「Etoren」から「Xperia XZ2 premium」が届いたので開封してみた。

「変わらないXperia」とまで称された「Xperia」ですが、2018年に登場した「Xperia XZ2」「Xperia XZ2 Compact」「Xperia XZ2 premium」そして「Xperia XZ3」は、初代「Xperia Z」から採用されてきた「オムニバランスデザイン」を捨てて、あらたに「アンビエントフロー」を採用し、フルモデルチェンジとなりました。しかしながら周知の通り大失敗。

もちろん「デザイン」だけが、失敗の理由のすべてではないと思いますが、「デザイン」も大きな要因の一つだとされています。ちょっと話はそれますが、「Xperia XZ2」シリーズの販売不振が影響で、長らく後継機種の登場が期待されていた「Xperia tablet」ですが、開発が中止になったとされています。逆に言えば「Xperia XZ2」シリーズが成功していれば、「Xperia Z5 tablet」は日の目を見ることがあったのかもしれません。

SONYにとって、「ヨーロッパ」や「日本」など、主要市場において、大幅に売上を落とした「Xperia」ですが、「Xperia XZ2」シリーズがそこまでダメだったのかと言えば、そんなことはないと思います。少なくとも「Xperia XZ2 premium」は万人受けする機種ではなく、マニア向けの機種となっているからこそ、販売台数、つまり売上を確保するのは難しいですよね。

一方で下半期に登場した「Xperia XZ3」ですが、価格コムの人気ランキングで上位を獲得し、さらには「DoCoMoオンラインショップ」においても一時期欠品を起こし、反響が近年ではかなり良かった機種になりますが、「2018年」の「第4四半期」の数字が良かったとかといえばそんなことはありません。昨年対比で約半減していることが判明しています。

かなり窮地に追い込まれている「Xperia」ですが、周回遅れのスペックだとか、なんだかんだ批判されていますが、SONYらしく「完成度」の高い、SONYにしか作れない機種を発表し、発売をしています。昨年であれば、まさに「Xperia XZ2 premium」です。なので、今更「Xperia XZ2 premium」を購入しました。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

[clink url=”https://gazyekichi96.com/2019/02/01/i-bought-xperia-xz-2-premium-at-etoren-now-so-i-summarized-how-to-buy/”]

 

さて今回は、「Etoren」で購入した「Xperia XZ2 premium」が早速手元に届いたので、海外サイトで購入するとこんな感じのパッケージですよという意味も込めて簡単にまとめたいと思います。



実際に届いたので開封してみた。

さて今回購入した「Xperia XZ2 premium」ですが、「FedEx」での配送だったので、まず、上記の画像からも「FedEx」の文字を確認することができます。外箱はシンプルに普通の「ダンボール」です。シールがベタベタ貼ってあったので、とりあえずはがせるだけ剥がした後が上記の画像になります。

ダンボールを開けるとこんな感じです。ぐるぐる巻きになっています。個人的には、今まで「Etoren」や「Expansys」で購入してきましたが、梱包は「Etoren」のほうが丁寧という印象があります。ただ「Etoren」であっても、梱包をしてくれた担当の人によって違うのかもしれませんが。

ビニールをはずと上記の画像にようになりました。「Xperia XZ2 premium」が一つ。「変換コネクター」?おそらくサービス品が一つ。そして「インボイス」つまり領収書が1枚入っていました。上記の画像からも確認することができますが、一つ気になるのは「本体」の箱が凹んでいることです。実際使った後に売却するにあたって、箱がボロボロだとみっともないのでちょっと嫌なんですけどね。

「Xperia XZ2 premium」自体が、発売されてから、半年程度経過しているものなので、ずっと在庫だったものだからなのかもしれませんが。でも昨年購入した「Huawei Mate20 Pro」や「Galaxy Note9」の箱も凹んでいたような。。輸送中に凹むんですかね。

一応開けると、こんな感じです。昨年発売されている機種なので、すでに多くのサイトでレビュー記事が公開されていますが、当サイトでは初めてなので大目にみて下さい。「Xperia XZ2 premium」は昨年発売された「ハイエンドモデル」の中で唯一「アスペクト比16:9」を採用しているため、ベゼルの太さがめだちますよね。

でも慣れの問題もありますが、「アスペクト比16:9」がいまだに一番見やすいアスペクト比だと個人的に思っちゃいます。

箱を完全にあけるとこんな感じになります。以前、「Xperia XZ2 premium」が発売された当初は「クロムブラック」を購入していたので、今回は「クロムシルバー」を購入しました。「premium」モデルといえば、「鏡面仕上げ」が特徴となっていますが、「Xperia XZ2 premium」はアンビエントフロー」を採用しているため、「Xperia XZ premium」のように、「鏡」の代わりには使うことができません。

本体と別に、「説明書」、「電源プラグ」、「USB-C」ケーブル、「イヤホン」が同梱されています。確か「DoCoMo」と「Au」のキャリアモデルって、付属品って何も入ってなかったような気がします。「変換プラグ」くらいでしたってっけ。

「キャリアモデル」は最近何か同梱されていることはほとんどありませんが、「キャリアモデル」より安い「SIMフリー」モデルのほうが、同梱物も多くて、なんか皮肉ですよね。とはいえ、「電源プラグ」とかも変換器使わないと、日本のコンセントで使えないんですけどね。

ちなみに「イヤホン」はただの安いやつで、「ハイレゾ」とかそんなのは期待しちゃいけないです。「イヤホンピース」と、あとは「USB-C」用の変換プラグが同梱されています。「Xperia XZ2」シリーズから「イヤホンジャック」が廃止されたので、有線タイプで聴きたい場合は「変換プラグ」がどうしても必要になりました。

そして「イヤホンジャック」が廃止されたことによる一番個人的に大きな影響は、「デジタルノイズキャンセリング」も使えなくなったことです。つまり「Bluetooth」イヤホンおよびヘッドホンで、「デジタルノイズキャンセリング」に対応しているものでないと使えません。

あまり真剣に調べた時ないですけど、スマホにおける「ハイレゾ」の需要ってどれくらいあるんでしょうかね。「Galaxy」など今や「ハイレゾ」に対応している機種はかなり存在していますけど、スマホでどれくらいのユーザーが聴いているのか。もしそれなりの需要があるのであれば、「イヤホンジャック」は残すべきだったと思っちゃいますけどね。

今回は、「Etoren」で購入するとこんな感じで製品が送られてきますよという意味もこめて、簡単に開封編をまとめてみました。スペックを考えれば、「7万円」で購入できるので、変にミッドハイレンジモデルを購入するより、よほどコスパに優れていると考えることができます。昨年発売された唯一の「premium」モデルであり、もしかすると「premium」の名称がつく最後の機種かもしれません。気になる方はぜひ「Etoren」をチェックして見て下さい。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG