• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 本物かな?Amazonで「Xperia XZ4」のケースが販売されていたから「Galaxy Note9」と比較してみた。

本物かな?Amazonで「Xperia XZ4」のケースが販売されていたから「Galaxy Note9」と比較してみた。

Xperia

その登場時期を含めて、かなり情報が錯綜している次期「Xperia XZ4」ですが、その名称はともかく、「Xperia XZ4」と「Xperia XZ4 Compact」はほぼ間違いなく存在していると考えることができますが、問題なのが「Xperia XZ4 premium」が存在しているかどうかです。「Xperia XZ4」と「Xperia XZ4 Compact」の詳細については、以下の記事をご参照下さい。

「Xperia XZ4」は「5G」に対応した特別モデルと「4G」に対応したベースモデルの2種類が存在していると予測されていますが、この「5G」に対応した特別モデルは、そもそも「Xperia XZ4」ではないとの予測もあれば、全く別の機種として登場する可能性があるなど、「Xperia XZ4 premium」として登場する可能性があるなど全く判然としない状況にあります。

「Xperia XZ4 premium」に関しては、全く判然としませんが、「Xperia XZ4」と「Xperia XZ4 Compact」に関しては、CADを基に作成されたレンダリング画像が公開されています。このことからも、本体サイズが判明しています。そして一方で、このレンダリング画像の公開以降、「Xperia XZ4」の専用ケースが販売されています。

さて今回、「Xperia XZ4」の専用ケースとされているケースをAmazonで購入し、実際に「Galaxy Note9」と比較してみたので簡単にまとめたいと思います。

 

専用ケースを購入してみた。

さて実際に今回Amazonで購入したのは以下の製品になります。

Xperia XZ4 ケース QI充電対応 クリア 二枚入 スマホケース XZ4 ケース 落下 衝撃 吸収 透明 擦り傷防止 Arae スリム TPU ソフト ソニー エクスペリア XZ4 2018 対応用 全面保護 カバー (クリア)

「Xperia XZ4」のケースとなっていますが、不可解な文言があります。「Xperia XZ4 2018対応用」という言葉です。少なくとも「Xperia XZ3」の形状とは全く異なり、何の機種をさしているのか判然としません。おそらくですが、確定的なSONYからの情報を基に作成しているのではなく、あくまでもリーク情報を基に作成されている可能性が高いことからも、パチもんの可能性が高いです。

その上で、実際に「1280円」だったので試しに購入してみました。そして上記の画像は、一番外側のパッケージになります。外側のパッケージは、機種に関係なく、同メーカーが制作しているものであれば、使い回しをしているものであると考えることができ、外側のパッケージには具体的な機種名などはありません。

中身を実際にあけると、「ソフトーケース」が2つ入っています。もちろん全く同じものです。触った質感としては、いかにも安っぽいって感じです。一応「Xperia XZ4」の本体サイズに合わせたのか、簡易的な台紙が入っていました。ケース自体は、日焼けしやすそうで、さらにちょっと力をいるだけで大きく湾曲してしまう感じの質感です。

台紙を実際に外してみて、背面から撮影したのが上記の画像になります。少なくとも「トリプルレンズカメラ」の部分が大きく開いていることを確認することができます。側面の部分は「指紋認証」の部分が大きく穴が開いており、「指紋認証」のすぐ上の部分に「音量調節ボタン」。そして「指紋認証」のすぐ下に「電源ボタン」。最後に下のほうに「シャッターボタン」のための凹みがあります。

本体上部の部分には「マイク」の部分のみが穴が開いており、下の部分には、「USB-C」と「マイク」あとはおそらくですが、「ステレオスピーカー」らしきための穴が開いていることを確認することができます。

そして実際に「Galaxy Note9」と「Xperia XZ4」の専用ケースを比較した画像が上記の画像になります。「Xperia XZ4」のほうがかなり縦長であることを確認することができます。ちなみに、今年発売された機種で、特に「Xperia XZ4」と近いディスプレイサイズを搭載した機種との本体サイズを比較すると以下のようになります。

縦(mm)横(mm)厚み(mm)
Xperia XZ4166.972.48.2
Huawei Mate20 Pro157.872.38.6
Google Pixel3 XL15876.77.9
Galaxy Note9161.976.48.8
iPhone XS Max157.577.47.7

ケースを実際に持った印象としては、想像以上に持ちやすいです。スペックで比較してみても、今年発売された機種の中で最も持ちやすいと感じた「Huawei Mate20 Pro」とほぼ同じ横幅です。「Xperia XZ4」に関しては、持ちやすさを維持しつつも、「アスペクト比21:9」に変更することで、比較した機種の中では最も縦長ですが、ディスプレイサイズの大型化に成功したと考えることです。

自分の成人男性の中では、小さくも大きくもない手の大きさですが、片手でケースを持った時に丁度親指が、「指紋認証」のところにぴったりくるようになっています。少なくとも「Xperia XZ2」や「Xperia XZ3」のように「指紋認証」をする際に、いちいち指紋認証の場所を探すような面倒なことはありません。

ただ「指紋認証」はしやすくなっていますが、明らかに縦長になりすぎているので、ディスプレイの上部を触るには、手をもちかえる必要性があります。一部情報では、かなり縦長な印象になるとの予測でしたが、持った感じは全く不満はなく、あとは、「OS」のほうでどうカスタマイズをしてくるかが問題になると思います。

それこそ「Galaxy S10」シリーズではないですけど、「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載しつつ、「側面」の指紋認証を廃止し、さらに「Xperia XZ3と同じく「Edgeスタイル」を採用してくれれば、かなり持ちやすく、さらに「アスペクト比21:9」と映画などのコンテンツに特化したディスプレイの搭載で、今までにない「Xperia」の特徴になるとかんがえることができます。

まだまだ判然としない状況にありますが、今回はパチもんの可能性が高い「Xperia XZ4」の専用ケースをAmazonで実際に購入したので簡単に「Galaxy Note9」と比較してみました。

Via MySmartPrice

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧