報からも、今年は「DoCoMo」が「分離プラン」を導入すると予測されていることからも、より「ミドルレンジモデル」のラインナップが強化される。つまり「docomo with」の対象商品が強化されると予測されています。その上で、「Xperia 1」に関しては、「DoCoMo」「au」「SoftBank」が扱う可能性が高いと予測されていますが、「Xperia 4」は「DoCoMo」のみが。そして「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」に関しては、「DoCoMo」と「au」から発売が開始される可能性が高いと予測されています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。

現時点で「Xperia 4」のスペックは判然としませんが、「ミドルレンジモデル」以下「エントリーモデル」程度のスペックになるのであれば、「横幅」や「薄さ」が「Compact」モデルと同等で、かつ持ちやすくなっている「Xperia 10」のほうがよほど「コスパ」も高くユーザビリティが高いと考えることができます。気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧