「公式プレス画像」がようやく判明。「Xperia XZ4」の正式名称は「Xperia 1」で「4K OLED HDR」を搭載に。

  1. Xperia

これ以上の売り上げの低迷は、それこそ「モバイル事業」から撤退が余儀なくされる「SONY」ですが、海外サイトの評価においても、売り上げが極端に減少した「HTC」や「LG」と一括りにされており、撤退するのは時間の問題だとされています。「Xperia Z」シリーズの売り上げの低迷のテコ入れとして「Xperia X」シリーズに移行しましたが、それでもテコ入れに効果はなし。

むしろ「2018年」は過去最低クラスの売り上げ実績を記録しており、まさに窮地の状態となっています。だからこそ、SONYは今年登場する新型「Xperia」では、抜本的に見直しを行い、さらには「新シリーズ」に移行すると予測されています。有名なリーカーであるZackbuks氏は以前、次期「Xperia」の名称を示唆しており、次期「Xperia」は「V/T/N/A」を冠する可能性があるとしています。詳細は「MWC2019がSONYの正念場へ。新たな「Xperia」「A/T/V/N」の4モデルを発表へ。」をご参照下さい。

しかしながら正式発表日が近づくにつれ、「公式プレス」画像がリークするようになり、ここ2週間くらいで「Xperia XA3」「Xperia XA3 Plus」そして「Xperia L3」の「公式プレス画像」とスペックがリークしています。詳細は「MWC2019直前。発表が予測されている次期「Xperia XZ4」を含めた4機種のスペックをまとめてみた。」をご参照下さい。

そして衝撃的だったのが従来の命名規則であれば「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Plus」は「Xperia T1」や「Xperia A1」になる可能性が高いと予測されていた中、「Xperia XA3」が「Xperia 10」そして「Xperia XA3 Plus」が「Xperia 10 Plus」になると予測されており、海外サイトも一斉に報告しています。詳細は「「Xperia XA3」の正式名称は「Xperia 10」へ。「Xperia 10」のスペックがあまりにも進化していないから「Xperia XA2」と比較してみた。」をご参照下さい。

さて今回、通称次期「Xperia XZ4」の公式プレス画像がようやくリークし、さらには「4K OLED HDR」を搭載している可能性が高いことが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「公式プレス画像」がリーク。

さて今回リークした次期「Xperia XZ4」の「公式プレス画像」とされている画像が上記の画像になります。「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Plus」は、CADを基に作成されたレンダリング画像とデザインが異なっていましたが、「Xperia XZ4」に関しては、特にデザイン変更がないように見えます。少なくとも上記の画像から確認できるのは「トリプルレンズカメラ」そして「音量ボタン」「電源ボタン」「シャッターボタン」そして「指紋認証」

「電源ボタン」と「指紋認証」が別々に搭載されているので、アメリカでの「特許」に関する問題も無事クリアしていると判断することができます。そして今回の情報は「Evan Blass」氏がもとになっていますが、以下のようなTweetをしています。

「スペック」に関しては特段言及していませんが、「Xperia XZ4」のことを「Xperia 1」と称しています。つまり通称「Xperia XZ4」の正式名称は「Xperia 1」になる可能性が高いと判断することができます。ただ同氏は以下のようなTweetもしています。

少なくとも同士のTweetに対して、「パスだな。」つまり購入はしないとリアクションしているのに対して、「4K OLED HDR」のを搭載しているのに?ってTweetしています。つまり「Xperia 1」は、世界初の「4K OLED HDR」を搭載している機種になると判断することができます。ただここで問題になるのは、この「Xperia 1」が「premium」モデルなのかどうか、それとも「ベース」モデルなのかです。

先日までの情報では次期「Xperia XZ4」は「4G」モデルと「5G」モデルが存在していると予測されており、この「4G」モデルと「5G」モデルの大きな違いは「表示解像度」であり、「5G」モデルは「4K」以上の「表示解像度」に対応しているとされています。詳細は「「デザイン」と「スペック」に不安が。「Xperia XZ4」の「5G」モデル=「Xperia XZ4 premium」に?」をご参照下さい。

この時点での情報を整理すると、「Xperia XZ4」の「5G」モデルは俗に言う「Xperia XZ4 premium」であること。そしてさらにZackbuks氏は、「MWC2019」では「トリプルレンズカメラ」のみの発表。もしくは正式発表されたとしても、「展示」のみになる可能性が高いとされており、開発が遅れている可能性が高いとしています。詳細は「「premium」は発表が見送りに。さらに次期「Xperia XZ4」は「デュアルレンズカメラ」を搭載かも。」をご参照下さい。

また同氏は今年登場する次期「Xperia」のハイエンドモデルの発売時期は「3月」「5月」「9月」になるとしています。詳細は「「Xperia XZ4」を筆頭に。SONYは「ハイエンドモデル」を「3月」「5月」「9月」で合計3機種を展開に。」をご参照下さい。これまでの情報を整理すると、少なくとも「トリプルレンズカメラ」を搭載している機種は「ベースモデル」である可能性ではないと推測することができます。

また「MWC」で仮に「カメラ」のみの発表になるとすれば、「3月」に発売を開始することは考えにくい。つまり「5月」に発売を開始する可能性が高いと判断することができます。こうなってくると、今回の「Xperia 1」は「トリプルレンズカメラ」に「4K OLED HDR」を搭載していることを考えれば、「premium」モデルの立ち位置になる可能性が高いと判断することができます。

だとすれば、「ベースモデル」の「公式プレス画像」が別に存在していると判断することができます。ただすべてがリーク情報を整理した上での推測にすぎませんが。また今回の画像を確認する限り、「TOFセンサー」を搭載すると予測されていましたが、間違いなく「トリプルレンズカメラ」になると判断することができます。

今回の情報で、次期「Xperia」の正式名称は「Xperia 1」「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」になると予測されていますが、来年以降どのような命名規則になるんですかね。さすがに「Xperia 1」の次が「Xperia 2」だったらあまりにも単純すぎるので、ありえないと思いますが。

命名規則が変更になること。そして「premium」モデルの存在。そして「5G」モデルの存在によって、かなり情報が錯綜していますが、有名なリーカーの情報を基に推測すれば、今回リークした画像は「premium」モデルのものであると判断することができます。正式発表まであと僅かですが、どのようになるか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事