• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「Xperia XZ4」を筆頭に。SONYは「ハイエンドモデル」を「3月」「5月」「9月」で合計3機種を展開に。

「Xperia XZ4」を筆頭に。SONYは「ハイエンドモデル」を「3月」「5月」「9月」で合計3機種を展開に。

Xperia

先日海外サイトが行なったSONYのマーケティング部門の幹部へのインタビューにおいて、次期「Xperia」についていくつかのことを示唆しています。一つ目は「小型ディスプレイ」モデルの需要が低下していることからも、「MWC2019」での「Xperia XZ4 Compact」の発表は期待できないこと。昨年から「ハイエンドコンパクト」モデルは、「Xperia XZ2 Compact」が最後になる可能性が高いと予測されてきましたが、まさにその通りになりそうです。

先日の情報からも「Xperia XZ4 Compact」はもちろんの正式名称も異なる可能性が高く、「Xperia XZ4 Compact」は「ミドルレンジモデル」として「日本市場」を中心に発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。

そして2つ目に、「5G」への対応について。以前までは「SONY」は「5G」にいち早く対応する可能性が高いと予測されていましたが、このインタビューにおいては、「5G」に対応するには適切なタイミングがあると発言しており、いち早く対応することに執着していないと考えることができます。また「Xperia XZ4」では対応しない可能性があると示唆しているようにみることもできます。

ただ次期「premium」モデルに関しては、「5G」に対応している可能性が高いと予測されており、先日の情報からも、ついに「4K OLED HDR」に対応した上で「アスペクト比21:9」を採用して「MWC2019」では限定モデルとして発表される可能性があると予測されています。詳細は「「デザイン」と「スペック」に不安が。「Xperia XZ4」の「5G」モデル=「Xperia XZ4 premium」に?」をご参照下さい。

そして3つ目にアップグレードサイクルの見直しです。同インタビューにおいては「MWC2019」でフラッグシップモデルを発表し、「IFA2019」ではこの「MWC2019」で発表された「フラッグシップモデル」のアップデートモデルを発表するとしています。つまり昨年までのように、1年の間に「ハイエンドモデル」を乱発する可能性は非常に低いと判断することができます。詳細は「SONYからの過去最高の裏切り。MWC2019は「Xperia XZ4」の1モデルのみを発表へ。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、有名なリーカーであるZackbuks氏が、今年登場する「Xperia」のタイミングを示唆した投稿をしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



3機種が登場に。

まず今回投稿されていた内容を確認したいと思います。

3, 5 and 9.

“Xz4” march, “XZ4P” may and “XZ5” september , Mr Buks

今回の投稿は、海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、Zackbuks氏の投稿をに対してリアクションしたものとなっています。なんでもZackbuks氏によると、次期「Xperia」は「3月」「5月」「9月」のタイミングで登場するとしています。単純に考えれば、「3月」と「9月」は「MWC」と「IFA」の翌月であることを考えれば、「ハイエンドモデル」のことを指していると判断することができます。

その上で、今回の投稿を考えると、「3月」に発売を開始する機種は「Xperia XZ4」であると判断することができます。ちなみに昨年発表されて「Xperia XZ2」に関しても「3月下旬」より発売を開始しているので妥当な時期だと判断することができます。正式名称は判然としませんが、この「3月」に展開される機種は厳密に言えば「Xperia XZ4」の「4G」モデルであると判断することができます。

次に「5月」に発売される可能性が高い機種は、「Xperia XZ4」の「5G」モデル。通称「Xperia XZ4 premium」になると推測することができます。ESATO内でもリーク情報に定評がある人物が「5G」に対応した特別モデルは「第二四半期」の終わりまでに登場すると予測しています。詳細は「2つの「Xperia XZ4」。発売は「3月」と「6月」になるかも?」をご参照下さい。

一方でZackbuks氏は、次期「Xperia」の発売日は、「1月下旬」の時点で「15週間後」になるとしていることからも、「5月下旬」になる可能性が高いとしています。詳細は「有名なリーカーからのプレゼント。次期「Xperia XZ4」のリーク情報・噂をまとめてみた。」をご参照下さい。このことからも、2人が登場すると予測している時期が一致しており、「5G」に対応した「premium」モデルは、「5月」に発売を開始する可能性が高いと判断することができます。

ちなみに「premium」モデルは「MWC2019」に発表される可能性が高いと予測されており、また「4K HDR」のディスプレイを搭載していると予測されています。詳細は「「Xperia XZ4」を含めた次期「Xperia」の正式名称は「Xperia T」(TEN)に。「premium」モデルも登場かも。」をご参照下さい。ただこの情報で今更気になったのが「4K HDR」という表記になっており、「4K OLED HDR」という表記でないことです。

同氏は過去にスペックを投稿した時、「4K OLED HDR」という表記をしており、直近の情報では「4K HDR」としていることからも、次期「premium」モデルはもしかしたらそのまま「液晶」を継続採用しているのかもしれませんね。

そして最後に、「9月」となっているのは「IFA2019」で発表される可能性が高い「ハイエンドモデル」になります。冒頭でも記述しましたが「Xperia XZ4」の後継機種ではなく、「Xperia XZ4」のアップグレード版、つまり「派生モデル」になると考えたほうがよさそうです。正式名称は判然としませんが、従来の「命名規則」で考えれば「Xperia XZ5」を流石に発表するのはまずい。

散々アップグレードサイクルで批判を集めており、さらにSONYの幹部がアップグレードサイクルを見直すことを示唆している中、従来と同じアップグレードサイクルと同じであれば、いくら新シリーズに移行したとしても、結果的には同じことを繰り返していることになります。結局は失敗すると考えることができます。

海外サイトが、直近でまとめたように、「Xperia」の人気が失墜した理由としては、時代遅れの「スペック」と「デザイン」だとしています。詳細は「「Xperia」の人気が失墜した理由。それは「デザイン」と「マーケティング」」をご参照下さい。これに加えて「マーケティング」です。少なくとも「スペック」と「デザイン」はかなり改善される可能性が高いと判断することができる中、本当に重要になるのは「マーケティング」です。

今回の情報が正しければ、「5G」モデルはイレギュラーな存在としても、来年以降は「年間」で「2機種」と非常に分かりやすくなると考えることができます。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧