「Galaxy S10 X」はすべて網羅?2019年トレンドとなるスペックや機能をまとめてみた。

  1. Galaxy

スマートフォン市場は数年前と比較すると「成熟期」に入ったこともあり、以前ほど、短期間で大きな進化は見られなくっています。それでも毎年のように最新機種が発表され、新機能を搭載しており、確実な進化を遂げていると考えることができます。2018年を改めて振り返ってみると、トレンドとなった機能ってあまりピンとくるものがありません。

ただ「ベゼルレスデザイン」から「フルスクリーン」デザインを採用した機種もちらほら登場しており、さらに「Huawei P20 Pro」から始まった「トリプルレンズカメラ」の流れは、まだまだ一部の機種のみですが、「デュアルレンズカメラ」以上を搭載している機種は着実に増えています。そして昨年末にかけて先行した技術がちらほら登場しましたよね。

「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載した「Huawei Mate20 Pro」の登場や、「フルスクリーンデザイン」とまではいかないですが「パンチホール式」を採用した「Galaxy A8S」や「Huawei Nova 4」の登場など、まさに今年以降トレンドになる可能性が高い先行した技術だと考えることができます。さて今回は2018年末の情報からも、2019年にトレンドになる機能やスペックを簡単にまとめたいと思います。



「折りたたみ式」を採用。

今年は「折りたたみ式」を採用した機種が数多く発表されると予測されています。「Samsung」に「Huawei」に「LG」に「Apple」も同様のプラットフォームを採用した機種を開発していると予測されています。特に直近で発表される可能性が高いのがSamsungの「Galaxy F」です。「Galaxy F」の詳細については以下の記事をご参照下さい。

 

 

また一部情報によると、「Huawei」は折りたたみの方法が「Galaxy F」とが逆になるとされています。また「Galaxy F」とは同様に「ディスプレイ統合型指紋センサー」と「顔認証」を搭載する可能性が高いと予測されており、「Galaxy F」と同様に、かなりハイスペックな機種になると考えることができます。スマートフォンのような使い方もできれば、タブレットのような使い方ができる。

少なくともSamsungの幹部は、スマートフォンの未来の姿を映し出したものが「折りたたみ式」だとしていることからも、今後も「Galaxy F」をシリーズとして継続開発していくことを示唆しています。ただこのプラットフォームは、まだまだ完成度が高いといえる状態ではないと考えることができます。それに加えて、かなり高価になると予測されていることからも、最初は様子見のほうが無難かもしれませんね。

ただGoogleは「折りたたみ式」デバイスにおいて、「Android」をしっかり対応させていることからも、かなり前向きな印象を受けます。つまり「Google Pixel」シリーズでも今後は「折りたたみ式」を採用した機種が登場すると考えることができるかもしれませんね。



超音波式指紋センサー。

今年トレンドになると予測されている2つ目の機能は「ディスプレイ統合型指紋センサー」です。「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載している機種はすでにいくつか発売されています。ただその多くは「液晶」に搭載されています。一方で昨年末に発売された「Huawei Mate20 Pro」は「有機ELディスプレイ」に「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載した初めての機種になります。

「有機ELディスプレイ」のほうが画素密度が高く、光を透過させることが難しいとされており、なかなか搭載されてきませんでした。ただ逆に考えれば「Huawei Mate20 Pro」に搭載されている「ディスプレイ統合型指紋センサー」は「光学式」です。この「光学式」を搭載したことがむしろデメリットになってしまいました。

文字通り、「光学式」は「光」を使って「指紋」を認証しています。つまりこの「光」が少しでも阻害されると認証されなくなります。私たちがスマートフォンを使う場合、多くのユーザーは「保護フィルム」や「保護ケース」を使用していると考えることができます。この「保護フィルム」が「指紋」を認証する際に「光」に干渉しやすいです。

実際に自分が使ったときは、「保護フィルム」ありではほとんど認証してくれませんでした。これだけを聞くと「ディスプレイ統合型指紋センサー」にあまり期待できないと思いますが、今年トレンドとなるのは「超音波式」です。搭載機種はあまり明らかになってはいませんが、「Galaxy S10」シリーズは搭載すると予測されています。「Galaxy S10」シリーズの詳細は以下の記事をご参照下さい。

 

 

少なくとも「認証精度」も「認証速度」も大幅に向上すると予測されています。また「光学式」のように何かの干渉も受けにくいとか。ただその分「ディスプレイ統合型指紋センサー」の原価コストは上昇すると予測されています。なので「ハイエンドモデル」の搭載がメインになりそうですよね。



「5G」の高速通信

今年の本命とも言えるのが「5G」ですよね。現行の「4G」と比較して「10倍」以上の通信速度を実現することができるようになります。こうなってくると、「Wi-Fi」とか家の固定回線がかなり遅く感じるようになっちゃいますよね。この「5G」の技術は様々な技術に採用されると予測されていますが、やはり私たちが一番身近なスマートフォンが対応することが最も分かりやすいでしょうか。

少なくとも上期においてはSamsungの「Galaxy S10 X」や「Huawei P30 Pro」が筆頭になるとされています。ただ意外と知られていないのですが、昨年末に発売を開始した「Huawei Mate20 Pro」は「5G」に対応しているらしいです。ただその恩恵を享受できる環境はありませんが。

今年の上期から徐々に「5G」に対応するキャリアが増えてくるとされています。このことからも「5G」への対応が早い「韓国」や「アメリカ」などで「Galaxy S10 X」が先行して発売を開始すると予測されています。ちなみに「ヨーロッパ」方面は「9月」以降になるとされていることからも「ヨーロッパ」地域での「Galaxy S10 X」の展開は遅めになると予測されています。

日本でもプレサービスが開始するのは今年の9月以降だとされています。なので日本で発売される機種は早くても、9月以降に登場する機種がメインになってくると予測されています。日本は2020年に開催される東京オリンピックを目標に本格開始するとされています。そのスピードもそうですが、料金もどうなるのか非常にきになりますよね。



UFS3.0に「ROM1TB」

「ハイエンドモデル」の一部がメモリ規格である「UFS2.1」に対応しています。しかしながら次世代規格である「UFS3.0」が今年登場する機種には採用されると予測されています。少なくともその搭載機種には「Galaxy S10」シリーズが含まれているとしています。現行の「UFS2.1」と比較した場合「UFS3.0」は「メモリ帯域幅」が「2倍」になるとされています。

さらに処理性能が向上しそうですよね。そして「RAM」と「ROM」が大幅に強化される可能性が高いとされています。現行でRAMは「10GB」だと思いますが、「12GB」以上が登場するとか。スマートフォンのスペックでここまで必要なのか判然としませんが、必要だからこそ強化されるということでしょう。以前「Huawei」の社長だったと思うのですが、「RAM6GB」以上は不要だと発言していたと思います。

そして「ROM」です。いよいよ「1TB」の時代です。カメラが進化し、より「5G」が普及することによって、よりコンテンツも大容量になることからも、ストレージが増えることは嬉しいですよね。スマートフォンでは「Galaxy Note9」や「iPhone XS」などの「512GB」が現行で最高クラスです。これが半年で約2倍に。特に「Android」は「SDカード」で「512GB」が存在しているので、そのうち「2TB」とか簡単にいっちゃいそうですよね。

さて今回は今年トレンドになりそうな「スペック」や「機能」について簡単にまとめてみました。今回紹介した機能やスペックを網羅しているのが「Galaxy S10 X」になります。それだけSamsungの技術とマーケティングは時代を先行していると考えることができます。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事