• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「Xperia XA3」の正式名称は「Xperia 10」へ。「Xperia 10」のスペックがあまりにも進化していないから「Xperia XA2」と比較してみた。

「Xperia XA3」の正式名称は「Xperia 10」へ。「Xperia 10」のスペックがあまりにも進化していないから「Xperia XA2」と比較してみた。

Xperia

中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて活躍するZackbuks氏は、以前次期「Xperia」では命名規則が変更される可能性が高いことを示唆しており、次期「Xperia」には「V/N/T/A」のアルファベットが採用される可能性が高いと予測しています。この流れからも従来の命名規則であれば「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」はそれぞれ「Xperia A1」と「Xperia T1」になると予測されてきました。詳細は「MWC2019がSONYの正念場へ。新たな「Xperia」「A/T/V/N」の4モデルを発表へ。」をご参照下さい。

一方で、直近の情報においては、「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」の「公式プレス画像」がリークしており、さらには「Xperia XA3 Ultra」ではなく「Xperia XA3 Plus」になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Ultra」はついに廃止へ。「Xperia XA3 Plus」の「公式プレス」画像が公開に。」と「ドコモの2019夏モデルで「Xperia」は復活に?「Xperia XA3」や「Xperia XZ4 Compact」がミドルレンジモデルとして登場。」をご参照下さい。

このことからも命名規則は変更されず、「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Plus」になる可能性が高いと予測されていた中で、以下のTwitterが大きな話題になっています。

「Xperia」生誕10周年を記念してなのか、「Xperia XA3」の正式名称が「Xperia 10」に。そして「Xperia XA3 Plus」の正式名称が「Xperia 10 Plus」になるとしています。正直この情報の信憑性が判然としませんでしたが、多くの海外サイトが、次期「Xperia」の名称を「Xperia 10」シリーズになる可能性が高いと報告していることからも、少しずつ信憑性が高くなってきています。

さて今回、「Xperia 10」と「Xperia 10 Plus」のより詳細なスペックと価格がリークしていることが判明したので、現行機種である「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」のスペックと比較してみたいと思います。



スペックを比較。

 

さて今回リークした「Xperia 10」シリーズと「Xperia XA2」シリーズのスペックをまとめると以下のようになります。

機種名Xperia 10Xperia XA2
ディスプレイ2560×10801920×1080
ディスプレイサイズ6.0インチ(FHD)5.2インチ(FHD)
アスペクト比21:916:9
SoCsnapdragon630snapdragon630
RAM/ROM3GB/64GB3GB/32GB
メインカメラ1300万画素+500万画素2300万画素
インカメラ800万画素1600万画素
バッテリー容量2870mAh3300mAh
価格€349(4万3000円)3万円前後

まず「Xperia 10」のスペックを確認する限りだと、むしろ「Xperia XA2」と比較すると退化していますよね。「ディスプレイ」は「アスペクト比21:9」を採用したことによって、「6.0インチ」となっていますが、「16:9」を採用している「Xperia XA2」と比較すれば当たり前の話になります。

そして内部スペックは「ROM」が「64GB」に増強されている程度で、ほぼ現状維持。カメラに関しては「Xperia 10」の詳細な仕様が判然としないため断言できませんが、「デュアルレンズカメラ」を搭載しているとはいえ、「Xperia XA2」と比較すると微妙な感じがします。次に「Xperia 10 Plus」と「Xperia XA2 Ultra」のスペックを比較すると以下のようになります。

機種名Xperia 10 PlusXperia XA2 Ultra
ディスプレイ?1920×1080
ディスプレイサイズ6.5インチ(FHD)6.0インチ(FHD)
アスペクト比21:916:9
SoCsnapdragon660snapdragon630
RAM/ROM4GB/64GB4GB/64GB
メインカメラ1200万画素+500万画素2300万画素
インカメラ800万画素1600万画素
バッテリー容量?3580mAh
価格€429(5万4000円)3万円前後

少なくとも「Xperia 10」とほぼ似たようなスペックとなっており、さらに先日リークしたCADを基に作成されたレンダリング画像が公開された時に合わせて公開されたスペックとも異なっています。詳細は「「ハイエンドモデル」と遜色のないレベルに。「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」の価格・スペックをまとめてみた。」をご参照下さい。

ただ「Xperia XA2 Ultra」と比較するとやはりスペックに進化が見られません。「Xperia 10」と比較しても「snapdragon660」を搭載していることと、RAMが「4GB」になっていることくらいでしょうか。「Xperia XA2 Ultra」のほうがよかったとの意見も聞こえてきそうですよね。

ちなみに今回の情報によると、「Xperia 10 Plus」のほうがメインの画素数は落ちており、さらに「カメラ」部分の突起も目立つが、「ボケ」など他の撮影モードを強化していることが要因だとしています。表面上の画素数だけではやはり判断できませんが、「カメラ」に関しては「Xperia 10 Plus」のほうが強化されていると考えることができます。

早くも海外サイトは、「デザイン」はともかく、「スペック」に関しては、「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」と比較しても、大きな進化がないこと。そしてこの価格設定からも、全く売れる気配がないと痛烈な批判をしています。「デザイン」が変わっても、肝心な中身に進化がなければ、そりゃあそんな評価になりますよね。それこと「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」よりコスパに優れる機種は山ほどあります。

先日の情報からも、「日本」国内でもこの「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」が展開される可能性が高いと予測されています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。でもなぜこのようなスペックになったのでしょうかね。原価コストを最大限カットするために、スペックの進化を抑えたのでしょうかね。

それとも「docomo with」に見合うように、「価格」から決定し、その後に「価格」に合うように、「デザイン」や「スペック」を変更したんでしょうかね。仮に今回のスペック通りで発表されるのであれば、型落ち機種である「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」のほうがよほどコスパに優れていると考えることができます。正式発表まで後わずかです。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧