「Xperia XZ2 premium」と比較して。「Galaxy Note9」のほうが良かったと思う理由。

  1. Galaxy

個人的には昨年発売された新型「Xperia」はすべて今ひとつ。それこそ2017年までは、「Xperia」以外の「Android」を使ってみようとも正直思ったこともありませんでした、3月に発売を開始した「Xperia XZ2」があまりにも微妙に感じたため、そこから他の機種を使うようになりました。とは言っても「Xperia XZ2」の他に「Xperia XZ2 premium」は購入しています。

先日の記事にもまとめましたが、今「Xperia XZ4」が発表される直前ということもあり、改めて初心に戻ろうと思い、あえて「Xperia XZ2 premium」を購入しました。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

正直言ってしまえば、「Xperia XZ2 premium」や「Xperia XZ3」に採用されている「アンビエントフロー」は好きじゃない。その上でどちらの機種を選ぶかとなった時に、「Xperia XZ3」は「Xperia」初の「有機ELディスプレイ」を搭載し、さらに「2K」の表示解像度に対応していますが、他の「Android」機種と比較して特徴といった特徴でありません。

一方で「Xperia XZ2 premium」に関しては、「アスペクト比16:9」に「液晶」と、「ハイエンドモデル」の中では時代を逆行するようなスペックを搭載しており、さらに大きな特徴としてはやはり「4K」。もともと「ディスプレイサイズ」が大きい機種のほうが好きなこともあり「Xperia XZ2 premium」を購入しました。

ただ「Xperia XZ2 premium」は過去に1度購入しているため、今回で2度目の購入します。改めて使ってみると、やはり浮き彫りになるのは残念なこと。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

もちろん「アスペクト比16:9」を採用しているから「コンテンツ」が見やすいとか、「Xperia」の「premium」モデル特有の高級感があるとか、良いところもありますが、それでもやはり残念なところのほうが目立ってしまう。ただこれは直近まで使っていた機種が「Galaxy Note9」だからかもしれない。なので今回は「Xperia XZ2 premium」と「Galaxy Note9」と比較して、「Galaxy Note9」のほうが良かったと思う理由について簡単にまとめたいと思います。



比較してみて。

まずは簡単に気になるところの「スペック」を簡単に比較したいと思います。

Galaxy Note9 Xperia XZ2 premium
OS Android9.0 Android9.0
ディスプレイ 有機ELディスプレイ 液晶
表示解像度 2960×1440(2K) 3840×2160(4K)
メインカメラ 12MP+12MP 19MP+12MP
重さ 201g 236g
生体認証 指紋/顔/虹彩 指紋
ROM 128/512GB 64GB
バッテリー容量 4000mAh 3540mAh

気になったところのスペックはこんな感じになります。まず「OS」は共通して「Android9.0」です。自分が使っていた「Galaxy Note9」は「台湾モデル」ということもあり、「Android9.0」のアップデートの配信が「Galaxy Note9」の中でも早かったです。どちらも「Android9.0」でしたが、「テーマ」というかデザインというべきなのか、「Galaxy Note9」のほうが、マテリアルデザインで統一されており、非常にシンプルかつ洗練されている印象でした。

一方で、「Xperia XZ2 premium」に関しては、「SONY」らしいところと、「マテリアルデザイン」が調和しきれていない印象で、「Galaxy Note9」と比較するとちょっと違和感を感じました。ただすごく細かいところで言えば、コピペの作業は「Xperia XZ2 premium」のほうがしやすい。

次に「ディスプレイ」ですが、表示解像度の面で言えば、「Xperia XZ2 premium」のほうが上。ただ確かにAppleがいうように「300ppi」を超えていると人間の目では識別できないとされているように、少なくとも同じ「液晶」かつ、このスマホの本体サイズを考えれば識別できないと思います。ただ「Galaxy Note9」は「有機ELディスプレイ」を搭載している。

「写真」や「動画」において、「Xperia XZ2 premium」は「4K」にアップスケーリングしてくれているのですが、それでももともとも「4K」のコンテンツじゃない限りそこまで恩恵を受けているように感じません。つまり「Galaxy Note9」のほうが、普通に「YouTube」や「Hulu」など自分がよく見ているコンテンツにおいては見やすい。

「写真」においても、やはり「Galaxy Note9」のほうが綺麗。上手く表現できませんが、「Xperia XZ2 premium」のほうは「4K」にアップスケーリングされているか、変にリアルに感じて、写真に温かみもなければ、深みも感じない。なので、「FHD」の表示解像度に下げたとしても「Galaxy Note9」が暖かく綺麗に見える。

もちろんこれは好みの問題もありますが、自分は少なくとも「Galaxy Note9」のほうが優しく見える。そして「液晶」を搭載しているから「電池持ち」にも期待したいところですが、海外サイトが行なったバッテリーテストの結果は以下のようになります。

「Android」機種の中では「電池持ち」がいい「Galaxy Note9」と「電池持ち」が悪い「Xperia XZ2 premium」に2分されています。「Xperia XZ2 premium」はコンテンツを消費することに特化している機種でもあるのに、「ウェブ検索」のスコアも悪ければ、「ビデオ」に関しては「Galaxy Note9」の半分程度の時間です。

どんなに「視聴体験」が優れていたとしても、スマホとしては、「ビデオ」を見ているだけですぐ電池が切れているようでは使い物になりません。実際に使ってみても、体感値になってしまいますが、「Xperia XZ2 premium」は「Galaxy Note9」の「3分の2程度」です。少なくとも「Xperia XZ2 premium」の電池持ちがいいと実感することはありません。

そして「持ちやすさ」です。「アンビエントフロー」と「Edge」スタイルどちらが持ちやすいか。それは本体が薄ければ薄いほど持ちやすいですし、軽ければ軽いほど手に負担もかかりません。だからこそ「アンビエントフロー」と「Edgeスタイル」を組み合わせた「Xperia XZ3」は持ちやすさの面では最強なんです。

「Xperia XZ2 premium」は本体の厚みもそうですが、それより本体の重さが気になる。別に極端に重いとは思いませんが、「Galaxy Note9」と比較するとやはり重い。日本人は手が小さい人が多いことからも、「持ちやすさ」って結構重視されていますよね。だからこそ「Xperia XZ2 premium」には大きなデメリットになっています。

そして「生体認証」。「Xperia XZ2 premium」の「指紋認証」の搭載位置が低すぎる。一方で「Galaxy Note9」はちょっと高いくらい。「Galaxy」は「カメラレンズ」の近くに「指紋認証」が搭載されていることからも、誤ってカメラレンズを触ってしまうと、かなり批判を集めていましたが、個人的には「Xperia XZ2 premium」のほうが誤って「カメラレンズ」を触ってしまう。

むしろ「Xperia XZ2 premium」のカメラの位置がちょうど「指紋認証」の搭載位置としてベストです。「Xperia XZ2 premium」は「指紋認証」しか搭載していないことからも、せめて「Xperia XZ3」では改善して欲しかったですよね。「Xperia XZ2 premium」のときは無理だったとしても。

そして最後に「カメラ」です。正直これも好みがあると思います。ただ「Xperia XZ2 premium」で撮影した写真のほうがひどい。「Galaxy Note9」とは同じ撮影場所で撮影条件でも雲泥の差です。「カメラ」と言えば「Xperia」の時代がありましたが、改めて今回比較して思うのは、本当に過去の話だなと思ってしまいます。

カメラの評価サイトとして有名な「DxOMark」において、「Xperia」は下手に評価してもらわないほうがいいかもしれませんね。ざっとですが、「Galaxy Note9」として「Xperia XZ2 premium」を比較してみました。どちらの機種も完成度は高いと思いますが、この2機種で比較すると完成度は雲泥の差。まさに SamsungとSONYの差が体現されているようにも思えてしまいます。

今月末には「Xperia XZ4」や「Galaxy S10」が発表されると予測されていますが、「Xperia」が「Galaxy」にどこまで追いつけるのか非常に楽しみです。「SIMフリー」モデルなら今かなり価格が下がっているので気になる人はぜひチェックしてみてください。

 

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

[レビュー]「Etoren」で購入した「Galaxy S10…

少なくとも事前情報の段階から、かなり注目度が高かった「Galaxy S10」シリーズですが、やはり正式発表後、さらに注目度が高まり、事前予約状況においても、「中国」では「…