• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • Amazonより安くてAmazonのように気軽に。欲しい「Xperia」は「Etoren」で購入しよう。

Amazonより安くてAmazonのように気軽に。欲しい「Xperia」は「Etoren」で購入しよう。

Xperia

昨年末に総務省が携帯の料金は4割程度下げることが可能だと発言したことによって、「ドコモ」は「分離プラン」を導入すること。そして、「4000億円」規模の還元を行うことを発表しています。ただある統計によれば、「4000億円」と聞けばすごい金額に聞こえますが、一人当たりの月々の料金に換算すると、「500円」程度になるとされています。

分割で購入しているユーザーの場合、月々サポートが適用されている場合が多いと思いますが、だいたい最新機種の場合だと、月々「2000円」程度の割引が発生していると考えることができます。「分離プラン」の導入によって、「月々サポート」が廃止になった場合、差額「1500円」程度は表面上料金が高くなることになります。

もちろん「下取りサービス」などを考えれば、実質の差額はここまでないと考えることができますが、少なくともユーザーからすれば、表面上の料金が高くなることからもさらに反発が発生すると考えることができます。先日の情報からも、「ドコモ」は「分離プラン」を「4〜6月」の間に発表すること。そして「端末」は正規の価格で購入して頂くようになること。

そして現在でいう「Docomo with」の対象商品のように、「ミドルレンジモデル」や「エントリーモデル」のラインナップを拡充することに言及しています。従来であれば、金額が高い端末、つまり「ハイエンドモデル」がメインでしたが、今後は「ミドルレンジモデル」以下の機種がメインになると考えることができます。

「DoCoMo」の施策次第にもよりますが、今後「ハイエンドモデル」をキャリアで購入するメリットはますますなくなると思います。もちろん「iPhone」に関しても同様ですよね。割引が使えないのであれば、本体価格が割引分下げるしかありませんが、Appleが許すとも思えないので。

だからこそ、今後「SIMフリー」モデルの需要はさらに増加すると考えることができます。先日には今更「Xperia XZ2 premium」を「Etoren」で購入したのでまとめてみました。詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

さて今回は「Etoren」で購入した「Xperia XZ2 premium」が注文してから、到着するまでにどんなタイムスケジュールだったのかを簡単にまとめてみたいと思います。



実際のタイムスケジュール。

さて実際自分が「Etoren」で「Xperia XZ2 premium」を購入した時の一連の流れを確認したいと思います。上記の画像にはない部分は以下のようになります。

ステータス時間
購入1月31日13時06分
購入確認1月31日14時06分

まず購入を完了したときに、購入完了のメールがきます。それが「1月31日」の「14時06分」でした。どちらにせよ購入したのが「木曜日」だったので早ければ、「金曜日」に出荷され、「Fedex」であれば「土日」は配送していなので、週明けの「月曜日」もしくは「火曜日」になると予測していました。

で、実際のスケジュールを確認すると、「2月1日」の朝に「集荷依頼」が「Fedex」にかかっており、夕方の「5時」には集荷が完了しており、その3時間後には「営業所」を離れ、本格的に配送が開始しています。

「2月2日」には、「Etoren」の拠点の一つである「香港」を離れ、「2月3日」の朝には「成田空港」に到着し、その後、通関処理が行われていることを確認することができます。「2月2日」と「2月3日」は配送業務は行なってなくても、実際には輸送をしていることは確認することができます。で、実際に自分の手元に届いたのは「2月4日」の昼前になります。

もし土日でないタイミングであり、さらに「Etoren」での集荷依頼と集荷のタイミングに時間差がなければ、もっと早く届く可能性が高いと判断することができます。土日でなければ、早くて3日〜4日程度で届くことになります。海外サイトで購入している機種になりますが、ほぼ国内のサイトで購入しているのと同じ感覚で購入ができ、さらに手元に届くまでの時間もそこまで長くないですよね。

さすがに「Amazon」の速達便ほどではありませんが、「楽天」や他のサイトで購入した時より下手したら早いです。そして「Etoren」のいいところの一つは、基本国内、Amazonなどで発売されているSIMフリーの値段より安いところです。一部機種の値段をまとめると以下のようになります。

機種名EtorenAmazon
Xperia XZ37万4700円8万3980円
Xperia XZ24万7400円5万7290円
Xperia XZ2 Compact5万1000円5万4580円
Xperia XZ2 premium6万7600円7万7000円
Xperia XA22万7200円3万1080円
Xperia XA2 Ultra3万500円3万4580円
Xperia XA2 Plus3万4800円4万4990円
Xperia XZ13万8200円4万100円
Xperia XZ premium4万5500円4万8870円

「Amazon」でprime会員なのか、そうじゃないのか、住んでいる地域にもよりますが、基本は「Etoren」のほうが安いです。ただ「Etoren」の場合はここに約送料が「2000円」加算される形になります。ちなみに「Etoren」の場合、本体カラーによって、価格が異なるので、執筆時点での一番安い価格を記載しています。

冒頭でも記述しましたが、キャリアで購入するメリットってどんどんなくってきています。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルって発売時期のずれもありますが、基本は「SIMフリーモデル」は、「キャリアモデル」が発売される頃には、すでに値下げを開始している場合が多く、「一括」で購入するのであれば、「SIMフリーモデル」のほうが安いです。

そして「技適」の問題はありますが、「キャリアモデル」を使うメリットって、「おサイフケータイ」などの「日本独自機能」ですよね。「Suica」や「ID」や「QUICPay」など「FeliCa」チップに依存しているものはどうしようもないですけど、昨年末に話題になった「PayPay」や「d払い」など、いわゆる「QRコード」決済がどんどん流行ってきていますよね。

「QRコード」決済であれば、「FeliCa」チップを搭載していない「SIMフリーモデル」でも十分に使えます。少し前までは必ず「電子マネー」=「FeliCa」チップでしたが、今は選択肢が増えたこともあり、そこまで「おサイフケータイ」に対応している必要性がないというか、使えなくても代替手段はいくらでもあるって感じですよね。

今後は、自分の使い方に合わせて、いかに本体を安く購入するかが重要になると思います。キャリアが今後販売する「ミドルレンジモデル」や「エントリーモデル」も表面上安く見えるかもしれませんが、機種によっては「SIMフリー」モデルのほうが安い場合も十分に考えられます。購入する選択肢を広めるという意味でも、「Etoren」が気になる人はぜひチェックして見て下さい。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧