今年の「Xperia」は熱い。DoCoMoは「Xperia XZ4」を含め4つの新型「Xperia」を発表するかも。

  1. Xperia

「CES2019」には、多くのリーカーが「SONY」は新型「Xperia」を正式に発表する可能性が非常に高いと予測していましたが、実際に発表されず、「MWC2019」へと持ち越しになっています。ただ逆に考えれば、例年は「CES」でSONYが新型「Xperia」を発表することがなかったため、「2018年」がイレギュラーなだけであって、「2019年」は例年通りの流れになったと考えることができます。

一方でちょっとイレギュラーだったのが先日リークした「Xperia XA3」の「公式プレス」画像です。その情報の信憑性はピカイチであるOnLeaks氏が公開したCADを基に作成されたレンダリング画像のデザインと異なっており、SONYは何かしらの事情があったことから、「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Ultra」が「CES2019」で発表がキャンセルになったと考えることができます。

今までの流れであれば、「Xperia XA3」や「Xperia XA3 Ultra」など、「ミドルレンジモデル」は日本で発売されていなかったこともあり、あまり興味を持っていないユーザーが多いと考えることができます。ただ先日の情報からも有名なリーカーが、「Xperia XA3」が日本で発売されることを示唆しており、いよいよ日本でも「Xperia X Compact」以来の「ミドルレンジモデル」の展開が期待されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

一方で「Xperia XZ4」に関しては「日本国内」で展開される可能性が高いと予測されていますが、直近の情報においては、「4G」対応モデルと「5G」に対応したモデルの2つのモデルが存在していると予測されています。おそらくですが、「5G」に対応したモデルは「Xperia XZ4 premium」つまり「premium」モデルのことを指している可能性も考えられます。

とはいえ、先日の記事にもまとめましたが、有名なリーカーであるZackbuks氏は、「Xperia XZ4」は「5月頃」に発売されると発言しているのに対して、「4G」モデルは「3月」に。そして「5G」モデルは第2四半期の終わりのほうに発売を開始するとしていることからも、「5G」モデルの発売時期に関する情報が徐々に一致してきています。だからこそより「5G」モデルが存在していると考えたくなってしまいます。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

「MWC2019」で発表されるラインナップはもちろんのところ、実際日本で発売されるラインナップが非常に気になりますが、今回DoCoMoは夏モデルとして、次期「Xperia」を4機種扱う可能性があると予測されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



次期「Xperia」を4モデル?

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、以下のような投稿がされていることが判明しました。

Looks like Docomo list has 3 midranges and flagship ( unlocked and carrier versions)
Code J for flagship .
I dont know if j9xxx is more ram or 5G

今回の投稿によると、「DoCoMo」の展開リストにおいて、3つの「ミドルレンジモデル」に加え、1つの「ハイエンドモデル」を扱う可能性があるとしています。また「SIMフリー」モデルと「キャリアモデル」が存在しているとしています。さらに「Jxxxx」のモデル番号は「ハイエンドモデル」のものだとしています。

先日の情報からも、次期「Xperia」ではリエンジニアリングされていることからも「モデル番号」が変更されている可能性が高いと予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

ただ今回の投稿では「J9xxx」は「RAM」強化モデルのことを指しているのか。それとも「5G」対応モデルのことを指しているのか判然としないとしています。「RAM」強化版である可能性が高いと個人的に思っていましたが、確かに「5G」対応モデルである可能性も十分に考えられます。まあこの辺は正直、発表されれば分かることです。

そして今回の投稿で何よりも気になるのが、「DoCoMo」が展開する可能性がある機種です。今回の投稿と今までのリーク情報を基に考えれば「ミドルレンジモデル」は「Xperia XA3」「Xperia XA3 Ultra」「Xperia XZ4 Compact」そして「Xperia XZ4」になると考えることができます。

「DoCoMo」に限った話ではなく、「Xperia XA3」が日本で展開される可能性が高いのであれば「Xperia XA3 Ultra」も展開される可能性は必然的に高いですよね。そして「Xperia XZ4 Compact」はだいぶ前からの情報として、「日本」を中心として一部の地域で「グローバル」展開される可能性が高いと予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

そして今回の情報が正しければ、「Xperia XZ4」は少なくとも1つのモデルしか扱わないと考えることができます。ただ「Xperia XZ4」の「4G」モデルを扱うのか。それとも「5G」モデルを扱うのかは判然としません。端末価格が高価格化する可能性が高い「5G」モデルを、通信環境が全く整ってない今の状態で展開することにほぼメリットがないと考えることができます。

ただSONYにとって本家本元である「日本」においては、「5G」モデルを優先して展開したいという思惑があるようにも感じます。便宜上「5G」モデルとして表現していますが、「5G」にも接続できるモデルであって、「5G」のみの接続にしか対応していないとは考えにくいです。つまり「5G」を使えない環境では常に「4G」で接続する。つまり今の機種と何ら変わりはない。

逆に言えば、ただただ本体価格が高価格化するとも考えることができます。過去に「DoCoMo」は発売日さえ違えど「Xperia Z5」「Xperia Z5 Compact」そして「Xperia Z5 premium」の3モデルを同時に展開した時があります。つまり今回の投稿にあるように「4モデル」同時に展開することは全くありえないとは考えにくいです。

何より、DoCoMoの社長も「ミドルレンジモデル」のラインナップの強化をしていくことに言及しており、SONYとしても国内シェアを拡大するために「ミドルレンジモデル」の展開を始めたいとすれば、お互いの条件は一致しています。また良くも悪くも「分離プラン」が導入するタイミングであるからこそ、キャリアは「端末」の販売に強くこだわりがなく、より「通信」のほうに力を入れていくと考えることができます。

つまりSONYが「SIMフリー」モデルを展開するにあたってもそこまで大きな障壁がないと考えることができます。今回の投稿がどこまで信憑性が高いのか。まずは「MWC2019」の正式発表を楽しみに待ちましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「DoCoMo」も「au」も「Xperia 1」の発売は「6…

かなり情報が錯綜していましたが、先日の情報からも「香港」においては、「5月26日」より「発売」を開始する可能性が高いと予測されている一方で、「中国」に関しては「5月20日…