• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • より高級感を。「Xperia」と一度は一緒に使ってみたい「アルマニア」の「Xperia XZ2 premium」用を購入してみた。

より高級感を。「Xperia」と一度は一緒に使ってみたい「アルマニア」の「Xperia XZ2 premium」用を購入してみた。

Xperia

国内で最も人気がある機種って「iPhone」ですよね。人気があるということは「iPhone」関連のアクセサリーも数多く販売されています。家電量販店などに行くと一目瞭然ですが、「iPhone」用のアクセサリー売り場ってかなり広いですよね。一方で「Android」は機種が多いのも影響していると思いますが、1機種あたりの専用アクセサリーってそこまで種類が多くないですよね。

一方で、「iPhone」を購入するユーザーに、「iPhone」をなぜ購入したのかと聞くと、「豊富なアクセサリーが魅力的だから」と答える人も数多く存在します。もちろん「本体」の魅力も大切だと思いますが、普段使うものだからこそ、「アクセサリー」も重要なファクターになると考えることができます。

年々国内でシェアを落としつつある「Xperia」も家電量販店に行くと、それなりの「アクセサリー」売場がありますが、やはり「iPhone」と比較すると少ない。一方で「SONY」は主に「専用ケース」の取り扱いを中心とした「Xperiaカバーストア」をオープンさせたので、実物を確認した上で購入することは難しいですが、「ケース」の購入方法において、また一つ選択肢が広がったと考えることができます。

ただ個人的には「Xperiaカバーストア」の中にも、自分が気にいる製品がない。先日の記事にもまとめましたが「Etoren」で「Xperia XZ2 premium」を購入したばかりなので、「Xperia XZ2 premium」用のケースが欲しいと考えていました。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

自分のこだわりとしては、あまり本体のデザインを隠すようなケースは好きではなく、さらに言えば安っぽいデザインも好きではない。なのでできるだけ高級感がある「アルミバンパー」が欲しいと考えていたところ、さて今回、まさに自分の好みにぴったりの「アルミバンパー」を発売している「アルマニア」の「Xperia XZ2 premium」用を実際に購入したので簡単にまとめたいと思います。



アルマニアの「アルミバンパー」

さて今回「アルマニア」で「アルミバンパー」を購入したので簡単にまとめてみたいと思います。まず上記の画像は、今回購入した「アルミバンパー」の外箱です。非常にシンプルです。

箱を開けるとこんな感じです。説明書と、「アルミバンパー」が入っているだけです。小袋に「アルミバンパー」が入っているのがちょっと高級感ありますよね。

「アルミバンパー」を小袋から取り出すとこんな感じです。

この手の「アルミバンパー」って組み立てが面倒な時が多々あるんですけど、「アルマニア」の場合は非常にシンプルです。本体下の部分が上記の画像のように2箇所ビスで固定されているだけです。上記の画像は、「ビス」を外した状態となっていますが、最初はビスで固定された状態となっています。実際本体に取り付けるのも非常に簡単で、本当にぴったりはまります。

では実際に装着したのが上記の写真になります。「音量ボタン」と「電源ボタン」そして「シャッターボタン」に該当する部分は、「ボタン」が取り付けられており、非常に押しやすいです。多くのアルミバンパーは、ボタン部分が出っ張っているだけで、直線のデザインのものが多いですが、「アルマニア」に関しては、「持ちやす」と「デザイン性」を最大限に活かすために、あえて凹凸がつけてあります。

反対側の「本体側面」が上記の画像になります。「ストラップホール」があるだけで、非常にシンプルです。今「ストラップホール」ってどれだけ需要があるんですかね。ちょっと前までは当たり前のようについていましたが、今はあえて選択しないとなかなか「ストラップホール」がある「専用ケース」ってないですよね。

本体「下部」が上記の画像になります。「Xperia XZ2 premium」は「ステレオスピーカー」がフロント部分に搭載されているため、本体下部はシンプルに「USB-C」と「マイク」しかありません。「アルミバンパー」の欠点の一つかもしれませんが、「充電器」はものによっては「アルミバンパー」が邪魔となってつけれない可能性もあります。

ただ「Xperia XZ2 premium」自体が、「ワイヤレス充電」に対応しているので、そこまで気にする必要性がないのかもしれませんが。また冒頭でも記述しましたが、「アルミバンパー」を固定している「ビス」を2箇所確認することができます。

そして本体上部の画像が上記の画像になります。上部に関して正直「デメリット」の一つです。「アルミバンパー」全体のデザインバランスをとるために、本体下部と同じデザインとなっていますが、それこそマイクは隠れていませんが、「SIMトレイ」は中途半端に隠れています。なので、「SIMカード」を入れ替える時や「SDカード」を入れ替える時は、都度「アルミバンパー」をはずす必要性があります。

そして「本体背面」から撮影した画像が上記の画像になります。本体上部と下部に「バンパーガード」が設けられているため、「アンビエントフロー」を採用している「Xperia XZ2 premium」ですが、「アルミバンパー」をつけていれば、平台においた状態で操作するときなど非常に安定します。ただ「アンビエントフロー」の特徴の一つでもある、回転現象はどうしても起きてしまいますけど。

ただ「バンパーガード」のおかげで、よほど雑に置かない限り、背面が傷つくリスクもだいぶ下がっています。

そして本体正面から撮影した画像が上記の画像になります。先ほども側面の部分で記述しましたが、「持ちやすく」加工されているので実際に「持ちやすい」です。ただ人によっては、「Xperia XZ2 premium」が大きすぎて「持ちにくい」と思うので、「アルミバンパー」をつけることでさらに「横幅」が長くなり「持ちにくく」なるかもしれません。

ただ「Xperia XZ2 premium」本体が結構ツルツルしていて持ちにくいので、「アルミバンパー」をつけることでよりしっかり「ホールド」することが可能です。でこの「アルミバンパー」のデザインは、ゴツいのでかなり重そうに見えますが、「34.8g」となっているのでつけたところで重さは気になりません。そもそも「Xperia XZ2 premium」自体が重いので。

実際自分が購入したのは「ガンメタル」となっていますが、「Xperia XZ2 premium」用は全部で「4色」となっており、価格は「9000円」くらいです。なので安くはありません。ただ「アルマニア」の品質は間違いないので変にケチって安いアルミバンパーを購入するのであれば、長い目でしっかりと保護してくれる「アルマニア」をおすすめします。

「アルマニア」では「Xperia XZ2 premium」用の他にも歴代「Xperia」や「iPhone」用のアルミバンパーも発売しており、ラインナップはかなり豊富です。ただ「アルマニア」の欠点の一つとしては、仕方ないのですが、機種が実際に発売を開始してから、「アルミバンパー」の開発を開始するため、発売直後に使うことはできません。

だいたい発売を開始して、半年近く経過したら、「アルマニア」から発売されるってイメージです。気になる方はぜひアルマニアをチェックしてみて下さい。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧