• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「Ultra」はついに廃止へ。「Xperia XA3 Plus」の「公式プレス」画像が公開に。

「Ultra」はついに廃止へ。「Xperia XA3 Plus」の「公式プレス」画像が公開に。

Xperia

「2016年」に「Xperia X」シリーズに移行した「Xperia」ですが、今まで命名規則がバラバラだったこともあり「ミドルレンジモデル」は「Xperia XA」シリーズに統一され、主に「Xperia XA」と「Xperia XA Ultra」が「ミドルレンジモデル」の中心的な役割を果たすようになりました。そして「Xperia XA1」の世代に登場したのが「Xperia XA1 Plus」になります。

「Xperia XA」シリーズと異なり、「Xperia XA1 Plus」は「ミドルレンジモデル」として初の「側面」に「指紋認証」を搭載するなど、どのような意味で「Plus」が採用されているのか判然としませんが、「Xperia XA」シリーズの中でも最上位モデル的な立ち位置で発表・発売をされています。

さらに昨年発売された「Xperia XA2 Plus」も、その正式発表が「プレス」だったということもあり、そこまで注目されなかった機種でしたが、「ミドルレンジモデル」として初の「アスペクト比18:9」を採用し、さらには「ハイレゾ」に対応。そして「Xperia XZ1」以来となる「ループサーフェイス」を採用した機種となっており、、まさに「ハイエンドモデル」と「ミドルレンジモデル」のいいとこ取りをした機種となっています。

そう考えると、先日には「Xperia XA3」の「公式プレス画像」がリークしており、「アスペクト比21:9」を採用していることが判明しており、「Xperia XA2」や「Xperia XA2 Ultra」が「アスペクト比16:9」を採用していたことからも、大幅なデザイン変更になると考えることができます。

さらに直近の情報においても、今までの「ミドルレンジモデル」だとすれば、「日本」は関係ありませんでしたが、「DoCoMo」が「Xperia XA3」を含めた「ミドルレンジモデル」を3機種と、「Xperia XZ4」の「ハイエンドモデル」を1機種扱うとされています。詳細は「今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。」をご参照下さい。

さて今回、日本国内で展開される可能性がある「Xperia XA3」の派生モデル「Xperia XA3 Plus」の「公式プレス画像」と「Xperia XA3」の比較画像がリークしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「公式プレス」画像がリーク。

今回リークした「Xperia XA3 Plus」の「公式プレス画像」をされている画像が上記の画像になります。基本は「Xperia XA3」と同じデザインであることを確認することができます。「アスペクト比21:9」に「デュアルレンズカメラ」を搭載していることを確認できます。

「側面」部分になりますが、まず気になるのは「カメラ」の出っ張りですよね。地味に出っ張っています。そして「SDカード」に「SIMトレイ」を確認することができます。「Xperia XA2」シリーズと同じであれば、おそらく「ハイブリットSIMトレイ」を採用していると考えることができます。そして反対側の「側面」には「指紋認証」「電源ボタン」そして「音量ボタン」を確認することができます。

また本体「上部」には「イヤホンジャック」が搭載されており、「本体下部」には「ステレオスピーカー」と「USB-C」が搭載されています。

そして今回リークした「公式プレス画像」は、「ブラック」と「ブルー」の「2色」になります。そして「Xperia XA3」と同じ本体カラーであれば「ピンク」と「シルバー」もラインナップされていると考えることができます。また今回の情報が正しければ、今回リークした「Xperia」の名称は「Xperia XA3 Ultra」ではなく、「Xperia XA3 Plus」だとしています。

少なくとも、「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Plus」が同時に発表され「Xperia XA3 Ultra」が別のタイミングで発表されることは非常に考えにくいので、実質「Ultra」が廃止になり、今後は「Plus」になると考えることができます。ただ気になるのは今回の情報では「Xperia XA3 Plus」としていますが、命名規則は変更されないのでしょうか。

 

ただ有名なリーカーであるRolad Quandt氏は自身のTwitterにおいて上記の投稿をしており、「Xperia XA3」と呼ばれない可能性があるとしています。つまり、命名規則は変更になると考えることができますが、今回はなぜ「Xperia XA3 Plus」という名称にしているのか非常に気になるところです。そして今回は「Xperia XA3」との比較画像も公開されています。

まず「フロント部分」を比較した画像になります。こうやって比較sると「ディスプレイサイズ」は「5.9インチ」と「6.5インチ」で大きく異なるのに、「ベゼル」の太さは一緒のように見えますよね。また「側面」の「指紋認証」の搭載位置もほぼ一緒であることを確認することができます。

側面から比較した画像が上記の画像になります。「ディスプレイサイズ」ほど、その本体の大きさにあまり差がないことを確認することができます。確かにこれくらいの差であれば、大きいほうのモデルに「Ultra」って名称をつけるのも微妙な感じがしますよね。本体の厚みもほぼ一緒でしょうか。また「カメラ」の位置に関しては、「本体サイズ」に合わせて最大限高い位置に搭載していることを確認することができます。

そして最後に「背面」からの画像が上記の画像になります。「フロント」部分から確認する以上に、「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Plus」の大きさの違いを確認することができます。先日公開された「CAD」を基に作成されたレンダリング画像ですが、「公式プレス画像」とデザインが異なっていることからも、「本体サイズ」もリーク情報と異なる可能性があると判断することができます。

なので判然としませんが、「Xperia XZ4」と「Xperia XA3 Plus」は同じ「6.5インチ」のディスプレイを搭載していると予測されており、先日までの情報で異なるのは「アスペクト比」でした。しかしながら今回発表される可能性が高い次期「Xperia」の大きな特徴の一つとして「シネマワイド」と呼ばれる「アスペクト比21:9」になります。

つまり「Xperia XZ4」を含めて「アスペクト比21:9」を採用と予測することができますが、「Xperia XZ4」のデザインの「ベゼル」の太さ次第にもよりますが、「Xperia XA3 Plus」と「Xperia XZ4」はぱっと見の印象は非常に似ていると考えることができます。もちろん「本体カラー」や材質の違いによる「質感」の差はあると考えることができます。

ただ日本国内でどちらの機種も展開された場合、その価格の違いからも「Xperia XZ4」より「Xperia XA3 Plus」のほうが人気が高くなりそうですよね。いくら「ミドルレンジモデル」とはいえ、「2年前」の「ハイエンドモデル」と処理性能は同等なので、日常使う上で特に問題を感じることはないと思うので。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧