次期「Xperia XZ4」は「Xperia XZ4 Compact」含めて「3モデル」構成に?スペックや価格をまとめてみた。

  1. Xperia

2018年の2月に開催されたMWC2018において、「Xperia Z」から「Xperia XZ1」まで長きに渡って採用されてきた「オムニラバンスデザイン」を辞め、新しいデザイン言語である「アンビエントフロー」を採用した「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が正式に発表されました。ただ周知の通り、「アンビエントフロー」への評価は最悪で、その結果売上もかなり厳しい状態となりました。

さらに「premium」モデルである「Xperia XZ2 premium」においても、「Xperia」初の「デュアルレンズカメラ」を搭載し、さらに「ボケ」や「モノクロ」にも対応し、カメラを大幅に強化したにも関わらず、やはりデザインが足を引っ張り売上はイマイチなものとなりました。

ただ「Xperia XZ3」においては、「有機ELディスプレイ」を採用したことにより、本体のデザイン設計により自由性が増したことで、「Galaxy S9」のような「Edge」スタイル。そしてよりスリムなベゼル。さらに「6.0インチ」の大型ディスプレイを搭載したことにより、「有機ELディスプレイ」に加え、そのデザインも高く評価を獲得しました。

そして2019年に登場すると予測されている次期「Xperia XZ4」は「Xperia XZ1」以来となる「オムニバランスデザイン」を採用すると予測されており、デザインがかなり洗練されていると予測されているので、今回は現時点で判明しているデザインやスペックを簡単にまとめたいと思います。

 

スペック・価格などなど。

まず現時点で判明している「Xperia XZ4」のスペックを簡単にまとめたいと思います。ちなみに「Xperia XZ4」は「4G」モデルと「5G」モデルに別れているとされているのでそれぞれをまとめたいと思います。

Xperia XZ4 4G 5G
正式名称 Xperia N1?
OS Android9.0 Android9.0
SoC snapdragon855 snapdragon855
ディスプレイサイズ 6.5インチ 6.5インチ(3840×1660)
ディスプレイ 4K(アスペクト比21:9) 4K(アスペクト比21:9)
本体サイズ 166.9×72.4×8.2mm ?
重さ 195g ?
RAM 6/8GB 6/8GB
ROM 128GB 128/256GB
メインカメラ 16MP+16MP+5MP 48MP+24MP+16MP
インカメラ 24MP 24MP
バッテリー容量 3900mAh 4300mAh
生体認証 指紋認証(側面) 生体認証(側面)
発表 MWC2019 MWC2019?
価格 約12万7000円

あくまでもリーク情報を基にしているので、その信憑性はあまり高くありません。特に「5G」モデルに関しては尚更です。まず次期「Xperia」では、新シリーズに移行する可能性が高いと予測されており、次期「Xperia」では、「N」や「V」そして「T」など4つのアルファベットが使用されると予測されており、「ハイエンドモデル」は「N」が採用される可能性が高いとされています。

ちなみに先日にまとめましたが、「Xperia XA3」シリーズにおいても、名称が変更される可能性が高いと予測されています。詳細は「「ハイエンドモデル」と遜色のないレベルに。「Xperia XA3」と「Xperia XA3 Ultra」の価格・スペックをまとめてみた。」をご参照下さい。

そしてスペックを確認するとまず、世界で初となるアスペクト比「21:9」を採用した機種になる可能性がたかく、最大のメリットは、映画などのコンテンツを劇場と同じアスペクト比で視聴することが可能になるということです。ただデメリットの一つとしては、本体がかなり縦長になること。正直片手での操作は厳しくなると考えることができます。

そのためか、「Xperia XZ3」のような「Edgeスタイル」を採用することは困難になりますが、「指紋認証」をサイドフレームに搭載しています。またアメリカの特許対策のためか、「Xperia XZ1」までのように、「電源」ボタンと「指紋認証」が統合されているのではなく、上記の画像のように「電源ボタン」と「指紋認証」は別々に搭載される可能性が高いです。

そしてカメラに関してですが、こちらもかなり情報が錯綜しており、まずそもそも「トリプルレンズカメラ」なのか「デュアルレンズカメラ」なのか判然としません。CADを基に作成されたレンダリング画像を確認する限りは、「トリプルレンズカメラ」を搭載しているように見えますが、この一つは「カメラセンサー」ではなく、「TOFセンサー」である可能性があるとの予測もあります。

バッテリー容量は「Xperia XZ3」より大型化するとされており、また「ワイヤレス充電」にも対応すると予測されていますが、気になるのは電池持ち。「Xperia XZ3」では過去最低クラスの電池持ちであることが判明していることからも、ぜひ次期モデルでは改善されていることを期待したいところです。

そして「5G」モデルですが、かなり情報が錯綜しています。そもそも「Xperia XZ4」の派生モデルとして登場するのか、それとも別の機種として登場するのかも判然としません。一部情報において「Xperia」生誕10周年を祝う特別モデルとして登場すると予測されています。

そして「Xperia XZ4」と同時に発表されると予測されているのが「Xperia XZ4 Compact」だとされています。「Xperia XZ4 Compact」に関してもCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されており、判明しているスペックを簡単にまとめると以下のようになります。

Xperia XZ4 Compact スペック
正式名称 Xperia V1?
OS Android9.0
SoC snapdragon855(ダウンクロック)
ディスプレイサイズ 5.0インチ
ディスプレイ FHD(アスペクト比18:9)
RAM/ROM 6GB/64GB
本体サイズ 139.9×66.5×9.3mm
メインカメラ 1900万画素
シングルカメラ 800万画素
生体認証 指紋認証(側面)
バッテリー容量 3000mAh
その他 イヤホンジャック搭載。
価格(ドコモ) 一括(7万9000円)/実質負担金(1万7000円)

「Xperia XZ4」と比較すると、「Xperia XZ4 Compact」はまだ詳細なスペックが判明していません。ただデザインに関しては確定しており、さらに前モデルである「Xperia XZ2 Compact」と大きく異なるのは、何より「ミドルレンジモデル」である可能性が高いと予測されています。そのため側面に搭載される指紋認証は「電源ボタン」と統合されている可能性が高いとされています。

そしてユーザーにとって嬉しいのは「イヤホンジャック」の復活になります。ただ「iPhone SE」が廃止になった今、「ハイエンドコンパクト」モデルは非常に貴重な存在であり、人気があまりないとはいえ、「Xperia XZ2 Compact」でさえ貴重な存在です。この状況の中で、「Xperia XZ4 Compact」が「ミドルレンジモデル」として登場するのであれば非常に残念なことになります。

また価格に関しては、ドコモ版のみがリークしており、「7万9000円」となっていることを確認することができます。正直なところ「ミドルレンジモデル」としては高いですよね。

今回は来年の初頭に発表が予測されている次期「Xperia XZ4」と「Xperia XZ4 Compact」のデザインやスペックを簡単にまとめてみました。リーク情報がどれだけ当たっているのか正式発表まで楽しみです。

via MySmartPrice,Comparebaba(本文/画像)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事