• HOME
  • ブログ
  • Galaxy
  • 地域限定カラーは「eBay」がおすすめ。「Galaxy Note9」の新色「Alpine White」を購入してみた。

地域限定カラーは「eBay」がおすすめ。「Galaxy Note9」の新色「Alpine White」を購入してみた。

Galaxy

日本国内で発売されているスマートフォンは本当一握りであって、世界市場ではかなりの数の機種が発売されています。その中で、海外版を購入する手段として「Etoren」や「Expansys」が有名でしょうか。これらのサイトは、手数料が加算されているため、やはりメーカー直販で購入するよりは少し高いです。

それでも、海外の現地で購入するよりは、「日本語」に対応していることや、「保証」や「修理」に対応していることからも、少し高くても「安心」という意味では、気にする必要性はないと考えることができます。ただ大手サイトである「Etoren」や「Expansys」においても扱っていない機種はまだまだたくさんあります。

先日の記事にもまとめましたが、私自身「Galaxy Note9」を2台購入した理由をまとめてみました。詳細は以下の記事をご覧ください。

2台目に購入した「Galaxy Note9」が、12月の上旬に発売を開始した新色である「Alpain White」になります。この「Alpain White」は「Etoren」や「Expansys」でも販売されていません。2つのサイトとも「香港」を拠点にしているため、「中国」で発売されていない機種は基本取扱がありません。

さて今回私自身「Alpain White」含めて、地域限定モデルがどうしても欲しい場合は、海外のオークションサイトである「eBay」で購入するのがおすすめになるので簡単にまとめたいと思います。

 

高級感がある「Alpain White」

まず「Galaxy Note9」の展開カラーを国内や「Etoren」や「Expansys」を含めて簡単にまとめたいと思います。

ドコモauEtorenExpansyseBay
ブラック
ブルー
パープル
カッパー
シルバー
ホワイト

国内キャリアの「ドコモ」と「au」の関しては、正直何を基準に展開カラーを決めているのか判然としません。しかしながら、「Galaxy」に限っては「4色」展開であっても、今回の「Galaxy Note9」のように「2〜3色」がいいところです。一方で「Etoren」や「Expnasys」においては、その時の在庫状況に大きく左右されます。

「Galaxy Note9」自体が「8月下旬」に発売を開始していることもあり、特に「Expansys」は「カッパー」がほぼ入荷していない状態となっています。一方で「Etoren」や「Expansys」でも扱っていない本体カラー。まず「シルバー」は「アメリカ」限定モデルになります。そして「ホワイト」は執筆時点で判明しているのは「台湾」「ドイツ」「インド」の3カ国程度です。

これら地域限定モデルは非常に入手が困難です。ただオークションサイトである「eBay」においては、世界中のあらゆるところから、多くの商品が出品されているので、どこかしらの市場で発売を開始しているものであれば、購入できるチャンスがあります。現に私自身も「eBay」で購入しました。

ちなみに執筆時点での「eBay」での「ホワイト」の購入価格は「8万7866円」です。ここに送料が1000円程度加算されます。「台湾」から直送されており、さらに「Fedex」だったこともあり、週末に注文して週明けに手元に届いたっていう感じでした。ちなみに「シルバー」を扱っているところもありますが、執筆時点では、「品切れ」の状態となっています。

一応「Galaxy Note9」のスペックを「SIMフリー」モデルと「キャリア」モデルを比較すると以下のようになります。

Galaxy Note9キャリアモデルホワイトモデル
ディスプレイサイズ6.4インチ
ディスプレイ有機ELディスプレイ(アスペクト比18.5:9)
OSAndroid8.0
SoCsnapdragon845Exynos9810
RAM/ ROM6GB/128GB
メインカメラ1200万+1200万画素
インカメラ800万画素
NFCType-FType-A/B
SIMシングルデュアル

SIMフリーモデルでは「地域限定」モデルとなっている「シルバー」と「ホワイト」は「RAM6GB/ROM128GB」のいわゆる「ベースモデル」しか存在していません。なので国内モデルと大きく異なるのは、「本体カラー」と「FeliCa」くらいでしょうか。だからこそ、冒頭でも記述しましたが、「好きな本体カラー」が国内で発売されていない場合は、「SIMフリー」モデルも十分におすすめになります。

では「キャリアモデル」と「SIMフリーモデル」の本体価格を執筆時点で比較してみたいと思います。基本は最安値。また割引などのサポートなどを考慮せず一括で購入すると仮定します。

RAM6GB/ROM128GBRAM8GB/ROM512GB
ドコモ12万1176円×
au12万9600円×
Etoren8万4400円10万8400円
Expansys8万525円10万4045円
eBay7万9099円10万1244円

こうやって価格を比較してみると、「キャリアモデル」の一括価格は、「SIMフリー」モデルの「最上位モデル」より高いことを確認することができます。仮に「割引キャンペーン」を使ったとしても、2年使うことが前提となるため、あまり「キャリア」モデルを購入するのは得策とは言えません。それこそ「SIMフリー」モデルを一括で購入したほうが、後々のことを考えると得策です。

日本国内では「10月下旬」に。SIMフリーモデルは「8月下旬」に発売を開始していることからも、この2ヶ月の差が、単純に金額の差に直結していると考えることができます。

「ブラック」や「ブルー」は結構無難な色であり、他の機種でもよく見るカラーですが、「シルバー」や「ホワイト」って、ちょっと前までは当たり前のカラーでしたが、今ではあまり扱われていないカラーとなっており、逆に珍しくなっています。実際にに手元に「カッパー」と「ホワイト」がありますが、「ホワイト」のほうが「Galaxy Note9」って感じなので新鮮味を感じます。気になる方はぜひ「eBay」をチェックしてみてください。

eBayでGalaxy Note9を購入する。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧