• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「Xperia XZ4」を「1円」でも安く購入するために。キャリアで購入するなら「オンラインショップ」を積極的に活用しよう。

「Xperia XZ4」を「1円」でも安く購入するために。キャリアで購入するなら「オンラインショップ」を積極的に活用しよう。

Xperia

毎年同じみになりつつありますが、「Xperia」のリーク情報ってかなり錯綜します。「iPhone」もそうなんですけど、一方で「Galaxy」のリーク情報ってかなり確度が高いです。この差って何なんでしょうかね。リークしている人物の問題なんですかね。直近の情報では、次期「Xperia XZ4」には「5200万画素」のメインカメラに「1600万画素」のサブカメラ。

そして「TOFセンサー」が搭載されていると予測されています。CADを基に作成されたレンダリング画像においては「トリプルレンズカメラ」を搭載しているように見えますが、直近の情報が正しければ、「デュアルレンズカメラ」を搭載していることになります。「シングルレンズカメラ」を搭載していた「Xperia XZ3」から比較すれば、大躍進ですよね。

そして、世界一の「カメラ」の評価を獲得している「Huawei」に対しても、「Xperia XZ4」であれば、勝負できるかもしれませんよね。また「3900mAh」の大型「バッテリー」を搭載するなど、まさに大幅なスペックアップが期待されている「Xperia XZ4」ですが、その本体価格は「12万円」を超えると予測されています。結構高いですよね。

でも今って、スマートフォンを購入する方法って様々ありますよね。それこそ少し前までは「SIMフリー」なんて言葉はほとんど認知されていませんでしたし、スマホを購入する=「ショップ」に行って購入するが当たり前でした。なので、選択肢が多くなって購入しやすくなったとの意見もあれば、選択肢が多くてわかりづらくなったとの意見もあります。

ただ一つ言えることは、従来通り「ショップ」に言って購入するのが最適解ではないということです。さて今回は、「iPhone」や「Galaxy」そして「Xperia」と端末の高価格化が進む中、少しでも安く購入するためにも「オンラインショップ」を積極的活用するべきだと思うので簡単にまとめたいと思います。



頭金・手数料がタダに。

今回は「ドコモオンラインショップ」を中心に見ていきたいと思います。なんだかんだ「Xperia」と一番強い関係を持っているのが「ドコモ」であり、「Xperia」を最も販売しているのも「ドコモ」になるので。

自分自身も高校生の時くらいまでは、「ショップ」に行ってスマートフォンを購入していました。「ショップ」を行って誰もが思うのは「待ち時間の長さ」です。ガラケーの時代などは、使い方もシンプルでしたよね。また合わせて料金プランもシンプルでしたよね。だからこそ今ほど一人あたりの手続きの時間って長くなかったですよね。

でも今は、多様な「料金プラン」に多様な「機種」そして「使い方」など、スペックや使い方が広がれば当たり前なんですが、都度説明するという形になればかなりの時間を要しますよね。この「待ち時間」って、個人的には一番無駄な時間だと思ってしまいます。特に「機種変更」などの場合。ショップの最大の強みは「人対人」であることですよね。

でも「人」が絡んでいるからこそ、余計なお金が発生します。一つは「事務手数料」。「ショップ」で購入するだけで「2000円」から「3000円」程度余計に取られます。そしてショップで購入すると「頭金」も発生します。最近ショップで購入していないので判然としませんが、機種によっては「8000円」くらい取られたりするんですよね。

「事務手数料」と合わせると「1万円」くらい変わってきます。あとは、「頭金」をただにするかわりに「有料アプリ」への登録もありますよね。結局アプリの解約を忘れて、ずっと課金されたままとかもよく聞く話です。タチが悪いアプリだと、「解約」のページが全く見つからないとか。

少なくとも「オンラインショップ」で購入するだけで、「事務手数料」「頭金」そして「待ち時間」を節約することができます。少しでも安い機種を購入したいと思っているのに、「ショップ」にいっては余計にお金がとられて意味がありません。それこそ時間と労力の無駄。

あとは全く自分じゃあ設定できないから「ショップ」に行くって話もあります。でも今の機種って、初期設定昔ほど大変じゃあありません。極論「Android」なら「Google アカウント」、「iPhone」なら「Apple ID」を覚えていればどうにかなります。昔だった「データ移行サービス」も「ショップ」限定サービスみたいな感じでしたが、今や「アプリ」でどうにでもなります。だからこそ「オンラインショップ」を有効活用すべきです。



「オンラインショップ」優先に。

先ほども記述しましたが、「オンラインショップ」であれば、「事務手数料」や「頭金」を節約できます。さらに「ドコモオンラインショップ」であれば対象機種を「ドコモオンラインショップ」で購入することで約「5000円」の値引きになります。上記の画像では「10周年特典」となっていますが、いつも名称を変えてだいたい「5000円」の値引きを行なっています。なので「キャンペーン中」だからときにする必要性はないかもしれません。

簡単に言えば「オンラインショップ」で購入してくれれば「5000円」の値引きになるサービスですが、ドコモ側も積極的に「オンラインショップ」を活用して欲しいと考えることもできます。ショップでは人件費やらなんやら経費がかかりますしね。少なくともオンラインショップであれば、「機種」の選択や「料金プラン」の選択はユーザーがやってくれるので、運営する方も非常に楽ですよね。

そして特に「iPhone」が顕著なんですが、在庫も「オンラインショップ」が優先になっていますよね。よく掲示板とかでも見ますが、「自宅配送」「ショップ受け取り」「家電量販店受け取り」でどれが一番早いのか。もちろん自分が受け取りをするショップや家電量販店の規模によって左右される可能性は十分にありますが、やはり早いのは「オンラインショップ」になります。

少なくとも「優先的に在庫を回し」、そして「割引」をする。ドコモは「オンラインショップ」をできるだけ使って欲しいということです。今年の4月以降に「4000億」規模の割引をするとしています。だからこそ削れるところは徹底的に削る可能性が十分に考えられます。ってなると今後はよりショップが冷遇されそうですけどね。

「Xperia XZ4」が「12万円」程度の価格設定になることからも少しでも安く購入したのであれば「オンラインショップ」で購入することをお勧めします。また人によっては、家電量販店で受け取りにして「dカードゴールド」で一括購入する。このほうが安く済む人もいるのかな。キャリア主導の購入方法は、正直あまりおすすめできません。

しかしながら、キャリアが何の意図で、この施策をやっているのか吟味した上で、購入するのであれば十分にありだと思います。「キャンペーン」という言葉に踊らされると、結果高くつく場合もあるので。何かしらの参考になれば幸いです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧