• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 早くもSamsungの公式ホームページに登場。「Galaxy S10」シリーズのカラバリと価格を確認しよう。

早くもSamsungの公式ホームページに登場。「Galaxy S10」シリーズのカラバリと価格を確認しよう。

Galaxy

例年通りであれば、Samsungは「snapdragon」のサプライヤーとなっていることからも、Qualcommとの協定で自社製品に優先的に供給できるようになっており、今年であれば「snapdragon855」を搭載して最初の発売になるのは「Galaxy S10」シリーズになると考えることができます。事前情報では「エントリー」モデル扱いとなる「Galaxy S10 E」に関しては「snapdragon710」を搭載すると予測されていました。

しかしながら直近の情報においては「snapdragon855」を搭載している可能性が高いとされており、「フラット」な「液晶」ディスプレイであることや、側面に「指紋認証」を搭載していること。そして「デュアルレンズカメラ」を搭載していることなど、「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」と比較すると控えめなスペックになっていますが、市場基準で考えれば、「ハイエンドモデル」と同等のスペックを搭載して登場すると予測されています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

一方で先日には「Galaxy S10 E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の「公式プレス」画像がリークしており、「2月20日」に発表されると予測されている機種の中で、「公式プレス」画像がリークしていなのは「5G」に対応した「Galaxy S10 X」と「折りたたみ式」を採用した「Galaxy F」のみになっています。

しかしながら、先日リークしたティザー動画において、「Galaxy S10 X」と「Galaxy F」らしき端末の存在を確認することができ、おそらくこのティザー動画は、Samsungがアンパックに公開する予定だったものだと判断することができる一方で、「Galaxy S10 X」と「Galaxy F」のデザインもほぼ判明しつつあります。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

昨年「Galaxy Note9」が正式発表される前の時も、すでに予約が開始していると訳が分からないことが判明していましたが、さて今回、Samsungの中国のホームページにおいて、「Galaxy S10E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の製品ページがすでに公開されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



製品ページが公開に。

さて今回Samsungの中国法人が運営している「三星網上商城」において、次期「Galaxy S10 E」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」の製品ページが公開されていることが判明しました。ただまだ具体的に製品が発表されてないこともあるのか、「製品名」は「コードネーム」となっています。

まず上記の画像は「Beyond 0」となっていることからも「Galaxy S10 E」であると判断することができます。ちなみに製品画像もテキトーで、とりあえず「Galaxy S6」のものとなっています。とりあえず前提として「三星網上商城」は記載ミスが多いことでも有名なため、実際に発表されるものと異なる可能性も十分に考えられます。

次に「Beyond 1」となっていることからも「Galaxy S10」だと判断することができます。まあちょこと気になるところがありますけど、まずは一旦おいておいて。

そして最後に「Beyond2」となっていることからも「Galaxy S10+」であることを確認することができます。この上で、今回の容量構成や価格などを簡単にまとめると以下のようになります。

機種名容量構成本体カラー
Galaxy S10 ERAM6GB/ROM128GBブラック/ホワイト/グリーン/イエロー
Galaxy S10RAM8GB/ROM128GBブラック/ホワイト/グリーン
RAM8GB/ROM512GB
Galaxy S10+RAM8GB/ROM512GBブラック/ホワイト/グリーン
RAM12GB/ROM1TB
RAM12GB/ROM5TB

まず容量構成について結構不可解なことになっています。あくまでも「ヨーロッパ」で判明しているラインナップになるため、「中国」で発売されるラインナップと異なる可能性も十分に考えられますが、ヨーロッパの情報が正しいとすれば、以下のようになります。少なくとも「Galaxy S10 E」に関しては、事前情報にあったは「ブルー」は展開されないと考えることができます。

機種名容量構成
Galaxy S10 ERAM4GB/ROM128GB
Galaxy S10RAM6GB/ROM128GB
RAM8GB/ROM512GB
Galaxy S10+RAM6GB/ROM128GB
RAM8GB/ROM512GB
RAM12GB/ROM1TB

「中国」で発売されるモデルは、確かにスペックモリモリであることが多かったのも事実です。ただ例えば「Galaxy S10+」であれば「ROM」が「5TB」はありえないと考えることができます。なので、誤植が多いと判断することができます。中国におけるSamsungの公式ホームページでこのような感じなので、日本であれば正直考えにくいです。そして今回の情報を基に「価格」をまとめると以下のようになります。

機種名容量構成価格(日本円)
Galaxy S10 ERAM4GB/ROM128GB約8万1000円
Galaxy S10RAM6GB/ROM128GB約11万3000円
RAM8GB/ROM512GB記載なし。
Galaxy S10+RAM6GB/ROM128GB約13万8000円
RAM8GB/ROM512GB約16万3000円
RAM12GB/ROM1TB約19万5000円

もし今回の記述通りに「5TB」だったら、むしろ「20万円」でも安いかもしれないですけどね。「容量構成」がここまでめちゃくちゃであることを考えると「価格」もどこまで適切なのかちょっと判断しにくいところです。ただ「イタリア」などの現地価格が判明していますが、それはあくまでも「現地価格」となっていることからも、「中国」との現地価格と異なることは十分に考えられます。

先日の情報からも「Galaxy S10」シリーズは、「グローバル」モデルの発売日としては「3月8日」になるとされており、「アメリカ」や「韓国」など一部の国では先行発売をとして「3月6日」に発売される可能性が高いとされています。ちなみに「事前予約は「発表」の翌日である「2月21日」から開始するとされており、一部の国では「予約特典」として新型「Galaxy Buds」が付属するとされています。

さらに「Galaxy S10+」に関しては「RAM12GB/ROM1TB」が存在しており、この容量構成のみ「セラミック」が採用されるとしており、実機画像もすでにリークしています。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

またこの「RAM12GB/ROM1TB」モデルは、「アメリカ」や「韓国」などが共通なのか判然としませんが、少なくとも「3月15日」からの発売開始になると予測されています。普通であれば、容量構成が大きいモデルから売れていくのですが、「Galaxy S10+」の場合は、先に「ベースモデル」が発売になり、逆に「最上位モデル」が後で発売になるのでちょっと違和感があります。

やはり「セラミック」を採用していることからも、「Galaxy S10」シリーズの動向を見て在庫状況を調整したいのでしょうか。いよいよ発表まで後少しです。続報に期待しましょう。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧