「Xperia 1」はやはり「6月」発売に。でも「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」はすでに発売を開始していた。

  1. Xperia

先日SONYが開催したイベントにおいて、「Xperia」生誕10周年という大きな節目として。そして低調する売上への大きなテコ入れとして、「アスペクト比21:9」を刷新した「Xperia 1」そして「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」が正式に発表され、また「命名規則」は変更されませんでしたが、「アスペクト比18:9」を採用し、大きくデザインが変更された「Xperia L3」も合わせて発表されました。詳細は「「Xperia」史上最高の完成度に。「Xperia 1」「Xperia 10」「Xperia L3」のスペック・価格・発売時期まとめてみた。」をご参照下さい。

一方で、具体的な販売地域は判然としませんが、少なくとも「Xperia 1」に関しては「日本」でも初夏以降に発売する予定であるとしており、早くても「6月」頃の発売になると予測されている一方で、SONYからの言及はありませんが、「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」と「ミドルレンジモデル」は先日の情報からも日本で発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。

「Xperia 10」や「Xperia 10」が「日本」で展開されるとすれば、「DoCoMo」が最有力になりますが、リークしたモデル番号によると、「DoCoMo」と「au」でそれぞれ扱う可能性が高いと予測されています。また先日の情報からも、情報通り、実際に発表されなかった「Xperia XZ4 Compact」ですが、「エントリーモデル」に近い立ち位置で「日本」で先行して発売される可能性があると予測されています。詳細は「SONYからの過去最高の裏切り。MWC2019は「Xperia XZ4」の1モデルのみを発表へ。」をご参照下さい。

少なくとも「Xperia 1」は除いて、「ミドルレンジモデル」である「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」の発売は「4月」頃になると予測されていた中、すでに「イギリス」を中心とした一部地域で販売されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



すでに発売開始に。

さて上記の画像は「Sony Store」の「イギリス」のホームページとなっており、すでに「Xperia 1」の予約を開始していることを確認することができます。実際に「予約」ページを確認すると、具体的な「発売日」に関する記載はなく、入荷したら連絡をするという内容となっています。ただ「ヨーロッパ」共通として、「Xperia 1」の発売時期は「6月」になるとしており、事前情報通りになります。

「ヨーロッパ」での発売時期が「グローバル市場」で見た場合、早い方なのかそれとも遅いのか判然としません。「Xperia XZ2」や「Xperia XZ2 premium」を例に考えると、「中国」や「台湾」のほうが発売時期が早く、その後に「ヨーロッパ」で発売を開始しているという流れになっています。ただ「中国」や「台湾」での公式ホームページでは「発売時期」に関する記載を確認することができません。

なので判然としない状況にありますが、「中国」や「台湾」においても「5月」頃になる可能性高いと認識しておいたほうが良さそうですよね。少なくとも「SIMフリー」モデルを入手できるのもこの時期になってしまう可能性が十分に考えられます。また価格に関してはすでに判明しており、「€949」だとされており、日本円で約「11万9000円」程度になります。

価格に関しても事前情報通りですよね。「Xperia XZ2 premium」の後継機種であると考えれば、順当な価格設定であり、他の「Galaxy S10」シリーズや「iPhone XS」シリーズと比較しても、控えめな価格設定になっていると判断することができます。ちなみに「本体カラー」は「4色」すべてが展開されることが確認されています。

次に同時に発表された「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」そして「Xperia L3」の製品ページが上記の画像になります。「Buy now」となっていることからもすでに発売を開始していることになります。個別の製品ページで「価格」などまとめると以下のようになります。

イギリス 現地価格 日本円
Xperia L3 £169 約2万5000円
Xperia 10 £299 約4万4000円
Xperia 10 Plus £349 約5万1000円

「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」そして「Xperia L3」とも共通して「Single SIM」モデルとなっています。また「本体カラー」に関しては、「全色」展開されていることを確認することができます。「台湾」や「中国」そして「アメリカ」のほうばかり調べていて、まだ発売されていないと思いきや、「ヨーロッパ」で発売されていたので正直びっくりしました。

ちなみに「中国」において、上記の画像は、今後の「Xperia 10 Plus」の販促スケジュールを記載した「ポスター」となっており、「3月7日」に発売を開始することを確認することができます。他にも「Xperia 10」も同様のスケジュールになると推測することができます。少なくとも執筆時点では、「中国」のホームページでは確認できませんが、「Xperia L3」は展開されないと考えることができます。

また上記の画像は、アメリカの大手サイト「Best Buy」における「Xperia 10」の製品ページとなっています。少なくとも「ブラック」と「シルバー」の2色展開となっており、さらに執筆時点では「Xperia 10 Plus」の製品ページを確認することができませんが、上記の画像からも「Xperia 10」の「Best Buy」での発売日は「3月18日」であることを確認することができます。

例年であれば、「中国」など「アジア」から発売を開始している新型「Xperia」ですが、今回は「ヨーロッパ」で。特に「Xperia 10」など「ミドルレンジモデル」はイベント終了した後、間髪開けずに発売を開始していることからも、話題性があるうちに、少しでも売り上げを積むと、SONYもかなり「ヨーロッパ」に力を入れていることを確認することができます。

今までは、「アジア」といっても、「中国」や「韓国」「台湾」などがメインでしたが、そのシェアは徐々に低下しており、一方で「東南アジア」からは撤退を開始していることが判明しています。だからこそ、以前より「SONY」のブランドイメージが広く浸透しており、さらには、売り上げが落ちたとはいえ、確実にシェアを獲得している「ヨーロッパ」で再び力を入れるのも納得ができます。

この分だと「Xperia 1」に関しても、「ヨーロッパ」を中心に発売を開始するかもしれませんよね。冒頭でも記述しましたが、日本でも展開される可能性がある「Xperia 10」シリーズですが、どちらにせよ、キャリア主導の販売になる可能性が高いことからも、発売は早くても「5月下旬」だと判断することができます。「Xperia 1」含めて気長にまちましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

2019年は「4K」の時代に。「Galaxy Note10」…

2019年に登場する機種において、トレンドとなる機能がいくつかあります。そのうちの一つは「ディスプレイ統合型指紋センサー」。そのうちの一つは「折りたたみ式」、そして「5G…

今更「Xperia XZ2 premium」を「Etoren…

「格安SIM」の普及によって、より認知度が高まったのが「SIMフリー」という言葉になります。日本で発売されている「SIMフリースマートフォン」のイメージって、どうしても「…